JUJUの人気・ヒットアルバム一覧

JUJUの人気・ヒットアルバムをお届け!JUJUの定番アルバムから最新アルバムまで、今聴くべきアルバムがきっと見つかる!

  • アルバム/メトロ/JUJU

    2018/10/31リリース

    メトロ
    JUJU

    750

    3曲収録

  • アルバム/JUJU BIG BAND JAZZ LIVE ”So Delicious, So Good”/JUJU

    2018/4/18リリース

    JUJU BIG BAND JAZZ LIVE ”So Delicious, So Good”
    JUJU
    2018年4月18日リリースのライヴ・アルバム。2017年10月に東京国際フォーラムにて開催された〈JUJU BIG BAND JAZZ LIVE “So Delicious, So Good”〉を音源化。彼女のルーツを体験できる一枚だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/I/JUJU

    2018/2/21リリース

    I
    JUJU
    2018年2月21日リリースの通算9枚目のアルバム。NHKドラマ『この声をきみに』主題歌「いいわけ」、映画『祈りの幕が下りる時』主題歌「東京」、小田和正によるプロデュース楽曲「あなたがくれたもの」などを収録している。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/東京/JUJU

    2018/1/24リリース

    東京
    JUJU
    2018年1月24日リリースの通算36枚目のシングル。蔦谷好位置がアレンジを担当した表題曲は、“新参者シリーズ”完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』主題歌。彼女のエモーショナルな歌声が映える、珠玉のミドル・バラードに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/いいわけ/JUJU

    2017/10/11リリース

    いいわけ
    JUJU
    矢沢あいが描いたコラボCMも話題となったシングル35枚目。元来ウェットなムードを持つ彼女だが、それを活かしながらも情熱的な作風に仕立てたのは小林武史の手腕によるところ。哀愁のネオソウル歌謡とも呼べそうな「RISKY」とデバージのカヴァーも加えた、心の襞に触れるラブ・ソング作だ (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/Because of You/JUJU

    2017/3/22リリース

    Because of You
    JUJU
    JUJUの34枚目のシングルは、クリス・プラット&ジェニファー・ローレンス主演映画『パッセンジャー』日本語吹替版テーマ・ソングに起用されたアダルトなラブ・ソング。カップリング曲「あの夜のふたり」も大人のムードたっぷりのR&Bとなっている。ウルフルズのカヴァー「笑えれば」も収録 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/believe believe / あなた以外誰も愛せない/JUJU

    2016/11/30リリース

    believe believe / あなた以外誰も愛せない
    JUJU

    750

    3曲収録

  • アルバム/スナックJUJU 〜夜のRequest〜/JUJU

    2016/10/26リリース

    スナックJUJU 〜夜のRequest〜
    JUJU
    邦楽カバーアルバム「Request」シリーズの第3弾!“スナックアルバム”をコンセプトに1980年代の名曲をJUJUが歌う。

    2,100

    15曲収録

  • アルバム/六本木心中 / ラヴ・イズ・オーヴァー/JUJU

    2016/9/21リリース

    六本木心中 / ラヴ・イズ・オーヴァー
    JUJU
    自身がこよなく愛する歌謡曲をカヴァーした、2016年9月21日リリースの32枚目のシングル。アン・ルイス「六本木心中」のカヴァーには亀田誠治を、欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」のカヴァーには松浦晃久をプロデューサーに迎え制作された。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/TIMELESS/JUJU

    2016/3/9リリース

    TIMELESS
    JUJU
    Coldplay、アギレラ、ホイットニーらの名曲を収録、 JUJU初の洋楽カヴァーベスト

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/WHAT YOU WANT/JUJU

    2015/12/9リリース

    WHAT YOU WANT
    JUJU
    2015年にデビュー11年目を迎えた女性シンガーの6作目は数々のタイアップ満載の全13曲。ストリングスが彩りを添えるエモーショナルなナンバーやスウィンギーなスタイル、ライト&メロウなシティ・ポップス調など多彩なサウンドに乗せた艶やかなヴォーカルは貫禄十分だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/What You Want/JUJU

    2015/11/18リリース

    What You Want
    JUJU

    800

    4曲収録

  • アルバム/WITH YOU/JUJU

    2015/9/23リリース

    WITH YOU
    JUJU
    節目のシングル30枚目は「やさしさで溢れるように」「また明日…」などを手掛けた亀田誠治がプロデュース。金原千恵子ストリングスを迎え、ドラマティックでホープフルな新しいJUJUマナーを構築。恒例のカヴァーは、ジャズ仕様でのテレサ・テン「つぐない」。艶っぽいいつものJUJU節で魅せる。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/PLAYBACK/JUJU

    2015/7/8リリース

    PLAYBACK
    JUJU
    2015年第2弾シングルは、JUJUのポップ面を打ち出したホットなダンス・チューン。そこはかとなく80年代も匂う調子のいい楽曲で、JUJU自身も作詞にクレジットされている。じっくり聴かせるバラード「Eternally」に続く、懐かしい「君の瞳に恋してる」の英語カヴァーは初回のみの美味しいオマケ。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/Hold me, Hold you / 始まりはいつも突然に/JUJU

    2015/1/28リリース

    Hold me, Hold you / 始まりはいつも突然に
    JUJU
    タイアップの王道を行くキャッチーな2曲に、MONGOL 800の名曲をスローの16ビートでプラス。どの曲にも共通するのはナチュラルなスウィング感だが、オリジナルとカヴァーで歌い口が変わるのは興味深い。「小さな恋のうた」での温かい声色は、彼女が本質的にスタンダード歌手であることをあらためて伝えてくる。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/Request II/JUJU

    2014/12/3リリース

    Request II
    JUJU
    デビュー10周年の記念碑として4年ぶりのカヴァー・アルバム第2弾をリリース。ユーミンの「ANNIVERSARY」ほか女性シンガーの名曲を12曲収録。曲ごとに当代一流の敏腕プロデューサーを別々に起用する贅沢なプロダクトは聴きごたえ十分。JUJUのヴォーカルを十二分に引き出した秀作。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/ラストシーン/JUJU

    2014/9/17リリース

    ラストシーン
    JUJU
    JUJUの27枚目となるシングルは、広末涼子が主演を務めるNHK“ドラマ10”『聖女』主題歌。クランクとクラシカルなアレンジを効果的に取り入れた、ダイナミックかつドラマティックなバラードに仕上がっている。カップリング曲「Brand New Days Will Love You」はシンフォニックな導入から直球ディスコに突入。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/DOOR/JUJU

    2014/3/5リリース

    DOOR
    JUJU

    2,100

    15曲収録

  • アルバム/Door / Hot Stuff/JUJU

    2014/2/19リリース

    Door / Hot Stuff
    JUJU
    デビュー10周年を迎えたJUJUの新境地。両曲ともウェットな作風が多かった彼女の印象を一掃するようなロック・テイストを注入。ドラマ主題歌「Door」の前向きさ、CMソング「Hot Stuff」の過去最高の吹っ切れ感など、JUJU=悲哀なバラードだけじゃないところを見せつけている。 (CDジャーナル)

    1,250

    5曲収録

  • アルバム/GIFT/JUJU

    2013/12/11リリース

    GIFT
    JUJU
    日本を代表する歌姫となったJUJU。彼女のヒット曲を流麗なオーケストレーションを施した特別ヴァージョンで。2013年10月10日、Bunkamuraオーチャードホールにて日本フィルハーモニー交響楽団を招き行なわれたライヴ・アルバム。ティンパニのリズムに導かれる「光の中へ」〜「My Life」の流れが絶品。 (CDジャーナル)

    1,900

    14曲収録

  • アルバム/守ってあげたい/JUJU

    2013/11/20リリース

    守ってあげたい
    JUJU
    「守ってあげたい」は映画『すべては君に逢えたから』の劇中歌で、ゆずの北川悠仁が楽曲を提供している。当初はゆずの新曲として制作が進められていたが、“女性目線”で歌ってほしいという北川のアイディアにより、以前から交流のあったJUJUとのコラボが実現。母性にも通じる女性の愛のバラード。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/Distance/JUJU

    2013/9/18リリース

    Distance
    JUJU
    物憂げに始まり、少しずつ温かみを増していく絶品バラード曲は、MBS・TBS系でTV版として放送された『宇宙戦艦ヤマト2199』の最終EDにも採用。4つ打ちフロア向けトラックが鼓動を模したかのように聴こえてくる「Heart Beat」、JOEの名曲カヴァーと、ひたすらに切なくなれる秋冬向けナンバー揃いだ。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/DELICIOUS 〜JUJU's JAZZ 2nd Dish〜/JUJU

    2013/6/26リリース

    DELICIOUS 〜JUJU's JAZZ 2nd Dish〜
    JUJU
    実力派女性シンガーのジャズ・アルバム。デューク・エリントンやコール・ポーターらの名曲を、スウィンギーかつラテン色の濃いアレンジで聴かせる。菊地成孔、日野皓正、山木秀夫といった名手の演奏と、優美で艶っぽいヴォーカルが拮抗し、官能的なスリルを生んでいる。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/Dreamer/JUJU

    2013/2/27リリース

    Dreamer
    JUJU
    切ない思い出を胸に生きていく覚悟を歌った、出会いと別れの季節にぴったりのピアノ・ポップス。JUJUらしいほろ苦さを保ちながらポジティブな世界観を描いている。「Beautiful」はクリスティーナ・アギレラの名バラードを、スライド・ギターを利かせたレイドバック・サウンドで料理。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/BEST STORY 〜Love stories〜/JUJU

    2012/11/7リリース

    BEST STORY 〜Love stories〜
    JUJU
    実力と人気を兼ね備えた女性シンガーのベスト盤。「素直になれたら」「やさしさで溢れるように」などのヒット曲を収録。安定した節回しでシックでアダルトなムードを醸すヴォーカルの存在感を再確認させられる。ストリングスやホーンを活かした洒脱でジャジィなアレンジも文句なし。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/BEST STORY 〜Life stories〜/JUJU

    2012/11/7リリース

    BEST STORY 〜Life stories〜
    JUJU
    R&B系女性シンガーのベスト・アルバム2枚同時発売のうちの1枚で、“人生”をテーマにした14曲を収録。ハスキー・ヴォイスで高らかに歌い上げる、スケール感のあるバラードが多く、その高い歌唱力を再確認できる。テッド・ジャンセンによるリマスタリングも秀逸な出来。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/ありがとう/JUJU

    2012/10/10リリース

    ありがとう
    JUJU
    22枚目となるシングル。「ありがとう」は松坂桃李初主演映画『ツナグ』主題歌。7年間あたため続けたというバラードで、かけがえのない人に出会えたことへの感謝の気持ちを歌う。カップリングの「くちづけ」は、松井五郎作詞、Jin Nakamura作曲による狂おしい大人のラブ・ソング。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/MTV UNPLUGGED JUJU/JUJU

    2012/8/1リリース

    MTV UNPLUGGED JUJU
    JUJU
    アルバム『YOU』がオリコン1位を記録した女性シンガーが、MTVアンプラグドに出演した際の模様を収めたライヴ盤。ソウルフルでしなやかな歌唱はここでも健在で、穏やかな曲が中心ながら表現力の豊かさが際立つ。英詞によるバラードから松任谷由実のカヴァーまで自在に歌いこなす。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/ただいま/JUJU

    2012/6/13リリース

    ただいま
    JUJU
    JUJUの通算21枚目のシングルは、ゆったりと爽やかな風にのるような気持ちのいいハートフル・ポップ・チューン。ジャズもR&Bも達者なシンガーだが、表情を変えて直球のJ-POPでも勝負できるところが彼女のスゴイところ。プロデュースは亀田誠治。隙のないアレンジ・ワークが光る。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/sign/JUJU

    2012/1/25リリース

    sign
    JUJU
    彼女のせつなくて心が洗われるような歌声は、深い悲しみを乗り越え前に向かって歩き出そうとさせる。普段は見えないがいつも自分を見つめる愛を歌う「sign」。自分らしく未来を信じて生きていこうという「Be Myself」。忘れられない恋の思い出を想う「追憶」の3曲を収録した20枚目のシングル。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

mysound プレーヤーアプリで聴こう音楽との出会いを広げよう

mysoundプレーヤーアプリで音楽を再生する際の機能をご紹介します。

mysoundプレーヤーの機能

  • あなたにピッタリの アーティストをレコメンド 今聴いている曲から アプリがあなた好みの音楽を紹介。
  • カラオケ感覚で 自動スクロールする歌詞 歌詞の気になる部分をタップして、 そこから再生することもできます。
  • アーティストの ディスコグラフィーを紹介 スマホに入っている曲をもとに、アーティストのディスコグラフィーを表示 その場で購入もできます。

更に…アプリにログインすると楽しさが広がる!

プレーヤー利用者の再生トレンド機能

mysoundだけで楽しめるオリジナルチャート

アプリにログイン後、 Myページからトレンドを選択。プレーヤーを利用する全てのユーザーが 再生している楽曲のトレンドを表示。

アプリにログインして
スマホで持ち歩く音楽をもっと楽しもう!

無料アプリをお持ちでない方はこちら