安全地帯

安全地帯

安全地帯のおすすめシングル 333 シングル一覧

  • シングル/恋の予感/安全地帯
  • シングル/結界/安全地帯
    結界
    安全地帯
    9月に発売された12枚目のオリジナルアルバム『安全地帯Ⅻ』の先行シングル。感じている事、言いたい事があふれ出て、今歌いたい事、歌うべき事を躊躇なく歌い、それを紡いだようなアルバム。この曲もポップなサウンドに乗せた、熱い思いが込められたメッセージソング。後半のゴスペル調のコーラスが、さらに熱さを演出する。カップリングは玉置のソロ最大のヒット「田園」を安全地帯のサウンドでリメイク。2010年に長い活動休止期間から再び立ち上がった、彼らの熱い音と歌、想いとが、さらに熱を帯びて襲い掛かってくるような感覚を、シングルとアルバムを通して感じる事ができる。

    257

  • シングル/オレンジ/安全地帯
    オレンジ
    安全地帯
    アルバムからの先行シングル。50代のバンドだからこそできる、力強く、一本芯が通った中に新鮮さを忘れないロック&ポップスが展開されているアルバムの中で、この曲のスケール感と重厚さも、2010年の安全地帯だからこそ出せる唯一無二なもの。サビのメロディラインはまさに泣きの、“安全地帯の玉置節”が炸裂。間奏の矢作の情熱的なギターソロと、玉置のシャウトが感情を揺さぶるが、全体的に玉置の柔らかで伸びやかな歌声は最後まで優しく、全てを包み込んでくれるよう。

    257

  • シングル/蒼いバラ/安全地帯
    蒼いバラ
    安全地帯
    5月に発売された約7年ぶり、11枚目のオリジナルアルバム『安全地帯XI ☆Starts☆「またね…。」』の先行シングル。カップリングは「ワインレッドの心」(2010バージョン)。甘く危険な官能的な香りがする、初期の彼らを感じさせてくれる情熱的な一曲。しかし決して懐古主義的になる事はなく、多彩なアルバムになっている。安全地帯としては玉置浩二の単独作詞は初めてで、ソロと並行して行っていた安全地帯との活動が、音楽性の緩やかな変化を続けながら地続きだったように感じるが、ここでは懐かしくも新しさが薫る作品を提示してくれている。改めてソングライターとして、シンガーとしての天才ぶりを見せつけてくれたのが、この曲、このアルバムではないだろうか。

    257

  • シングル/ひとりぼっちのエール/安全地帯
    ひとりぼっちのエール
    安全地帯
    作詞は玉置とタッグを組んでいるプロデューサー・須藤晃氏。静かに穏やかに始まるミディアムナンバー。玉置も囁くように歌い、徐々に熱を帯び、フェイクを交えながら太い歌になっていく。最後のコーラスに被せるように入ってくる玉置のアドリブスキャットは、エモーショナルかつ胸に響く。みんなで肩を組んで合唱したくなるような力強さを持った、勇気づけられる一曲。この年の8月にベストアルバム『安全地帯BEST2-ひとりぼっちのエール-』が発売され、「萠黄色のスナップ」「あの頃へ」「ひとりぼっちのエール」の3曲がアルバム初収録。

    257

  • シングル/あの頃へ/安全地帯
    あの頃へ
    安全地帯
    この年の6月に行った『安全地帯 10th ANNIVERSARY CONCERT TOUR ACOUSTIC SPECIAL NIGHT』を最後に、実質的に活動休止状態に。玉置がソロアルバムの制作に入る。約一年ぶりとなるこの作品は、「月桂冠『花鳥風月』」のCMソング。俳優・真田広之が雨上がりの、紅葉が美しい街を歩くシンプルな画のCMだが、それをより美しく、印象的なものに仕上げているのがこの曲だ。和テイストのイントロからゆったりとリズムが刻まれ、ストリングスがメロディに寄り添い、哀愁漂う玉置の声が、言葉ひとつにひとつに想いを込めて歌う、かくも美しいバラード。

    257

  • シングル/いつも君のそばに/安全地帯
    いつも君のそばに
    安全地帯
    約一年ぶりで、12月に発売された8枚目のオリジナルアルバム『安全地帯Ⅷ~太陽』の先行シングル。爽やかで、キラキラとした幸せを感じさせてくれるミディアムなラブソング。優しい言葉とタイトなリズムが生み出す独特の雰囲気を、ソロ活動を経てさらに豊かに、情熱的になった玉置のボーカルが、時には寄り添うように、時には強さを与えている。アルバム全体が80年代とは違い、センシュアルなカラーが抑え目になり、やや硬派でクールな仕上がりになっている。賛否が分かれるところだ。

    257

  • シングル/情熱/安全地帯
    情熱
    安全地帯
    再集結し、3月からレコーディングをスタートさせ、活動再開を告げる約2年半ぶり、7枚目のオリジナルアルバム『安全地帯VII〜夢の都』を7月に発売し。そこからのシングルカット。「I Love Youからはじめよう」を彷彿させる、エネルギッシュなシンプルロックだが、「I Love~」が、人の背中を押し、気持ちを鼓舞する曲であるならば、「情熱」は自分を叱咤激励している。アルバムに収録されている「この道は何処へ」は、札幌ユニバーシアード冬季大会テーマ曲に起用された。

    257

  • シングル/微笑みに乾杯/安全地帯
    微笑みに乾杯
    安全地帯
    発売日前日に『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)に出演し、「より良い音楽をやるために、ちょっと時間を下さい」とバンド活動の休止を公表した。最後のアナログ盤シングルに。メンバーはその後約2年間ソロ活動を行う。松井の書く詞はシンプルがゆえに、聴き手の想像力を掻き立てる。恋人同士のすれ違い描き、思い出を振り切って進むことを決意。彼女を微笑みで送り出す――という内容が、活動休止前の作品というタイミングもあり、ファンの間で様々な憶測や意見、感想が飛び交った12月に初のベストアルバム『I Love Youからはじめよう -安全地帯BEST-』を発売した。

    257

  • シングル/I Love Youからはじめよう/安全地帯
    I Love Youからはじめよう
    安全地帯
    この曲を含めてシングル4曲が収録されている、6枚目のオリジナルアルバム『安全地帯Ⅵ~月に濡れたふたり』からのシングルカットで、前2作とは打って変わって、シャウトが入るエネルギッシュなロックナンバー。力強いサウンドと前向きな言葉は、ライヴでは一体感をもたらせてくれる、欠かせない定番曲になっている。『安全地帯Ⅵ~』は、ヒットを飛ばし続けても決して満足する事なく、先鋭的なサウンドに取り組む、バンドとしての攻めの姿勢を見せてくれている。しかしこの年の7月、突然活動休止宣言。

    257

  • シングル/月に濡れたふたり/安全地帯
    月に濡れたふたり
    安全地帯
    美しいストリングスから始まる、珍しいボサノバ調の作品。前作同様メロディアスで、ストリングスが全体を優しく包みこんでくれる。アレンジも含めて、ソロ作品をロンドンで作り上げていた玉置の、当時の“気分”だったのだろうか。哀しく叙情的な歌詞を歌う玉置の歌は、理屈抜きで切ない。翌年4月に発売される同名のアルバムのタイトル曲で、アルバムバージョンとは若干アレンジが異なる。詞の中に「月」を表す言葉は出てこない。

    257

  • シングル/Juliet/安全地帯
    Juliet
    安全地帯
    前作発売後、メンバーのソロ活動がスタートし、玉置は7月にソロシングル、8月にアルバムをリリース。荘厳なオーケストラの音から始まり、どんな壮大な曲になるのかと思っていると、Aメロではギターが優しいメロディを奏で、囁くように歌ってくれる。転調の連続で、穏やかな雰囲気が一転ミステリアスな空気になったり予測不能の展開になるが、玉置の少し掠れた、全体的に優しく抑え気味の歌が安心感を与えてくれる。声を強く響かせてくれる部分とのメリハリが、この曲の差し色になっている。

    257

  • シングル/じれったい/安全地帯
    じれったい
    安全地帯
    の後、日本の音楽シーンのひとつの潮流になった、ブラックコンテポラリーを感じさせてくれ、デジタルファンクな部分も垣間見る事ができる斬新なサウンド。ホーンとコーラスとがよりセクシーさを演出させ、玉置のボーカルはこれまで以上にソウルフルで、官能的。そのまるで黒人のソウルシンガーのような歌は、松井が紡いだ官能的な言葉をより妖艶に、芳醇なものにし、抜群のタッチで聴き手に伝えてくれる。リリース後にカセットテープ「That's」のCMソングに起用され、CMには初めてメンバー全員が登場した。4月21日から日本武道館5days公演を行い、6万人を動員。翌月香港公演を行った。

    257

  • シングル/好きさ/安全地帯
    好きさ
    安全地帯
    12月14日に発売された、5枚目のオリジナルアルバム『安全地帯Ⅴ』の先行シングル。アルバムは3枚組(CDは2枚組)、全36曲というボリュームで、彼らの音楽性の幅がさらに広がった事を感じさせてくれる。この曲は安全地帯として初めてのアニメタイアップで、人気アニメ『めぞん一刻』の38話から52話までのオープニングテーマに起用された。「好きさ」というシンプルなタイトルに込められた、恋をする男のやるせない、胸を搔きむしりたくなるようなどうしようもない想いを、玉置がささやくような声、情感がこもった歌で表現。3分を切る短い曲だが濃い世界観を味わう事ができる。

    257

  • シングル/Friend/安全地帯
    Friend
    安全地帯
    胸を締め付ける松井の詞と玉置の歌。切ないメロディをピアノが奏でる、静かでシンプルなイントロから、情緒ある中盤、そしてサビはストリングスが感動を増幅させる。エンディングも美しいメロディを奏でる壮大なオーケストレーションが、儚さを感じさせてくれる見事な構成。なんともドラマティックで、哀愁漂う美しいドラマが描かれている。玉置の表現力はますます冴え渡り、あまりにも美しいこのロックバラードを安全地帯の作品の中で一番好きというファンも少なくない。韓国を中心にアジア圏で絶大な支持を得ている作品で、多くのアーティストがカバーしている。

    257

安全地帯のおすすめアルバム 29 アルバム一覧

安全地帯のおすすめハイレゾ Hi-Res 14 ハイレゾ一覧

安全地帯のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 3 ハイレゾアルバム一覧

安全地帯のおすすめ着信音 234 着信音一覧