KREVA

KREVA

1976年6月18日生まれ、東京都出身のラッパー/シンガー・ソングライター/プロデューサー。愛称は“Dr. K”。99年より〈B-BOY PARK〉3連覇を達成した圧倒的なラップ・スキルが特色。大学時代からBY PHAR THE DOPEST、97年よりKICK THE CAN CREWの一員として活動し、2002年には『紅白歌合戦』にも出場。2004年よりソロを始動、コラボレーションや楽曲提供も積極的に行なう。また、9月8日には“クレバの日”として〈908 FESTIVAL〉を主催するなど、趣向を凝らしたライヴを開催。2017年2月に7枚目のアルバム『嘘と煩悩』をリリース。

KREVAのおすすめシングル 126 シングル一覧

KREVAのおすすめアルバム 3 アルバム一覧

  • アルバム/嘘と煩悩/KREVA

    2017/2/1リリース

    嘘と煩悩
    KREVA
    “嘘800+煩悩108=908(KREVA)”と洒落込む「嘘と煩悩」や、増田有華をフィーチャーして自身の現在地を滲ませる「Sanzan」などを収めた7作目は、さらなる上昇志向と覚悟が感じられて頼もしい。「もう逢いたくて」「君に夢中」といったよくあるテーマでも、この人が歌うと説得力がまるで違う (CDジャーナル)

    2,160

    11曲収録

  • アルバム/Under The Moon/KREVA

    2015/2/25リリース

    Under The Moon
    KREVA
    ソロ活動10周年を経て、ラップ・シーンに功績を築いてきた“Dr.K”が次なる目標に掲げたのは47都道府県制覇。真の意味での“日本全国”ツアー直前にリリースされるシングルでは、マンネリの不安を吹き飛ばした泰然自若なKREVAが君臨。経験と自信に裏打ちされた、力みのないフロウで酔える。 (CDジャーナル)

    926

    6曲収録

  • アルバム/KREVA BEST ALBUM「KX」通常盤/KREVA

    2014/6/18リリース

    KREVA BEST ALBUM「KX」通常盤
    KREVA
    ソロ・デビュー10周年を記念した2枚組ベストは、21枚のシングルをリリースとは逆に並べ、聴き進むほどに原点に近づくことでよりフレッシュな聴感を与える仕掛け。エレクトロ色の濃い「全速力(feat.三浦大知)」と美しいラップ・バラード「Revolution」、2曲の新曲で示す“まだこれから感”が頼もしい。 (CDジャーナル)

    2,263

    30曲収録

KREVAのおすすめ着信音 205 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ