Jin-Machine

Jin-Machine

宮城県仙台市出身のヴィジュアル系バンド。愛称は“ジンマ”。2006年頃より活動開始し、精力的にライヴを開催。ライヴを“ミサ”と呼び、お笑いやアニメ、オタクの要素を取り入れた舞台を繰り広げるエンタテインメントなパフォーマンスが特徴。度重なるメンバーチェンジを経て、featuring16、あっつtheデストロイ、マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり、ブッシュドノエル・水月・アリッサ、ルーベラ・木村・カエレの5名に。2010年にはニコニコ動画、その後東京へ進出して活動範囲を拡大。2015年までアルバム2枚を発表。2016年は「NEVER SAY NEVER」「†夏☆大好き!ヴィジュアル系†」とシングルをリリース。

Jin-Machineのおすすめシングル 197 シングル一覧

Jin-Machineのおすすめアルバム 29 アルバム一覧

  • アルバム/売れたくて TYPE-C/Jin-Machine

    2017/12/13リリース

    売れたくて TYPE-C
    Jin-Machine
    ヴィジュアル系コミック・バンドによる通算16枚目のシングル。表題曲は、高い演奏力に裏打ちされた迫力あるヘヴィーなサウンドと、売れたい気持ちをストレートかつコミカルに表現した歌詞とのギャップがユーモラスな、彼らの真骨頂といえる内容だ。 (CDジャーナル)

    1,200

    6曲収録

  • アルバム/売れたくて TYPE-B/Jin-Machine

    2017/12/13リリース

    売れたくて TYPE-B
    Jin-Machine
    ヴィジュアル系コミック・バンドによる通算16枚目のシングル。表題曲は、高い演奏力に裏打ちされた迫力あるヘヴィーなサウンドと、売れたい気持ちをストレートかつコミカルに表現した歌詞とのギャップがユーモラスな、彼らの真骨頂といえる内容だ。 (CDジャーナル)

    1,500

    10曲収録

  • アルバム/売れたくて TYPE-A/Jin-Machine

    2017/12/13リリース

    売れたくて TYPE-A
    Jin-Machine
    デスメタル風のイントロからは予想もつかぬ素っ頓狂なヴォーカルが飛び出す「売れたくて」は、コミック・ソング然とした歌詞ながら、その拍子抜けしたような脱力感には思わず笑ってしまう。ゴールデンボンバーの流れを汲むニューカマーとでも評せば伝わるだろうか。一度は聴いてみる価値あり。 (CDジャーナル)

    1,500

    9曲収録

  • アルバム/全日本おもしろ選手権 タイツB/Jin-Machine

    2017/3/15リリース

    全日本おもしろ選手権 タイツB
    Jin-Machine
    ヴィジュアル系バンド、Jin-Machineの通算3作目。おもしろいことは何でもやってやるという意欲にあふれたバンドだけあり、曲もJ-POPからダンス、メタル、ボサノバなど何でもあり状態。さらに宴会芸的なしゃべりやMCもフィーチャリングして、スタジオ音源ながらライヴさながらの盛り上げ方 (CDジャーナル)

    2,000

    16曲収録

  • アルバム/全日本おもしろ選手権 タイツA/Jin-Machine

    2017/3/15リリース

    全日本おもしろ選手権 タイツA
    Jin-Machine
    ヴィジュアル系コミック・バンド、Jin-Machineの3rdアルバム。「NEVER SAY NEVER」「†夏☆大好き!ヴィジュアル系†」などのシングルを含む全16曲と、DVDには2016年秋の米アトランタでのライヴ・オフショットを収録 (CDジャーナル)

    2,000

    15曲収録

  • アルバム/がんばれ!桜、アディオス/Jin-Machine

    2017/3/15リリース

    がんばれ!桜、アディオス
    Jin-Machine
    別れの季節に切ない桜ソング……と思いきや、斬新な着想でコミカルに演じるエンタメ・ヴィジュアル系バンドの2017年シングル。卒業式式典に沿った展開の表題曲に加え、オレオレ詐欺警告ソングや某国民的アイドルを土木系グループに見立てた曲など、破壊的な笑いが打ち寄せるコースター作だ (CDジャーナル)

    1,350

    6曲収録

  • アルバム/†夏☆大好き!ヴィジュアル系†(みぞれ盤)/Jin-Machine

    2016/8/3リリース

    †夏☆大好き!ヴィジュアル系†(みぞれ盤)
    Jin-Machine
    タイトル曲は、作詞をfeaturing16が、作曲をマジカル・7ひもりが担当。ロック、ポップス、レゲエを盛り込んでお笑い要素も取り入れた、夏にぴったりのミクスチャー・サウンドを披露している (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/†夏☆大好き!ヴィジュアル系†(ブルーハワイ盤)/Jin-Machine

    2016/8/3リリース

    †夏☆大好き!ヴィジュアル系†(ブルーハワイ盤)
    Jin-Machine
    仙台市出身の5人組。自らV系と名乗るタイトル曲だが、そこはクセある“ジンマ”のこと。ゴシック、レゲエ、デス・メタル、フュージョン、ポップスとごった煮的に詰め込んだヘンテコなV系組曲でブチ上げる。お盆やひと夏の恋を引き合いに出すも、結局“夏が好き”が言いたいだけの展開ももはや美しい (CDジャーナル)

    900

    5曲収録

  • アルバム/†夏☆大好き!ヴィジュアル系†(いちご練乳盤)/Jin-Machine

    2016/8/3リリース

    †夏☆大好き!ヴィジュアル系†(いちご練乳盤)
    Jin-Machine
    タイトル曲は、作詞をfeaturing16が、作曲をマジカル・7ひもりが担当。ロック、ポップス、レゲエを盛り込んでお笑い要素も取り入れた、夏にぴったりのミクスチャー・サウンドを披露している (CDジャーナル)

    1,200

    7曲収録

  • アルバム/†夏☆大好き!ヴィジュアル系†(宇治金時盤)/Jin-Machine

    2016/8/3リリース

    †夏☆大好き!ヴィジュアル系†(宇治金時盤)
    Jin-Machine
    タイトル曲は、作詞をfeaturing16が、作曲をマジカル・7ひもりが担当。ロック、ポップス、レゲエを盛り込んでお笑い要素も取り入れた、夏にぴったりのミクスチャー・サウンドを披露している (CDジャーナル)

    1,200

    7曲収録

  • アルバム/†夏☆大好き!ヴィジュアル系†(宇治金時盤)/Jin-Machine

    2016/8/3リリース

    †夏☆大好き!ヴィジュアル系†(宇治金時盤)
    Jin-Machine
    タイトル曲は、作詞をfeaturing16が、作曲をマジカル・7ひもりが担当。ロック、ポップス、レゲエを盛り込んでお笑い要素も取り入れた、夏にぴったりのミクスチャー・サウンドを披露している。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/NEVRE SAY NEVER Type-C/Jin-Machine

    2016/1/27リリース

    NEVRE SAY NEVER Type-C
    Jin-Machine
    仙台出身の5人組“お笑いヴィジュアル系バンド”、Jin-Machineのシングル。“勇気と笑顔”をテーマにした、歌って踊れるポジティブな内容となっている。ヴィジュアル系のロック色あふれるサウンドも楽しい (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

Jin-Machineのおすすめ着信音 120 着信音一覧

Jin-Machineのおすすめ歌詞 65 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ