さユり

さユり

日本の女性シンガー・ソングライター。“さユり“”さゆり”“サユリ”と3人に分裂し、それぞれ2、3次元とパラレルかつ神出鬼没な活動を展開する“2.5次元パラレルシンガーソングライター”として、また、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く“酸欠世代”の象徴=「酸欠少女」として登場。2015年8月、19歳の時にシングル「ミカヅキ」でメジャー・デビュー。荒削りな美しさと激しくリンクした作品の世界観で絶大な支持を獲得。シングル5枚を経て、2017年5月に1stアルバム『ミカヅキの航海』をリリース。

さユりのおすすめシングル 40 シングル一覧

さユりのおすすめアルバム 7 アルバム一覧

  • アルバム/月と花束/さユり

    2018/2/28リリース

    月と花束
    さユり
    2015年にデビューをした“酸欠少女”さユりの第2幕の始まりを告げるシングル。TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』のEDテーマとして書き下ろした、アニメの世界観とさユりらしい孤独に寄り添う心情がシンクロした一曲。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/ミカヅキの航海/さユり

    2017/5/17リリース

    ミカヅキの航海
    さユり
    “酸欠少女”を掲げるシンガー・ソングライターのファースト・アルバム。シリアスな楽曲を焦燥感たっぷりなヒステリック・ヴォイスで歌い、パンキッシュでシンフォニックなサウンドとともに、聴き手に鋭い刃物を突きつけてくるような作品。大森靖子の次の世代の人、という印象が強い

    (by CDジャーナル)

    ※CD情報から作成したコメントを掲載しているため一部内容が当てはまらない事がありま (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/平行線/さユり

    2017/3/1リリース

    平行線
    さユり
    “2.5次元パラレルシンガーソングライター”による2017年第1弾シングル。表題曲は、フジテレビ系「ノイタミナ」枠で放送のTVアニメ『クズの本懐』のエンディング・テーマ。言葉を畳み掛けるようなヴォーカルとエモーショナルなサウンドが融合した、疾走感あふれる楽曲だ (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/フラレガイガール-special edition/さユり

    2016/12/7リリース

    フラレガイガール-special edition
    さユり

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/るーららるーらーるららるーらー/さユり

    2016/6/24リリース

    るーららるーらーるららるーらー
    さユり
    2.5次元パラレルシンガーソングライター酸欠少女さユりの「始まりの歌」と弾き語り3曲を収録した配信限定E.P!

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/それは小さな光のような-special edition/さユり

     

    それは小さな光のような-special edition
    さユり
    “「少女」による「君」と「世界」の救済”というセカイ系の王道テーマを、焦燥感を煽るかのようなストリングスというこれまた直球なアニソン・アレンジで味付け。好き者にはたまらない表題曲に加え、タイトルフレーズが示す絶望と希望との混在に心を鷲掴みにされる「来世で会おう」の2曲入り。 (CDジャーナル)

    1,750

    7曲収録

  • アルバム/ミカヅキ-special edition/さユり

     

    ミカヅキ-special edition
    さユり
    生きることの息苦しさを描くことから“酸欠少女”とも称される19歳のシンガー・ソングライターのデビュー作。ストリートとネットを行き来し、思春期特有の無邪気さと不安、自信と挫折に揺れ動く感情を吐き出すように歌う。“痛すぎる”の一歩手前の絶妙なほろ苦さに、共感を呼ぶ魅力が詰まっている。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

さユりのおすすめ着信音 18 着信音一覧

さユりのおすすめ歌詞 4 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ