アンジェラ・アキ

アンジェラ・アキ

1977年9月15日、徳島県生まれの女性シンガー・ソングライター。愛称は“アンジー”。日本人の父とイタリア系アメリカ人の母の間に誕生し、中学まで徳島県と岡山県で過ごす。15歳でハワイへ。ジョージ・ワシントン大学へ進学すると音楽活動を本格化。2003年帰国。2005年にミニ・アルバム『ONE』で日本デビューし、翌年6月にフル・アルバム『HOME』でメジャーに進出。同年12月には日本武道館史上初となる単独アーティストによるピアノ弾き語りライヴを開催し、NHK『紅白歌合戦』に初出場。ダイナミックな弾き語りと伊達眼鏡で一躍人気に。以降、精力的に活動するが、2014年秋から日本での無期限活動休止を発表。

アンジェラ・アキのおすすめハイレゾ Hi-Res 39 ハイレゾ一覧

アンジェラ・アキのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 3 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/ANSWER/アンジェラ・アキ

    2009/2/25リリース

    ANSWER
    アンジェラ・アキ

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/TODAY/アンジェラ・アキ

    2007/9/19リリース

    TODAY
    アンジェラ・アキ
    彼女は今や、J-POPシーンの中で独自のポジションを確立したといえそう。このセカンド・アルバムも、バラードでもアップ・テンポでも、カラリとしたメロディと混じりっけのない爽やかな歌声が全編で躍動していて、旬のアーティストならではの自信と勢いが漲っている (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/Home/アンジェラ・アキ

    2006/6/14リリース

    Home
    アンジェラ・アキ

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

アンジェラ・アキのおすすめシングル 179 シングル一覧

アンジェラ・アキのおすすめアルバム 22 アルバム一覧

  • アルバム/TAPESTRY OF SONGS -THE BEST OF ANGELA AKI(Deluxe Edition)/アンジェラ・アキ
  • アルバム/TAPESTRY OF SONGS  -THE BEST OF ANGELA AKI/アンジェラ・アキ

    2014/3/5リリース

    TAPESTRY OF SONGS -THE BEST OF ANGELA AKI
    アンジェラ・アキ
    2014年3月5日リリースの、自身初となるベスト・アルバム。プラチナディスクとなり教科書にも掲載された「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」、日本武道館弾き語り公演で初披露した「サクラ色」、デビュー曲「HOME」を含む、全シングルを収録した必携盤。 (CDジャーナル)

    2,100

    15曲収録

  • アルバム/夢の終わり 愛の始まり/アンジェラ・アキ

    2013/7/3リリース

    夢の終わり 愛の始まり
    アンジェラ・アキ
    2013年7月3日リリースのシングル。「夢の終わり 愛の始まり」は、本人が出演するシオノギ製薬「セデス・ハイ」イメージ・ソングとなったポジティヴ・チューン。「サクラ色」を手掛けた亀田誠治とのコラボレーションだ。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/BLUE/アンジェラ・アキ

    2012/7/18リリース

    BLUE
    アンジェラ・アキ
    シングル「告白」(アニメ『宇宙兄弟』エンディング・テーマ)を含む6枚目のアルバム。幸せになれないとわかっていながら、不毛な恋愛を続ける女性を描いた「Foolish Love」、“もう一度やり直したい”という切実な願いを込めた「夜明け前の祈り」など、質の高いラブ・ソングが堪能できる。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/告白/アンジェラ・アキ

    2012/7/11リリース

    告白
    アンジェラ・アキ
    約1年ぶりとなる復帰第1弾シングル。「告白」はアニメ『宇宙兄弟』EDテーマということもあってか、従来の重厚さから解き放たれたような軽やかな浮遊感が印象的なアッパー・ポップ。とはいえ、アンジーが放つ言葉の説得力と生命力は健在で、さらに純度を増した感が。石野卓球のリミックスも良作。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/SONGBOOK/アンジェラ・アキ

    2012/1/11リリース

    SONGBOOK
    アンジェラ・アキ
    新しい英語教養番組、NHK Eテレ『アンジェラ・アキのSONG BOOK in English』で披露するカヴァー曲をコンパイル。ボズ・スキャッグス、ビリー・ジョエル、シンディ・ローパーらの名曲が、アンジーならではの渾身の演奏で味わえる。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/WHITE/アンジェラ・アキ

    2011/9/28リリース

    WHITE
    アンジェラ・アキ
    カヴァーを交えた5枚目のアルバム。以前紅白で「津軽海峡・冬景色」を歌う石川さゆりの合間に、興奮気味な彼女が映ったのを観た。やはりカヴァーするほど好きだったのだ。フェイクも映える、聴けば納得の渾身の出来。表題や白一色のアートワーク含め、まっさらな気持ちで歌と対峙しているのが伝わる。★ (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/始まりのバラード/アンジェラ・アキ

    2011/6/8リリース

    始まりのバラード
    アンジェラ・アキ
    フジテレビ系ドラマ『名前をなくした女神』の主題歌「始まりのバラード」は、彼女ならではのラブ・バラード。カップリング曲「I Have a Dream」も含めて、“あなたの中にあるあした”への希望の詩を歌い上げる。レディオヘッドの日本語詞カヴァー「CREEP」も彼女らしさが前面に出ている。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/LIFE/アンジェラ・アキ

    2010/9/8リリース

    LIFE
    アンジェラ・アキ
    デビュー5周年を飾る4枚目のアルバムは、日本語曲と英語曲がほぼ半分という構成。言葉による歌い方や曲調の違いこそあれ、彼女ならではの優しさや慈しみが宿った、聴きごたえのある粒揃いの楽曲が並んでいる。限定盤はデビュー以降の全シングル11曲のビデオ・クリップを収録したDVD付き。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/輝く人/アンジェラ・アキ

    2010/4/14リリース

    輝く人
    アンジェラ・アキ
    デビュー5周年となる2010年第1弾リリースのシングル。“NHK全国学校音楽コンクール”での中学生との出会いから生まれた、ロングセラーとなった「手紙」の続編ともいえるナンバー。自身初のギター弾き語りを披露している。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/愛の季節/アンジェラ・アキ

    2009/9/16リリース

    愛の季節
    アンジェラ・アキ
    2009年9月まで放送していたNHK連続テレビ小説『つばさ』の主題歌となったラブ・ソング。季節は巡って再び春が来ることを歌ったメッセージ性の高い曲。「エミリー」は思わずステップを踏みたくなるようなポジティブ・ソング。「It's So Hard To Say Goodbye To Yestderday」はアンジェラが以前から敬愛するボーイズIIメンのカヴァー。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/ANSWER/アンジェラ・アキ

    2009/2/25リリース

    ANSWER
    アンジェラ・アキ

    2,100

    13曲収録

アンジェラ・アキのおすすめ着信音 123 着信音一覧

アンジェラ・アキのおすすめ歌詞 91 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ