ジェロ

ジェロ

生年月日:1981年9月4日
出身地:ペンシルヴェニア州ピッツバーグ
最終学歴:ピッツバーグ大学情報科学科卒業

日本人である祖母の影響を受け、幼少より演歌を聴き始める。 そして、大好きな祖母を喜ばせる為に自分でも演歌を歌い始めるうちに、自分自身が演歌の虜となる。その後、名門ピッツバーグ大学に進学し、情報科学を専攻。優秀な成績を収め、 コンピュータエンジニアとして周囲から将来を嘱望される。 だが、その一方で演歌の魅力にますますとりつかれ、ついに2003年、 演歌歌手になる為に来日。来日して2ヵ月後にはNHKのど自慢に出場し、いきなり合格。その後、コンピュータエンジニアとして仕事をする一方で、各地のカラオケ大会で数々の優勝・準優勝を獲得。アマチュア演歌歌手として精力的に活動を続けているところを、ビクターエンタテインメントがスカウト。2年に及ぶボーカルトレーニングを経て、 2008年2月シングル「海雪」でビクターエンタテインメントよりデビュー。

オリコン総合シングルチャートでの初登場第4位は、演歌・歌謡曲の新人ソロ歌手として史上初のベスト10入りを果たすとともに過去最高位を記録。その後も数々の記録を塗り替えている。
そして、「ベストヒット歌謡祭」「日本有線大賞」「日本レコード大賞」という音楽賞のすべてにおいて最優秀新人賞を獲得するとともに、念願の「紅白歌合戦」への初出場を果たした。

2011年、カリフォルニア大学バークレー校日本学研究所より「第2回バークレー日本ニュー・ビジョン賞」を授与される。そして初のミュージカル「BLUES IN THE NIGHT」へも出演。2012年にはニューヨークで初のコンサートを実施。またロックミュージカル「tick,tick...BOOM!」で新たな魅力も披露した。

2013年、デビュー5周年記念シングル「セレナーデ」発売。またデビュー5周年記念コンサート~七転八起~を開催。ステージに初めて着物姿で登場した。2014年、シングル「なきむし倶楽部」を発売、同年5月にニューヨーク行われたイベント“JAPAN DAY”へ出演、セントラルパークで初めて演歌を披露した歌手となる。

2015年には3本目となるミュージカル「メンフィス」へも出演。歌手としては勿論、その活動を様々な場所へ広げている。

ジェロのおすすめシングル 135 シングル一覧

ジェロのおすすめアルバム 19 アルバム一覧

  • アルバム/カバーズベスト スペシャル/ジェロ

    2017/9/20リリース

    カバーズベスト スペシャル
    ジェロ
    日本の名曲をカバーしたアルバム『COVERS』シリーズ6枚から人気曲を厳選。スペシャルアレンジの極上カバーを堪能できるアルバム。

    2,469

    32曲収録

  • アルバム/うぬぼれ/ジェロ

    2016/5/25リリース

    うぬぼれ
    ジェロ
    ジェロならではの本格演歌「うぬぼれ」は、恋に破れた女心をいかにも演歌といったサウンドをバックに歌う。「愛をありがとう」ではジャズ・ピアニストのクリヤ・マコトの編曲で都会感覚の響きを纏っている。R&Bタイプの「Every Time」は自身が英語詞を作詞、柔らかく優しいヴォーカルを生かした口説きを展開。 (CDジャーナル)

    926

    6曲収録

  • アルバム/ポロポロ/ジェロ

    2015/5/20リリース

    ポロポロ
    ジェロ
    12枚目のシングル。タイトル曲は、哀愁漂うギターの音色と切ない思いを湛えたヴォーカル、さらにはどうにももの悲しさを匂わせる歌詞の王道演歌。シルキーな歌声に魅了される。カップリングには、配信限定だった全編英語詞の「Break My Heart」を収録している。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/なきむし倶楽部/ジェロ

    2014/4/23リリース

    なきむし倶楽部
    ジェロ
    アメリカ生まれで、“日本人より日本人らしい”演歌歌手の心に沁みる一枚。男の優しさがにじみ出るタイトル曲は、甘く切ないヴォーカルで心の傷を癒してくれるミディアム・テンポの好ナンバー。堀江 淳の楽曲をカヴァーしたカップリングは、愛する人との別れを決意した女心を情感たっぷりに歌いあげている。 (CDジャーナル)

    926

    5曲収録

  • アルバム/セレナーデ/ジェロ

    2013/2/20リリース

    セレナーデ
    ジェロ
    米国黒人演歌歌手のデビュー5周年記念シングル。「セレナーデ」は尾崎豊らのプロデュースで知られる須藤晃が作詞を、玉置浩二が作曲を手がけたナンバー。“許されぬ恋”をしている男女の別れを切々と歌い上げている。カップリングには、阿久悠が生前書き残していた詞に曲を付けた「あ・いた」を収録。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/カバーズ5/ジェロ

    2012/7/4リリース

    カバーズ5
    ジェロ
    演歌・歌謡曲の名曲をカヴァーする人気シリーズの第5弾。『必殺仕掛け人』の「荒野の果てに」や『遠山の金さん』の「すきま風」、『暗闇仕留人』の「旅愁」など、懐かしの昭和時代劇の主題歌を情感たっぷりに歌い上げている。オリジナルを知る人にも、知らない人にもお薦め。 (CDジャーナル)

    1,800

    7曲収録

  • アルバム/情熱/ジェロ

    2012/2/22リリース

    情熱
    ジェロ
    米ピッツバーグ出身の異色演歌歌手として一躍人気者になった、ジェロの3年ぶりとなるオリジナル・セカンド作。平尾昌晃、浜圭介、宇崎竜童らなど錚々たる作曲家が提供した全10曲は、さまざまな愛の形をテーマにしたもので、しっとりと情感豊かに歌い上げるジェロの演歌歌手としての表現力、歌唱力はさすが。 (CDジャーナル)

    2,160

    10曲収録

  • アルバム/夜明けの風/ジェロ

    2012/1/1リリース

    夜明けの風
    ジェロ
    パチンコの超人気シリーズ『ぱちんこ必殺仕事人4』のテーマ・ソング。タイトル曲もいいが、「荒野の果てに」の方が“必殺”シリーズをTVで観ていた世代には馴染みが深いだろう。楽曲は、シリーズを音楽でサポートしてきた平尾昌晃の書き下ろし。カッコ良くてなおかつ哀愁のある“必殺”の世界観を見事に描いている。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/ただ…涙/ジェロ

    2011/6/22リリース

    ただ…涙
    ジェロ
    中村中の作詞作曲による「ただ…涙」は、ピアノと弦だけのシンプルなバックに、メロディの切なさが際立つバラード。愛を拒まれ、ひたすら悲しみに打ちひしがれるしかない心情を歌うジェロの歌唱は、粘り気がなく純粋で心を打つ。カップリングの「火焔樹」は熱いギターが印象的な歌謡曲。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/カバーズ4/ジェロ

    2011/6/22リリース

    カバーズ4
    ジェロ
    ジェロによる演歌・歌謡曲カヴァー集第4弾。前川清のタメの利いた歌唱の味を残しながらも直球勝負という感じの「そして神戸」など全8曲。大橋純子の「たそがれマイ・ラブ」やラテン・アレンジが面白い沢田研二の「勝手にしやがれ」などポップス系の楽曲にも、この人の持ち味がよく出ている。 (CDジャーナル)

    1,851

    8曲収録

  • アルバム/嘘泣き/ジェロ

    2010/6/16リリース

    嘘泣き
    ジェロ
    演歌歌手のジェロが5枚目のシングルで浜圭介作品に初挑戦。数々の名曲を作ってきた浜だけあってフックの作り方がうまい。最後の“そっと”という部分がとっても印象的。カップリングともに“泣き”をテーマにしており、ジェロの魅力がうまく引き出されている。 (CDジャーナル)

    771

    3曲収録

  • アルバム/カバーズ2/ジェロ

    2009/9/23リリース

    カバーズ2
    ジェロ
    史上初の黒人演歌歌手、ジェロのカヴァー・アルバム第2弾。「思秋期」(岩崎宏美)、「愛人」(テレサ・テン)といった昭和のヒット・ナンバーに加え、「折鶴」(千葉紘子)といった渋めの選曲も。艶やかな表現力と正確なピッチが同居したヴォーカルは、すでに名人の域。 (CDジャーナル)

    1,851

    8曲収録

ジェロのおすすめ着信音 90 着信音一覧

ジェロのおすすめ歌詞 85 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ