安全地帯

安全地帯

安全地帯のおすすめハイレゾ Hi-Res 14 ハイレゾ一覧

安全地帯のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 3 ハイレゾアルバム一覧

安全地帯のおすすめシングル 327 シングル一覧

  • シングル/ワインレッドの心/安全地帯
    ワインレッドの心
    安全地帯
    オリジナルアルバム『安全地帯Ⅱ』(84年)の先行シングルとしてリリース。井上陽水作詞、玉置作曲のこの曲は、赤ワインのCMソング、ドラマ『間違いだらけの夫選び』(フジテレビ系)のエンディングテーマに起用され、情熱で切ないメロディラインと、どこか気だるさを感じさせる、ムードあるボーカルが、一気にお茶の間に浸透した。ここから安全地帯の快進撃が始まった“きっかけ”の一曲は、多くのアーティストがカバーし、全く色褪せる事がない、日本のポップスシーン史に残る名曲のひとつでもある。

    257

  • シングル/君がいないから/安全地帯
  • シングル/蒼いバラ/安全地帯
    蒼いバラ
    安全地帯
    5月に発売された約7年ぶり、11枚目のオリジナルアルバム『安全地帯XI ☆Starts☆「またね…。」』の先行シングル。カップリングは「ワインレッドの心」(2010バージョン)。甘く危険な官能的な香りがする、初期の彼らを感じさせてくれる情熱的な一曲。しかし決して懐古主義的になる事はなく、多彩なアルバムになっている。安全地帯としては玉置浩二の単独作詞は初めてで、ソロと並行して行っていた安全地帯との活動が、音楽性の緩やかな変化を続けながら地続きだったように感じるが、ここでは懐かしくも新しさが薫る作品を提示してくれている。改めてソングライターとして、シンガーとしての天才ぶりを見せつけてくれたのが、この曲、このアルバムではないだろうか。

    257

  • シングル/情熱/安全地帯
    情熱
    安全地帯
    再集結し、3月からレコーディングをスタートさせ、活動再開を告げる約2年半ぶり、7枚目のオリジナルアルバム『安全地帯VII〜夢の都』を7月に発売し。そこからのシングルカット。「I Love Youからはじめよう」を彷彿させる、エネルギッシュなシンプルロックだが、「I Love~」が、人の背中を押し、気持ちを鼓舞する曲であるならば、「情熱」は自分を叱咤激励している。アルバムに収録されている「この道は何処へ」は、札幌ユニバーシアード冬季大会テーマ曲に起用された。

    257

  • シングル/出逢い/安全地帯
    出逢い
    安全地帯
    日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」

    257

  • シングル/雨/安全地帯
    安全地帯

    257

  • シングル/カリント工場の煙突の上に/安全地帯
  • シングル/萠黄色のスナップ/安全地帯
    萠黄色のスナップ
    安全地帯
    記念すべきデビューシングル。春を心待ちにする気持ちと、淡い恋心を描いた言葉とメロディが、彼らを生んだ北海道の広大な風景を思い起こさせてくれる。ジャケットにあしらわれた北海道の地図が余計にそう感じさせるのかもしれないが、サウンドは、特にリズムセクションは当時流行していた西海岸サウンドを感じさせてくれる。ゆったりとした玉置のボーカルは、その声が持つ何といえない切なさを、改めて感じさせてくれ、表現力の豊かさに感心させられる。前年に井上陽水の全国ツアーに帯同し、このシングルの発売日の前月に、「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)に、井上陽水のバックバンドとしてテレビ初出演を果たす。

    257

  • シングル/銀色のピストル/安全地帯
  • シングル/いつも君のそばに/安全地帯
    いつも君のそばに
    安全地帯
    約一年ぶりで、12月に発売された8枚目のオリジナルアルバム『安全地帯Ⅷ~太陽』の先行シングル。爽やかで、キラキラとした幸せを感じさせてくれるミディアムなラブソング。優しい言葉とタイトなリズムが生み出す独特の雰囲気を、ソロ活動を経てさらに豊かに、情熱的になった玉置のボーカルが、時には寄り添うように、時には強さを与えている。アルバム全体が80年代とは違い、センシュアルなカラーが抑え目になり、やや硬派でクールな仕上がりになっている。賛否が分かれるところだ。

    257

  • シングル/微笑みに乾杯/安全地帯
    微笑みに乾杯
    安全地帯
    発売日前日に『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)に出演し、「より良い音楽をやるために、ちょっと時間を下さい」とバンド活動の休止を公表した。最後のアナログ盤シングルに。メンバーはその後約2年間ソロ活動を行う。松井の書く詞はシンプルがゆえに、聴き手の想像力を掻き立てる。恋人同士のすれ違い描き、思い出を振り切って進むことを決意。彼女を微笑みで送り出す――という内容が、活動休止前の作品というタイミングもあり、ファンの間で様々な憶測や意見、感想が飛び交った12月に初のベストアルバム『I Love Youからはじめよう -安全地帯BEST-』を発売した。

    257

  • シングル/ラスベガス・タイフーン/安全地帯
    ラスベガス・タイフーン
    安全地帯
    この年の1月に発売した1stアルバム『安全地帯I Remember to Remember』のオープニングナンバー。この曲も、安全地帯というバンドの実力がよくわかる、ロックな一曲。矢萩渉のハードなギターと、武沢豊のバッキングが全体を引っ張り、それを支えるリズム隊も、六土開正の太いベースが唸り、田中裕二の正確にリズムを刻む、安定感のあるドラムが光る。素晴らしいバンドアンサンブルで、玉置の歌をより情熱的に伝えている。まだこの時はまだブレイクとはいえず、この曲も含めて、1stのアルバムの完成度の高さは、後に評価されることになる。

    257

  • シングル/メロディー/安全地帯
  • シングル/忘れじの君の面影/安全地帯
  • シングル/SOS/安全地帯
    SOS
    安全地帯

    257

安全地帯のおすすめアルバム 27 アルバム一覧

安全地帯のおすすめ着信音 234 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ