工藤静香

工藤静香

1970年4月14日、東京都生まれ。85年にアイドル・ユニット、セブンティーンクラブのメンバーとして、シングル「ス・キ・ふたりとも!」でデビュー。86年、おニャン子クラブのメンバーになる。87年、うしろ髪ひかれ隊としてシングル「時の河を越えて」をリリース。同年にはシングル「禁断のテレパシー」でソロ・デビューを果たした。代表曲は「MUGO・ん・・・色っぽい」「嵐の素顔」など。99年にはSMAPの木村拓哉と結婚し、話題を呼んだ。

工藤静香のおすすめハイレゾ Hi-Res 46 ハイレゾ一覧

工藤静香のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

工藤静香のおすすめシングル 493 シングル一覧

工藤静香のおすすめアルバム 26 アルバム一覧

  • アルバム/凛/工藤静香

    2017/8/30リリース

    工藤静香
    ソロ・デビュー30周年を迎えた工藤静香の12年ぶりとなるオリジナル・アルバム。玉置浩二、松本孝弘、岸谷香ら豪華アーティストからの書き下ろしを含む“完全”オリジナル曲で構成。バラードからロックまで、工藤静香の歌の魅力を堪能できる (CDジャーナル)

    1,697

    9曲収録

  • アルバム/My Heartful Best〜松井五郎コレクション〜/工藤静香

    2016/3/9リリース

    My Heartful Best〜松井五郎コレクション〜
    工藤静香
    作詞家の松井五郎が提供した楽曲をコンプリートした、工藤静香の3枚組ベスト・アルバム。ヒット曲の数々はもちろん、93年にレコーディングした未発表曲、今作のための新曲も聴くことができる。 (CDジャーナル)

    2,263

    28曲収録

  • アルバム/My Treasure Best -中島みゆき×後藤次利コレクション-/工藤静香

    2015/2/18リリース

    My Treasure Best -中島みゆき×後藤次利コレクション-
    工藤静香
    2015年2月18日リリースの工藤静香のベスト。「FU-JI-TSU」「MUGO・ん…色っぽい」「黄砂に吹かれて」「慟哭」などのシングル曲を含む、中島みゆき作詞×後藤次利作曲コンビでの提供曲を収録。新録「単・純・愛 vs 本当の嘘」を追加。 (CDジャーナル)

    2,160

    18曲収録

  • アルバム/MY PRECIOUS -Shizuka sings songs of Miyuki-/工藤静香

    2008/8/20リリース

    MY PRECIOUS -Shizuka sings songs of Miyuki-
    工藤静香
    工藤静香による中島みゆきカヴァー集。グッと抑えた歌唱にヴォーカリストとしての工藤静香の“本気”を感じる。けれんに走らない堅実なアレンジもよい。ボーナス・トラックの中島みゆきオリジナル提供曲12〜14曲目と聴き比べると、彼女の変化(進化)がよくわかる。 (CDジャーナル)

    2,469

    14曲収録

  • アルバム/工藤静香「20th Anniversary B-side collection」(通常盤)/工藤静香

    2008/3/5リリース

    工藤静香「20th Anniversary B-side collection」(通常盤)
    工藤静香
    工藤静香のデビュー20周年を記念した企画アルバム。かねてよりファンからの要望が強かった、シングルB面曲を集めたコレクション作品で、隠れた名曲が2枚組にたっぷりと収録されている。 (CDジャーナル)

    2,469

    34曲収録

  • アルバム/Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best(通常盤)/工藤静香

    2007/8/29リリース

    Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best(通常盤)
    工藤静香
    アイドルとして圧倒的な存在感を放った初期、さまざまなスタイルの楽曲を消化し、ヴォーカリストとして開花した中期、家族や恋人など幅広い愛を自分の言葉で伝え続ける近年と、奮戦の歴史が詰まったベスト。ディスク2の13〜15曲目は新録セルフ・カヴァーを含むボーナス・トラック。★ (CDジャーナル)

    3,292

    32曲収録

  • アルバム/月影/工藤静香

    2005/6/1リリース

    月影
    工藤静香
    3年ぶりのリリースとなるオリジナル・アルバム。工藤静香といえば“歌謡曲、最後の砦”という印象があるが、そういう意味での猥雑さは今回減少しており、非常に洗練されたスタイルを築き上げている。ヴォーカリストとしての成長も感じられる。 (CDジャーナル)

    2,469

    12曲収録

  • アルバム/工藤静香ベスト/工藤静香

    2001/12/5リリース

    工藤静香ベスト
    工藤静香
    今でも、女性に圧倒的な支持を受けている工藤静香のベスト・コレクション。艶歌にも通じる色っぽい歌声、大人びた歌詞などが女性に支持される秘訣か。ヒット・ナンバーも多数収録。 (CDジャーナル)

    1,543

    16曲収録

  • アルバム/Full of Love/工藤静香

    1999/6/2リリース

    Full of Love
    工藤静香
    CHOKKAKUや羽田一郎を迎えて、ブラコン歌謡一直線かと思ったら楠瀬誠志郎なんてヒトも。本人の手になる歌詞も含めてフツーのブラコン歌謡とは明らかにニュアンスが異なる独自の世界を構築。さすがにCHOKKAKUのアレンジはカッコいい (CDジャーナル)

    2,057

    11曲収録

  • アルバム/Best of Ballade カレント/工藤静香

    1998/11/18リリース

    Best of Ballade カレント
    工藤静香
    スロー〜ミッド・ナンバーを集めたセルフ・プロデュースのベスト。サブタイトルにバラード集とあるだけに、中島みゆき作の(10)はやや激しく聴こえる感もあり。シングルでお馴染みの(1)(7)(13)は英語詞だが違和感がまったくない。オケを変えなかったのは正解かも。 (CDジャーナル)

    2,469

    14曲収録

  • アルバム/I'm not/工藤静香

    1998/4/29リリース

    I'm not
    工藤静香
    アルバムのプロデュースを、工藤静香本人とシャ乱Qのはたけの二人が担当。はたけ節が反映された楽曲が中心とはいえ、工藤静香自身が持つクールなカラーが、全体をしっかり覆っているところはさすが。挑発的かつアダルトなポップ・ロック・サウンドが胸に迫る (CDジャーナル)

    2,160

    10曲収録

  • アルバム/DRESS/工藤静香

    1997/3/19リリース

    DRESS
    工藤静香
    (1)の吉川忠英の生ギター一本だけの伴奏とか、(8)や(9)の今剛のギターの冴えなど、盤石のバッキングに支えられた工藤静香の97年のアルバム。中島みゆき作のヒット曲、(6)もあるでよ。ソウル〜ファンク色が意外に強いが彼女なりに消化。全作詞&プロデュースは彼女自身 (CDジャーナル)

    2,057

    10曲収録

工藤静香のおすすめ着信音 42 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ