MUCC

MUCC

茨城県出身のロック・バンド。1997年に結成し、2003年のシングル「我、在ルベキ場所」でメジャー・デビュー。2005年にドイツで初の海外公演を開催。翌年には初の日本武道館公演を成功させるなど国内外で人気を博す。当初は昭和歌謡曲風メロディを採り入れたへヴィなサウンドによる陰鬱な詞世界を特色としていたが、次第にポップやエレクトロニカ、ダンス、民族音楽など多様な音楽性を幅広く展開。2011年にメジャー再デビュー。メンバーチェンジを経て、逹瑯(vo)、ミヤ(g)、YUKKE(b)、SATOち(ds)の4名で活動を継続。2017年1月に13作目のアルバム『脈拍』をリリース。

MUCCのおすすめシングル 257 シングル一覧

MUCCのおすすめアルバム 29 アルバム一覧

  • アルバム/殺シノ調べII This is NOT Greatest Hits/MUCC

    2017/9/13リリース

    殺シノ調べII This is NOT Greatest Hits
    MUCC
    BUCK-TICKの92年作品に準じたタイトルを冠した点に敬意が見える、結成20周年のタイミングで制作されたセルフ・カヴァー・アルバム。さまざまな音楽スタイルを貪欲に吸収してきた足跡がわかると同時に、そのつどの“変貌”がまた彼らの本来もつ魅力であることも再認識できる (CDジャーナル)

    2,592

    15曲収録

  • アルバム/新痛絶/MUCC

    2017/8/9リリース

    新痛絶
    MUCC
    ファースト・アルバムを完全リテイクした“新作”と、2001年発表のファースト『痛絶』との2枚組で、当時と2017年を往復していくと初期衝動の出どころが共通していることに気づかされる点でも、貴重なバンドの歴史的資料ともいえる。20周年を華々しく彩る内容に仕上がっている (CDジャーナル)

    3,780

    25曲収録

  • アルバム/新葬ラ謳/MUCC

    2017/8/9リリース

    新葬ラ謳
    MUCC
    2017年で結成20周年を迎えたムックが、自身の過去と対峙したシリーズのうちのひとつ。2002年に発表したセカンド・アルバムのリテイク盤、リマスター盤による2枚組。絶望と哀しみをえぐった作品だが、リテイクではオリジナル以上に起伏ある曲に変貌。新たな刺激にも満ちあふれ、聴きごたえ十分 (CDジャーナル)

    3,780

    29曲収録

  • アルバム/BEST OF MUCC II/MUCC

    2017/3/29リリース

    BEST OF MUCC II
    MUCC
    2017年に結成20周年を迎えた日本のバンド、MUCCのシングルのカップリングを集めたベスト盤。作品ごとにアプローチを変化させる貪欲なバンドだが、カップリングでもそうした側面を十分に楽しめる。演奏力の高さとダイナミックなアレンジも、ヴィジュアル系の枠を完全に超えている (CDジャーナル)

    3,000

    23曲収録

  • アルバム/カップリング・ベスト II/MUCC

    2017/3/29リリース

    カップリング・ベスト II
    MUCC
    ヴィジュアル系という枠を飛び越えて評価を高めるロック・バンド、MUCCのカップリング・ベスト・アルバム。ロック、メタル、ポップス、フォークなどを飲み込んだ多彩な音楽性の、よりディープな部分を存分に味わえる (CDジャーナル)

    2,100

    17曲収録

  • アルバム/脈拍/MUCC

    2017/1/25リリース

    脈拍
    MUCC
    20周年Yearの幕開けを飾るNew Album!

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/CLASSIC/MUCC

    2016/9/14リリース

    CLASSIC
    MUCC
    ヴィジュアル系ロック・バンド、ムックの2016年9月発表のシングル。タイトル曲はTBSほかで放送のアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』のオープニング・テーマに決定。疾走感あふれるキャッチーなサウンド、ポップで儚さを孕んだ歌詞が魅力的だ。 (CDジャーナル)

    1,000

    5曲収録

  • アルバム/ハイデ/MUCC

    2016/6/15リリース

    ハイデ
    MUCC
    L'Arc〜en〜CielのKenがプロディースを担当したシングル。タイトル曲は、優しいポップなメロディに乗せたメッセージ性の強い歌詞が心に響く一曲。カップリング曲は、メロディアスロック、ハードロックと多様な音楽性が詰まった一枚で、彼らの魅力を存分に味わえる。 (CDジャーナル)

    1,250

    5曲収録

  • アルバム/T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-/MUCC

    2015/6/24リリース

    T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-
    MUCC
    彼らの特徴である文学性を感じさせるリリックから放たれる叙情性と、ラウドなサウンドを絡めたミクスチャーな「睡蓮」をリード・トラックに、さらなる進化を見せるミニ・アルバム。ときにポップでメロディアスな表情を覗かせながらも、重厚な手応えを残す深みのあるナンバーが揃っている。 (CDジャーナル)

    1,750

    7曲収録

  • アルバム/故に、摩天楼/MUCC

    2014/9/10リリース

    故に、摩天楼
    MUCC
    MUCCの2014年第2弾シングルは、TVアニメ『金田一少年の事件簿R』(日本テレビ系)の2代目OPテーマ。ポジティブなメロディラインの爽やかなロック・チューンに仕上がっている。カップリングでは一転、ユニゾン・リフが利いたヘヴィ・ウェイトのスクリーモ/メタル・コア仕様。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/THE END OF THE WORLD/MUCC

    2014/6/25リリース

    THE END OF THE WORLD
    MUCC
    V系のカテゴリーをはるかに超え、幅広くかつ骨太な音楽性をさらに深めた驚くべき作品。“コードとメロディだけで曲を作る”というテーマに沿って作られた結果、4人のメロディ・センスが一気に開化し、ドラマティックな歌謡ロックからメタル・コアまでどれも個性的でキャッチーな曲ばかり。先入観なしで聴くべき。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/ENDER ENDER/MUCC

    2014/5/28リリース

    ENDER ENDER
    MUCC
    幅広い音楽性で人気を集める彼らだが、本作のテーマはメタル・コア。シンセや打ち込みを取り入れたハードコアにダンス・ミュージックを掛け合わせたタイトル曲をはじめ、強烈にヘヴィでメタリックなギター・サウンドにキャッチーなメロディを乗せるスタイルを極めた3曲入り。理屈抜きでアガる。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

MUCCのおすすめ着信音 102 着信音一覧

MUCCのおすすめ歌詞 90 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ