Suchmos

Suchmos

神奈川県出身の音楽グループ。メンバーはYONCE(vo)、HSU(b)、OK(ds)、TAIKING(g)、KCEE(DJ)、TAIHEI(key)の6名。名前はルイ・アームストロングの愛称“サッチモ”に由来。アシッド・ジャズやヒップホップなどブラック・ミュージックに影響された作風が特色。2013年に結成し、2015年にシングル「Essence」でデビュー。翌年の2nd EP『LOVE&VICE』収録の「STAY TUNE」で脚光を浴び、ブレイク。2017年に自主レーベル〈F.C.L.S.〉を設立し、2ndアルバム『THE KIDS』を発表。2018年6月に『THE ASHTRAY』をリリース。

Suchmosのおすすめハイレゾ Hi-Res 45 ハイレゾ一覧

Suchmosのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 7 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/THE ASHTRAY/Suchmos

    2018/6/20リリース

    THE ASHTRAY
    Suchmos
    7曲入りミニ。アシッド・ジャズ的なアプローチにとどまらず、ダイナミックなロック・サウンド、サイケ風のアレンジなども巧みに取り入れバンドの奥深さと進化を伝えている。耐久性のある音質ながら輪郭はソフトなので、NHK『ワールドカップ ロシア大会』テーマ曲2のような低音の強い曲でも耳にも優しい。 (CDジャーナル)

    2,800

    FLAC

    24bit/48kHz

    7曲収録

  • ハイレゾアルバム/FIRST CHOICE LAST STANCE/Suchmos

    2017/9/1リリース

    FIRST CHOICE LAST STANCE
    Suchmos

    800

    FLAC

    24bit/96kHz

    2曲収録

  • ハイレゾアルバム/THE KIDS (PCM 96kHz/24bit)/Suchmos

    2017/1/25リリース

    THE KIDS (PCM 96kHz/24bit)
    Suchmos
    前作『THE BAY』から約1年半ぶりとなる2ndフル・アルバム。ミディアム・スロウな「MINT」やアシッド・ジャズの影響を感じさせる「STAY TUNE」など、ブラック・ミュージックに根ざした、クールでモダンな楽曲を収録している (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    11曲収録

  • ハイレゾアルバム/MINT CONDITION (PCM 96kHz/24bit)/Suchmos

    2016/7/6リリース

    MINT CONDITION (PCM 96kHz/24bit)
    Suchmos

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/LOVE&VICE (PCM 96kHz/24bit)/Suchmos

    2016/1/27リリース

    LOVE&VICE (PCM 96kHz/24bit)
    Suchmos

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/THE BAY/Suchmos

    2015/7/8リリース

    THE BAY
    Suchmos
    ブラック・ミュージック・マナーをきっちり踏まえたアーバンかつグルーヴィなサウンドや、ソウルフルなヴォーカルなどが大いに話題を呼んでいる横浜発のバンド、Suchmosの初となるフル・アルバム。ボトムが強靭だし、DJとキーボードもすこぶる活き活きしていて、憎いほどのクールさでヤバい (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/Essence (PCM 96kHz/24bit)/Suchmos

    2015/4/8リリース

    Essence (PCM 96kHz/24bit)
    Suchmos

    1,600

    FLAC

    24bit/96kHz

    4曲収録

Suchmosのおすすめシングル 48 シングル一覧

Suchmosのおすすめアルバム 7 アルバム一覧

  • アルバム/THE ASHTRAY/Suchmos

    2018/6/20リリース

    THE ASHTRAY
    Suchmos
    7曲入りミニ。アシッド・ジャズ的なアプローチにとどまらず、ダイナミックなロック・サウンド、サイケ風のアレンジなども巧みに取り入れバンドの奥深さと進化を伝えている。耐久性のある音質ながら輪郭はソフトなので、NHK『ワールドカップ ロシア大会』テーマ曲2のような低音の強い曲でも耳にも優しい。 (CDジャーナル)

    1,700

    7曲収録

  • アルバム/FIRST CHOICE LAST STANCE/Suchmos

    2017/9/1リリース

    FIRST CHOICE LAST STANCE
    Suchmos

    500

    2曲収録

  • アルバム/THE KIDS/Suchmos

    2017/1/25リリース

    THE KIDS
    Suchmos
    前作『THE BAY』から約1年半ぶりとなる2ndフル・アルバム。ミディアム・スロウな「MINT」やアシッド・ジャズの影響を感じさせる「STAY TUNE」など、ブラック・ミュージックに根ざした、クールでモダンな楽曲を収録している (CDジャーナル)

    1,851

    11曲収録

  • アルバム/MINT CONDITION/Suchmos

    2016/7/6リリース

    MINT CONDITION
    Suchmos
    ルイ・アームストロングの愛称から取ったバンド名を持つSuchmosが2016年夏に放つシングル。R&Bを思わせるミディアム・スロウな「MINT」は、彼らの新アンセムとも呼ぶべき秀逸な楽曲だ。 (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/LOVE&VICE/Suchmos

    2016/1/27リリース

    LOVE&VICE
    Suchmos

    771

    4曲収録

  • アルバム/THE BAY/Suchmos

    2015/7/8リリース

    THE BAY
    Suchmos
    ブラック・ミュージック・マナーをきっちり踏まえたアーバンかつグルーヴィなサウンドや、ソウルフルなヴォーカルなどが大いに話題を呼んでいる横浜発のバンド、Suchmosの初となるフル・アルバム。ボトムが強靭だし、DJとキーボードもすこぶる活き活きしていて、憎いほどのクールさでヤバい。 (CDジャーナル)

    1,697

    12曲収録

  • アルバム/Essence/Suchmos

    2015/4/8リリース

    Essence
    Suchmos
    横浜出身の4人組バンド、Suchmosのデビュー盤。シュガー・ベイブのDNAが一巡して新世代になったようなアーバン・メロウなサウンドは40代以上には懐かしく、若い世代には洗練されたシティポップとして受け入れられるはず。いろんな音楽に触れながら育ったことを感じさせる雑食性が魅力。 (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

Suchmosのおすすめ着信音 52 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ