「風立ちぬ」特集


スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」公開記念特集!映画主題歌「ひこうき雲」配信中♪




映画「風立ちぬ」主題歌

映画情報

「風立ちぬ」
2013年7月20日(土)全国東宝系ロードショー

作品紹介



(C)2013 二馬力・GNDHDDTK

2013年、スタジオジブリ最新作2本が奇跡の同年公開!

1988年、『火垂るの墓』『となりのトトロ』公開から25年。
2013年、50年来の友人でありライバルでもある高畑勲・宮崎駿両監督の最新作が公開される。
二本立て興行であった『火垂るの墓』『となりのトトロ』と異なり、今回の『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』では、スタジオジブリ史上初の長編映画の同年公開、奇跡の実現となった。
2013年のジブリイヤー、先陣を切って7月20日公開される『風立ちぬ』は、5年ぶりの宮崎監督最新作です。

堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて。
生きねば。

この映画は、実在した堀越二郎と同時代に生きた文学者、堀辰雄をごちゃまぜにして、ひとりの主人公“二郎”に仕立てている。後に神話と化したゼロ戦の誕生を縦糸に、青年技師二郎と美しい薄幸の少女菜穂子との出会い別れを横糸に、完全なフィクションとして1930年代の青春を描く、異色の作品である。
(宮崎駿監督による映画「風立ちぬ」企画書から)


【物語】

かつて、日本で戦争があった。

大正から昭和へ、1920年代の日本は、
不景気と貧乏、病気、そして大震災と、
まことに生きるのに辛い時代だった。

そして、日本は戦争へ突入していった。
当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?

イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、
後に神話と化した零戦の誕生、
薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。

この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く――。

関連特集