Pitbull

Pitbull

マイアミ出身のキューバ系ラッパー。04年にインディー大手TVTよりデビュー、レゲトンやキューバ・ミュージックなどをブレンドした雑多なサウンドとスパニッシュも織り交ぜたバイリンガルなラップを持ち味とするマイアミ流儀のパーティ・スタイルで一躍その名が広まることに。インディー時代に4枚のアルバムを発表し、09年にメジャーのポロ・グラウンド・レコーズ/Jレコーズと契約。傘下に自身のレーベル、Mr. 305を設立し、リリースしたシングル“アイ・ノウ・ユー・ウォント・ミー(カジェ・オチョ)”は全米チャート2位まで上昇するビッグ・ヒットとなり、続くシングル“ホテル・ルーム・サービス(キミにチェック☆イン)”も全米トップ10入り、日本でもUSENチャート1位、着うたフルRの1位を獲得するヒットを記録。この2曲を含むアルバム『レベリューション』にはKe$haやB.o.Bらフレッシュな面々が参加し、こちらも全米トップ10入りする大ヒットとなった。
これらメイン・ストリームをも巻き込んだ大ブレイクをキッカケに外部仕事も急増。その勢いはヒップホップ界だけでなくポップ・フィールドにまで浸透、アッシャー“DJ・ガット・アス・フォーリン・イン・ラヴ”やジェニファー・ロペス“オン・ザ・フロアー”等々、トップ・スターたちからシングル曲のフィーチャリング・アクトとして請われ、期待通りの特大ヒットを連発。パーティ・ロッカーとしての揺るぎない人気と地位、“新世代の客演王”という呼称を得ることとなる。そして待望のアルバム『プラネット・ピット』からの1stシングル、Ne-Yoらをフィーチャーした“ギヴ・ミー・エヴリシング”が念願の全米/全英1位獲得!日本でも洋楽主要モバイルサイト全ての着うたR・着うたフルR両チャートで1位、USENチャート1位獲得、ラジオ・チャート4週連続1位と最大のヒット・シングルとなった。その後もさらに人気は上昇、映画『メン・イン・ブラック3』のテーマ曲やマイケル・ジャクソンの『BAD25周年記念盤』用の特別シングルとして「BAD REMIX」を手掛けるなど、自身のニックネームである“Mr.ワールドワイド”を裏付けるスーパースターぶりを発揮。初となるピットブル公認のコンピレーション

Pitbullのおすすめハイレゾ Hi-Res 5 ハイレゾ一覧

Pitbullのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 3 ハイレゾアルバム一覧

Pitbullのおすすめシングル 180 シングル一覧

Pitbullのおすすめアルバム 31 アルバム一覧

Pitbullのおすすめ着信音 61 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ