ジッタリン・ジン

ジッタリン・ジン

1986年、ヴォーカルの春川玲子を中心に関西で結成された女2男2の混成パンク・バンド。89年、人気TV番組『イカすバンド天国』に出演し、そのパンクや沖縄民謡を取り入れた音楽性が注目され、同年シングル「エヴリデイ」でデビュー。「プレゼント」「にちようび」「夏祭り」が大ヒットを記録した。以後、低迷が続くもインディで活動を地道に続け、Whiteberryによるカヴァー・ヒットなどの余波を受け、2000年見事にメジャー復帰を果たす。