ハナレグミ

ハナレグミ

永積 崇(Takashi Nagazumi 1974年11月27日、東京生まれ)。その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。

高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。

2002年5月、はっぴいえんどのトリビュート・アルバムに参加。同年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でひっそりとソロ活動をスタートし、1stシングル『家族の風景』、1stアルバム『音タイム』をリリース。ギター片手に単身、全国のライヴ・ハウスを廻った。

2004年、2ndアルバム『日々のあわ』をリリースし、全国ツアーはNHKホールを含む全公演がソールドアウト。

2005年、完全自宅録音による3rdアルバム『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』をリリース。夏にはSUPER BUTTER DOGの代表曲をタイトルにした竹中直人氏監督映画「サヨナラCOLOR」が公開となり、エンディング・テーマとして忌野清志郎氏とのデュエットも披露している他、サントラも担当した。同年9月、初のベスト・アルバムをリリース。東京・小金井公園にて開催したワンマン・フリー・ライヴ『hana-uta fes.』は2万人もの観衆を集めた。

2009年4thアルバム「あいのわ」をリリース。全国ツアーのファイナルとなった日本武道館では約1万人の観客を圧倒するステージを披露した。

2010年3月「TOUR あいのわ「タカシにはその器はないんじゃないかしら…」と母は言ったのであった。@日本武道館」をリリース。

2011年は、FUJI ROCK FESTIVALのGREEN STAGEをはじめ、RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOへは大トリとして出演、ARABAKI ROCK FESTでもトリとして多彩なゲストを迎えセッションを披露するなど各地の観衆を魅了、9月に5thアルバム「オアシス」をリリース。

2013年5月、時代を越えて歌い継がれる12の名曲を収録した初のカバーアルバム『だれそかれそ』をリリース。

2014年1月、茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ/FISHMANS)、加藤隆志(スカパラ/LOSALIOS)、柏原譲(FISHMANS/Polaris/OTOUTA)の3人によるバンドSo many tearsと各地180分を超える熱演を繰り広げたツアーのライブ盤、ハナレグミ・So many tears『どこまでいくの実況録音145分』をリリースした。

2015年8月、自身の楽曲に加え、野田洋次郎(RADWIMPS)、YO-KING(真心ブラザーズ)による楽曲や、池田貴史(レキシ)、大宮エリー、辻村豪文(キセル)、堀込泰行(ex.キリンジ)との共作楽曲を収録した6thアルバム「What are you looking for」をリリース。
また、ソロ活動と平行して幾多のコラボレーション企画にも積極的に参加。ニッカウヰスキー「夢で逢いましょう」やハウスメイト「PEOPLE GET READY」、アサヒビールくつろぎ仕込 4VG「はじめてのチュウ」のCM歌唱や、小泉今日子・bird・原田郁子・太田裕美などへの楽曲提供も行っている。現在、楽曲を歌唱する資生堂「専科」のCMが放送中。

ハナレグミのおすすめハイレゾ Hi-Res 1 ハイレゾ一覧

ハナレグミのおすすめシングル 125 シングル一覧

ハナレグミのおすすめアルバム 11 アルバム一覧

  • アルバム/SHINJITERU/ハナレグミ

    2017/10/25リリース

    SHINJITERU
    ハナレグミ
    映画『海よりもまだ遠く』主題歌「深呼吸」、竹中直人が作詞、坂本龍一が作曲した「君に星が降る」などを含むアルバム。オーガニックなサウンド、素朴かつブルージィな旋律のなかで、日常のなかにある真実を描き出す。穏やかな抑制と呼ぶべき、ニュートラルな温度感のヴォーカルも魅力的 (CDジャーナル)

    2,160

    11曲収録

  • アルバム/帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。/ハナレグミ

    2017/10/25リリース

    帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。
    ハナレグミ
    元SUPER BUTTER DOGの永積タカシによるソロ・プロジェクトのホームレコーディングによる3rdアルバム。ゲストにクラムボンの原田郁子や元ロッキングタイムの今野英明が参加。書き下ろしとカヴァーをバランス良く織りまぜた、充実した内容 (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/日々のあわ/ハナレグミ

    2017/10/25リリース

    日々のあわ
    ハナレグミ
    2004年発表のハナレグミの2ndアルバム。原田郁子やオオヤユウスケら前作からのメンバーに加え、サウンドプロデューサーに鈴木正人、鈴木惣一朗を迎えて制作。シングル「さらら」のほか、小泉今日子への提供曲「きのみ」のセルフ・カヴァーを収録 (CDジャーナル)

    2,160

    10曲収録

  • アルバム/音タイム/ハナレグミ

    2017/10/25リリース

    音タイム
    ハナレグミ
    2002年に発表されたハナレグミの1stアルバム。ポラリスのオオヤユウスケと坂田学、クラムボンの原田郁子とミトというメンバーを迎えて制作された。ライヴの定番ともなっている名曲「家族の風景」「音タイム」を収録 (CDジャーナル)

    2,160

    9曲収録

  • アルバム/Live What are you looking for/ハナレグミ

    2016/9/21リリース

    Live What are you looking for
    ハナレグミ
    ツアー「Tour What are you looking for」より、東京公演二日目の3月6日にNHKホール公演で披露された全21曲を完全収録した、ハナレグミ初のライブアルバムを配信限定リリース!

    2,160

    21曲収録

  • アルバム/深呼吸/ハナレグミ

    2016/5/25リリース

    深呼吸
    ハナレグミ
    前作「光と影」から約7年ぶりのシングル。タイトル曲「深呼吸」は、是枝裕和監督の映画『海よりもまだ深く』の主題歌として書き下ろしたナンバー。カップリングにはテレサ・テンの「別れの予感」のカヴァーなどを収録している。 (CDジャーナル)

    926

    4曲収録

  • アルバム/What are you looking for/ハナレグミ

    2015/8/19リリース

    What are you looking for
    ハナレグミ
    オリジナル・アルバムとしては前作『オアシス』以来4年ぶりとなる6thアルバム。自身の楽曲はもちろんのこと、YO-KINGや野田洋次郎による楽曲や、大宮エリーや堀込泰行らとの共作曲も収録している。 (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/だれそかれそ/ハナレグミ

    2013/5/22リリース

    だれそかれそ
    ハナレグミ
    意外にも初のカヴァー・アルバム。時にスカパラなどのゲスト・ミュージシャンを迎えつつ、上質なアレンジで名曲の数々を見事に再構築している。選曲は彼の好みがナチュラルに表われていて、音楽遍歴を辿るような味わいも。じっくり聴かせる曲が多く、そのヴォーカルに気持ちよく酔える。 (CDジャーナル)

    2,160

    12曲収録

  • アルバム/オアシス/ハナレグミ

    2011/9/7リリース

    オアシス
    ハナレグミ
    “ウイスキーが、お好きでしょ”のCM曲でもお馴染みのSSWによる5作目。念願のプライヴェート・スタジオでのリラックスしながらも濃密な時間が凝縮されたかのような生々しく温かいサウンドで、動と静、光と影、笑いと涙が共存した何とも人間臭い作品に仕上がっている。原田郁子、おおはた雄一らが参加。 (CDジャーナル)

    2,160

    11曲収録

  • アルバム/あいのわ/ハナレグミ

    2009/6/24リリース

    あいのわ
    ハナレグミ
    シンガー・ソングライター、永積崇のソロ・ユニットの4作目。ファンキーなラップ・チューンからエモーショナルソウル・バラードまで、ハナレグミならではのスピリチュアルでピースフルな歌声の魅力が全開だ。スチャダラパーのBOSEらもゲストで参加。 (CDジャーナル)

    2,160

    9曲収録

  • アルバム/光と影/ハナレグミ

     

    光と影
    ハナレグミ

    514

    2曲収録

ハナレグミのおすすめ着信音 42 着信音一覧

ハナレグミのおすすめ歌詞 67 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ