JUJU

JUJU

日本のシンガー・ソングライター。名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にシングル「光の中へ」でメジャー・デビュー。「奇跡を望むなら...」「素直になれたら」などのヒットでブレイク。ジャズ作『DELICIOUS』や『Request』『TIMELESS』といったカヴァー作シリーズ、〈ジュジュ苑〉などの企画ライヴなどヴァラエティに富む作品やライヴでも人気を博す。2018年の『I』までにオリジナル・アルバム7枚を発表。

JUJUのおすすめハイレゾ Hi-Res 140 ハイレゾ一覧

JUJUのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 17 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/I/JUJU

    2018/2/21リリース

    I
    JUJU
    2018年2月21日リリースの通算9枚目のアルバム。NHKドラマ『この声をきみに』主題歌「いいわけ」、映画『祈りの幕が下りる時』主題歌「東京」、小田和正によるプロデュース楽曲「あなたがくれたもの」などを収録している。 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/東京/JUJU

    2018/1/24リリース

    東京
    JUJU
    2018年1月24日リリースの通算36枚目のシングル。蔦谷好位置がアレンジを担当した表題曲は、“新参者シリーズ”完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』主題歌。彼女のエモーショナルな歌声が映える、珠玉のミドル・バラードに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/いいわけ/JUJU

    2017/10/11リリース

    いいわけ
    JUJU
    矢沢あいが描いたコラボCMも話題となったシングル35枚目。元来ウェットなムードを持つ彼女だが、それを活かしながらも情熱的な作風に仕立てたのは小林武史の手腕によるところ。哀愁のネオソウル歌謡とも呼べそうな「RISKY」とデバージのカヴァーも加えた、心の襞に触れるラブ・ソング作だ (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/48kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/Because of You/JUJU

    2017/3/22リリース

    Because of You
    JUJU
    JUJUの34枚目のシングルは、クリス・プラット&ジェニファー・ローレンス主演映画『パッセンジャー』日本語吹替版テーマ・ソングに起用されたアダルトなラブ・ソング。カップリング曲「あの夜のふたり」も大人のムードたっぷりのR&Bとなっている。ウルフルズのカヴァー「笑えれば」も収録 (CDジャーナル)

    1,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    3曲収録

  • ハイレゾアルバム/believe believe / あなた以外誰も愛せない/JUJU

    2016/11/30リリース

    believe believe / あなた以外誰も愛せない
    JUJU
    33枚目は両A面シングル。「believe believe」は「Hot Stuff」同様に玉井健二色が出たアッパー・ダンス曲で、ドラマ主題歌の縁で沢村一樹が明辺悠五名義で参加したデュエット版も追加。「あなた以外誰も愛せない」はJUJU印全開の切なくもハートフルなラブ・バラード (CDジャーナル)

    1,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    3曲収録

  • ハイレゾアルバム/スナックJUJU 〜夜のRequest〜/JUJU

    2016/10/26リリース

    スナックJUJU 〜夜のRequest〜
    JUJU
    邦楽カヴァー・アルバム『Request』シリーズの第3弾は80年代の名曲集。「六本木心中」や鈴木雅之とデュエットした「ロンリー・チャップリン」「恋におちて」「つぐない」「ラヴ・イズ・オーヴァー」など、カラオケで根強い人気を誇る15曲を収録。昭和のスナックにいる感覚に浸れます (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    15曲収録

  • ハイレゾアルバム/六本木心中 / ラヴ・イズ・オーヴァー/JUJU

    2016/9/21リリース

    六本木心中 / ラヴ・イズ・オーヴァー
    JUJU
    企画ライヴ“ジュジュ苑”やカヴァー作『Request』など彼女のもう一つの側面となるJ-POP・歌謡曲カヴァー作品が32枚目のシングルとしても登場。元来愁いのあるムードが持ち味だけに、場末感漂う昭和風情の歌謡曲との相性は抜群。アン・ルイス曲は亀田誠治、欧陽菲菲曲は松浦晃久が制作 (CDジャーナル)

    800

    FLAC

    24bit/96kHz

    2曲収録

  • ハイレゾアルバム/TIMELESS/JUJU

    2016/3/9リリース

    TIMELESS
    JUJU
    時代を越えて歌い続けられる洋楽の名曲群を、JUJUがカヴァーした2016年3月9日リリースの一枚。JUJUのこれまでの軌跡と豊かな表現力を感じさせる内容となっている (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/WHAT YOU WANT/JUJU

    2015/12/9リリース

    WHAT YOU WANT
    JUJU
    2015年にデビュー11年目を迎えた女性シンガーの6作目は数々のタイアップ満載の全13曲。ストリングスが彩りを添えるエモーショナルなナンバーやスウィンギーなスタイル、ライト&メロウなシティ・ポップス調など多彩なサウンドに乗せた艶やかなヴォーカルは貫禄十分だ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/What You Want/JUJU

    2015/12/9リリース

    What You Want
    JUJU
    表題曲はキックのアクセントが利いたビートに、R&B+ラテン風なメロディが進行していくナイスチューン。ディーヴァ系の力んだ歌い込み(?)はナシ、あくまで楽曲総体でスムーズにキメるJUJUの歌唱は「夢見るシャンソン人形」「飾りじゃないのよ涙は」といったカヴァー曲でも存分に堪能できる (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/WITH YOU/JUJU

    2015/9/23リリース

    WITH YOU
    JUJU
    節目のシングル30枚目は「やさしさで溢れるように」「また明日…」などを手掛けた亀田誠治がプロデュース。金原千恵子ストリングスを迎え、ドラマティックでホープフルな新しいJUJUマナーを構築。恒例のカヴァーは、ジャズ仕様でのテレサ・テン「つぐない」。艶っぽいいつものJUJU節で魅せる (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/PLAYBACK/JUJU

    2015/7/8リリース

    PLAYBACK
    JUJU
    2015年第2弾シングルは、JUJUのポップ面を打ち出したホットなダンス・チューン。そこはかとなく80年代も匂う調子のいい楽曲で、JUJU自身も作詞にクレジットされている。じっくり聴かせるバラード「Eternally」に続く、懐かしい「君の瞳に恋してる」の英語カヴァーは初回のみの美味しいオマケ (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

JUJUのおすすめシングル 442 シングル一覧

JUJUのおすすめアルバム 57 アルバム一覧

  • アルバム/JUJU BIG BAND JAZZ LIVE ”So Delicious, So Good”/JUJU

    2018/4/18リリース

    JUJU BIG BAND JAZZ LIVE ”So Delicious, So Good”
    JUJU
    2018年4月18日リリースのライヴ・アルバム。2017年10月に東京国際フォーラムにて開催された〈JUJU BIG BAND JAZZ LIVE “So Delicious, So Good”〉を音源化。彼女のルーツを体験できる一枚だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/I/JUJU

    2018/2/21リリース

    I
    JUJU
    2018年2月21日リリースの通算9枚目のアルバム。NHKドラマ『この声をきみに』主題歌「いいわけ」、映画『祈りの幕が下りる時』主題歌「東京」、小田和正によるプロデュース楽曲「あなたがくれたもの」などを収録している。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/東京/JUJU

    2018/1/24リリース

    東京
    JUJU
    2018年1月24日リリースの通算36枚目のシングル。蔦谷好位置がアレンジを担当した表題曲は、“新参者シリーズ”完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』主題歌。彼女のエモーショナルな歌声が映える、珠玉のミドル・バラードに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/いいわけ/JUJU

    2017/10/11リリース

    いいわけ
    JUJU
    矢沢あいが描いたコラボCMも話題となったシングル35枚目。元来ウェットなムードを持つ彼女だが、それを活かしながらも情熱的な作風に仕立てたのは小林武史の手腕によるところ。哀愁のネオソウル歌謡とも呼べそうな「RISKY」とデバージのカヴァーも加えた、心の襞に触れるラブ・ソング作だ (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/Because of You/JUJU

    2017/3/22リリース

    Because of You
    JUJU
    JUJUの34枚目のシングルは、クリス・プラット&ジェニファー・ローレンス主演映画『パッセンジャー』日本語吹替版テーマ・ソングに起用されたアダルトなラブ・ソング。カップリング曲「あの夜のふたり」も大人のムードたっぷりのR&Bとなっている。ウルフルズのカヴァー「笑えれば」も収録 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/believe believe / あなた以外誰も愛せない/JUJU

    2016/11/30リリース

    believe believe / あなた以外誰も愛せない
    JUJU

    750

    3曲収録

  • アルバム/スナックJUJU 〜夜のRequest〜/JUJU

    2016/10/26リリース

    スナックJUJU 〜夜のRequest〜
    JUJU
    邦楽カバーアルバム「Request」シリーズの第3弾!“スナックアルバム”をコンセプトに1980年代の名曲をJUJUが歌う。

    2,100

    15曲収録

  • アルバム/六本木心中 / ラヴ・イズ・オーヴァー/JUJU

    2016/9/21リリース

    六本木心中 / ラヴ・イズ・オーヴァー
    JUJU
    自身がこよなく愛する歌謡曲をカヴァーした、2016年9月21日リリースの32枚目のシングル。アン・ルイス「六本木心中」のカヴァーには亀田誠治を、欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」のカヴァーには松浦晃久をプロデューサーに迎え制作された。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/TIMELESS/JUJU

    2016/3/9リリース

    TIMELESS
    JUJU
    Coldplay、アギレラ、ホイットニーらの名曲を収録、 JUJU初の洋楽カヴァーベスト

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/WHAT YOU WANT/JUJU

    2015/12/9リリース

    WHAT YOU WANT
    JUJU
    2015年にデビュー11年目を迎えた女性シンガーの6作目は数々のタイアップ満載の全13曲。ストリングスが彩りを添えるエモーショナルなナンバーやスウィンギーなスタイル、ライト&メロウなシティ・ポップス調など多彩なサウンドに乗せた艶やかなヴォーカルは貫禄十分だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/What You Want/JUJU

    2015/11/18リリース

    What You Want
    JUJU

    800

    4曲収録

  • アルバム/WITH YOU/JUJU

    2015/9/23リリース

    WITH YOU
    JUJU
    節目のシングル30枚目は「やさしさで溢れるように」「また明日…」などを手掛けた亀田誠治がプロデュース。金原千恵子ストリングスを迎え、ドラマティックでホープフルな新しいJUJUマナーを構築。恒例のカヴァーは、ジャズ仕様でのテレサ・テン「つぐない」。艶っぽいいつものJUJU節で魅せる。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

JUJUのおすすめ着信音 309 着信音一覧

JUJUのおすすめ歌詞 209 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ