LITE

LITE

日本のインスト・ロック・バンド。メンバーは武田信幸(g)、楠本構造(g)、井澤惇(b)、山本晃紀(ds)の4名。武田、楠本を中心に2003年に結成。独自のプログレッシヴで鋭角的なリフやリズムからなるエモーショナルかつスリリングな楽曲が話題を呼び、欧州レーベルからも作品を発表。欧米、アジア・ツアーを成功させ、国内外で注目を浴びる。以降、自主レーベル〈I Want The Moon〉を設立し、2010年にミニ・アルバム『Illuminate』を発表。フジロックなどのフェスや国内外ツアーを精力的に開催し、インスト・ロック・シーンの注目株に。2016年に5作目のアルバム『Cubic』をリリース。

LITEのおすすめハイレゾ Hi-Res 2 ハイレゾ一覧

LITEのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/Blizzard/LITE

    2018/10/5リリース

    Blizzard
    LITE

    1,080

    FLAC

    24bit/48kHz

    2曲収録

LITEのおすすめシングル 56 シングル一覧

LITEのおすすめアルバム 8 アルバム一覧

  • アルバム/Blizzard/LITE

    2018/10/5リリース

    Blizzard
    LITE

    400

    2曲収録

  • アルバム/Cubic/LITE

    2016/11/16リリース

    Cubic
    LITE

    1,800

    10曲収録

  • アルバム/Installation/LITE

    2013/6/5リリース

    Installation
    LITE
    2003年に結成された4人組インスト・ロック・バンドによる、前作から約2年ぶりの通算4枚目。人間技とは思えぬ超絶テクで鳴らされるのは、マス・ロック、ポスト・ロックを通過しつつテクノやダブへと接近した唯一無二のサウンド。中でも「Bond」の凄まじく複雑な展開は、何度聴いてもクラクラする。 (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録

  • アルバム/For all the innocence/LITE

    2011/7/6リリース

    For all the innocence
    LITE
    2003年の結成以降、プログレからダンス・ミュージック、ニューウェイヴから音響系まで縦横無尽に消化したサウンドで活躍するインスト・バンド。3作目のフル・アルバムはプロデュースに三浦カオルを迎え、ギターやキーボードのミニマルなリフを活かしたアプローチが原始的かつ知的な刺激を呼ぶ快作。 (CDジャーナル)

    1,500

    11曲収録

  • アルバム/Illuminate/LITE

    2010/7/7リリース

    Illuminate
    LITE
    2003年に結成された4人組ポスト・ロック・バンドの9ヵ月ぶりとなるミニ・アルバムは、ジョン・マッケンタイア(トータス他)をプロデューサー/エンジニアに迎えた意欲作。よりフィジカリティを増したことで、バンドとしての耐久性が強まっているのが印象的。サンプラーやシンセとのバランスも悪くない。 (CDジャーナル)

    1,000

    5曲収録

  • アルバム/Turns Red EP/LITE

    2009/10/7リリース

    Turns Red EP
    LITE
    米ハードコア、エモ界を代表するJ.ロビンスのプロデュースによる、自身のレーベルからの第1弾。日本のポスト、マス・ロック界を牽引する濃密なバンド・グルーヴはもちろん、シンセを導入しながらニューウェイヴやダンス音楽の要素を加味。新展開を期待させる。 (CDジャーナル)

    600

    3曲収録

  • アルバム/filmlets/LITE

    2006/5/10リリース

    filmlets
    LITE
    人呼んで、新世代突然変異インスト・ロック・バンド。ポスト・ロックや音響系からの影響を受けずに、独自の感性で編み出した変拍子・超絶技巧・脳内麻薬・プログレッシヴ・ロックの奔流は、ながら聴きを許さない。これがファースト・フル・アルバム、この先も楽しみだ。 (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録

  • アルバム/LITE/LITE

    2005/7/6リリース

    LITE
    LITE

    1,000

    5曲収録

こちらのアーティストもおすすめ