森山良子

森山良子

1948年1月18日東京都生まれ。歌手。父親はジャズ歌手の森山久。叔父は同じくジャズ界の草分けティーブ釜萢、従兄弟がムッシュかまやつという音楽一家に育つ。66年、荒木一郎が作詞作曲したシングル「この広い野原いっぱい」でデビュー。60年代後半のカレッジ・フォークの中心的な存在として活躍し、“日本のジョーン・バエズ”とも称された。結婚後は歌手活動を休んでいたが、72年に復帰し、司会や女優としても活躍。「さとうきび畑」「涙そうそう」などヒット曲多数。

森山良子のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 3 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/Ryoko Classics II/森山良子

    2018/9/5リリース

    Ryoko Classics II
    森山良子
    天性の美しい歌声と抜群の歌唱力を持つ日本を代表するトップ・シンガー、森山良子によるクラシック・モチーフ・アルバム第2弾。クラシックの楽曲や名作映画音楽などをテーマに、そのヴォーカルの魅力を詰め込んでいる。 (CDジャーナル)

    3,456

    FLAC

    24bit/96kHz

    11曲収録

  • ハイレゾアルバム/Touch me…/森山良子

    2016/4/6リリース

    Touch me…
    森山良子

    3,456

    FLAC

    24bit/96kHz

    14曲収録

  • ハイレゾアルバム/フォークソングの時代/森山良子

    2015/4/8リリース

    フォークソングの時代
    森山良子

    3,456

    FLAC

    24bit/96kHz

    12曲収録

森山良子のおすすめシングル 354 シングル一覧

森山良子のおすすめアルバム 14 アルバム一覧

森山良子のおすすめ着信音 369 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ