福田こうへい

福田こうへい

1976年9月21日生まれ、岩手県岩手郡雫石町出身の歌手。本名は福田廣平。民謡歌手として2002年の外山節全国大会、南部馬方節全国大会など数々のコンクールで優勝を経験。2012年には日本民謡フェスティバルのグランプリ受賞で民謡日本一の称号を獲得し、“民謡界のプリンス”と呼ばれる。同年にシングル「南部蝉しぐれ」で歌謡曲デビュー。2013年には『紅白歌合戦』に初出場し、日本レコード大賞新人賞を受賞。翌年のシングル「峠越え」は「南部蝉しぐれ」を上回るセールスを記録し、2年連続『紅白歌合戦』出場。2016年より再び精力的な活動を再開し、「北の出世船」を発表。2017年に「母ちゃんの浜唄」をリリース。

福田こうへいのおすすめシングル 68 シングル一覧

福田こうへいのおすすめアルバム 8 アルバム一覧

  • アルバム/輝 (かがやき)/福田こうへい

    2018/10/24リリース

    輝 (かがやき)
    福田こうへい

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/天竜流し/母恋酒/福田こうへい

    2018/7/25リリース

    天竜流し/母恋酒
    福田こうへい
    岩手出身の演歌歌手のシングルは2018年4月発売作に新たなカップリングを加えたヴァージョン。「天竜流し」は壮大な自然に負けない朗々とした歌声が魅力。「母恋酒」は吉幾三作詞・作曲の書き下ろしで、冬になり故郷の母を思い“一緒に暮らそう”と歌う歌唱にほんのり訛りを感じて泣ける。 (CDジャーナル)

    1,000

    5曲収録

  • アルバム/天竜流し/福田こうへい

    2018/4/25リリース

    天竜流し
    福田こうへい
    2012年のデビュー以来、紅白歌合戦に出場するなど人気歌手として活躍し、“民謡界のプリンス”と言われる歌手が半年ぶりに発表したシングル。川沿いに多くの絶景を擁する天竜川で筏に乗る男を描き、川と人生のさまざまな場面を重ねる。歌いっぷりにほれぼれ。 (CDジャーナル)

    1,000

    5曲収録

  • アルバム/道ひとすじ/福田こうへい

    2017/9/27リリース

    道ひとすじ
    福田こうへい
    “民謡界のプリンス”から紅白歌手へと飛躍した岩手県出身の歌手もメジャー・デビューして5年。男は苦労を乗り越えて、夢や大志の道を行くと晴れやかに歌う「道ひとすじ」は、自身の辿った道を映すよう。同様に仁井谷俊也と四方章人コンビによる「おとこ傘」では、惚れた女を守る男を力感添えて歌う (CDジャーナル)

    1,029

    5曲収録

  • アルバム/母ちゃんの浜唄/福田こうへい

    2017/2/8リリース

    母ちゃんの浜唄
    福田こうへい
    2017年2月に明治座で開催された、芝居も交えた特別公演で使用された「母ちゃんの浜唄」は弦 哲也が作曲。海の仕事を持つ“母の背中”を見て育った男の思いを歌った、無骨な本格派演歌。父への想いを歌った「父子鷹」はほがらかな雰囲気も感じさせる仕上がりで、好対照といえる2曲 (CDジャーナル)

    1,029

    5曲収録

  • アルバム/憧〜三橋美智也を唄う〜/福田こうへい

    2016/12/7リリース

    憧〜三橋美智也を唄う〜
    福田こうへい

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/北の出世船/福田こうへい

    2016/8/24リリース

    北の出世船
    福田こうへい

    1,029

    5曲収録

  • アルバム/おかげさま/福田こうへい

    2015/1/1リリース

    おかげさま
    福田こうへい

    900

    4曲収録

福田こうへいのおすすめ着信音 21 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ