Bentham

Bentham

2010年結成のロック・バンド。メンバーは小関竜矢(vo,g)、須田原生(g,cho)、辻怜次(b)、鈴木敬(ds,cho)の4名。バンド名は功利主義の創始者として著名な英の哲学者、ジェレミ・ベンサムの名に由来。自主制作のデモ音源や自主企画イヴェントなどの活動を展開。2014年春にはKEYTALKのツアーゲストとして抜擢されるなど、注目を浴びる。同年10月に「Public EP」でデビュー。突き抜けるようなハイトーンとキャッチーでエモーショナルなメロディを武器としたダンス・ロックが特色。2015年5月、2nd EP「NEW LIFE」をリリース。

Benthamのおすすめハイレゾ Hi-Res 5 ハイレゾ一覧

Benthamのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/激しい雨/ファンファーレ/Bentham

    2017/4/12リリース

    激しい雨/ファンファーレ
    Bentham
    4人組ロック・バンド、Benthamのメジャー・デビュー作となる両A面シングル。タイトル曲2曲のほか、ライヴで人気のロック・バラード「夜明けの歌」など、全4曲を収録 (CDジャーナル)

    1,188

    FLAC

    24bit/48kHz

    4曲収録

Benthamのおすすめシングル 54 シングル一覧

Benthamのおすすめアルバム 9 アルバム一覧

  • アルバム/Bulbous Bow/Bentham

    2018/4/4リリース

    Bulbous Bow
    Bentham
    メジャー・デビュー1周年を迎える中でのミニ・アルバムで、CBCドラマ『こんなところに運命の人』主題歌「FATEMOTION」など全5曲。Bentham節とも言えるハイブリッドなキャッチーさやエモーショナルな側面が、瑞々しいダイナミズムを伴って躍動。全編にわたってバンドの勢いと、この1年の手応えが息づく。 (CDジャーナル)

    1,080

    5曲収録

  • アルバム/FATEMOTION/Bentham

    2018/2/27リリース

    FATEMOTION
    Bentham

    463

    2曲収録

  • アルバム/Re: Wonder/Bentham

    2017/7/26リリース

    Re: Wonder
    Bentham
    シリアスなサウンドにリアルな心境と妄想を乗せたリード曲「Chicago」。テンポ良く続く「透明シミュレーション」は、スピード感あるリズムとベースの響きがたまらない一曲。「White(Album Ver.)」は、TVアニメ『潔癖男子!青山くん』の主題歌だ (CDジャーナル)

    1,851

    13曲収録

  • アルバム/White/Bentham

    2017/7/12リリース

    White
    Bentham
    2017年春にメジャー・デビューした4人組バンドのセカンド・シングルは、テレビ・アニメ『潔癖男子!青山くん』のオープニング・テーマ。スピード感にあふれ、エモーショナル。中性的な声色の優しげなヴォーカルで包まれているものの、タフでアグレッシブなロックンロール・ナンバーだ (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/激しい雨/ファンファーレ/Bentham

    2017/4/12リリース

    激しい雨/ファンファーレ
    Bentham
    4人組ロック・バンド、Benthamのメジャー・デビュー作となる両A面シングル。タイトル曲2曲のほか、ライヴで人気のロック・バラード「夜明けの歌」など、全4曲を収録 (CDジャーナル)

    926

    4曲収録

  • アルバム/ExP/Bentham

    2016/7/6リリース

    ExP
    Bentham
    キャッチー&エモーショナルに、そしてダンサブルにと、ハイブリッドなロック・バンドとしての自由度がフラットに高まったシングル4作目。KEYTALKを手がけたTGMX(FRONTIER BACKYARD)をプロデューサーに、持ち前のダイナミズムが立体感を増し、センシティブなポップ感もまた印象的に響く。 (CDジャーナル)

    1,389

    7曲収録

  • アルバム/OMG/Bentham

    2015/11/11リリース

    OMG
    Bentham
    ライヴハウス・シーンで活躍するBenthamの3作目となるEP。シングルとはいいながら8曲も収録。ライヴで鍛え上げたダンサブルなアプローチを、間口の広いキャッチーなメロディと融合。演奏の切れ味もこれまで以上に鋭く、各パートの主張ぶりもさらに増した。バンド感の高い一枚。 (CDジャーナル)

    1,543

    8曲収録

  • アルバム/NEW LIFE/Bentham

    2015/5/13リリース

    NEW LIFE
    Bentham
    2010年に結成され、東京を拠点にライヴ活動を続けてきたギター・ポップ・パンドのセカンドEP。清冽でキャッチーな小関竜也のヴォーカル・メロディのシャープな切れ味と、軽快な演奏が生み出すエモーショナルなバンド・サウンドの小気味好いダイナミズムが、このバンドの個性であり一番の魅力だろう。 (CDジャーナル)

    1,080

    5曲収録

  • アルバム/Public EP/Bentham

    2014/10/8リリース

    Public EP
    Bentham
    複数の大手CDショップからレコメンド・アーティストに選出されるなど、期待値の高い4人組ハイブリット・ロック・バンドのデビュー作。大流行中の4つ打ちビートを採用した「パブリック」は、キャッチーなメロディをより一層際立たせるハイ・トーン・ヴォイスが癖になる、中毒性の高いキラー・チューン。 (CDジャーナル)

    1,080

    5曲収録

Benthamのおすすめ着信音 25 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ