cero

cero

東京発のポップ・バンド。バンド名は“Contemporary Exotica Rock Orchestra”の略。2004年の結成当初は4名だったが、2011年に高城晶平(vo,g,fl)、橋本翼(g,cho)、荒内佑(key,sampler,cho)の3名に。さまざまな感情や情景を広く“エキゾチカ”と捉え、ポップへと昇華させるサウンドが特色。2011年に『WORLD RECORD』でアルバム・デビュー。2015年の『Obscure Ride』までアルバム3枚を発表。2015年11月には初の中野サンプラザでのワンマン公演も成功させるなど、ライヴも盛況。2016年12月にシングル「街の報せ」をリリース。

ceroのおすすめハイレゾ Hi-Res 15 ハイレゾ一覧

ceroのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 2 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/POLY LIFE MULTI SOUL (PCM 48kHz/24bit)/cero

    2018/5/16リリース

    POLY LIFE MULTI SOUL (PCM 48kHz/24bit)
    cero
    名作『Obsucure Ride』から3年ぶりとなる4thアルバム。前作の流れを汲みつつユニークなリズム・アレンジに力を入れ、オルタナティヴに、メロウに、アーバンに展開。多用な音楽性を重層的に反映させた、新たなポップネスが広がる作品。

    2,400

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/街の報せ (PCM 48kHz/24bit)/cero

    2016/12/7リリース

    街の報せ (PCM 48kHz/24bit)
    cero

    800

    FLAC

    24bit/48kHz

    3曲収録

ceroのおすすめシングル 37 シングル一覧

ceroのおすすめアルバム 5 アルバム一覧

  • アルバム/POLY LIFE MULTI SOUL/cero

    2018/5/16リリース

    POLY LIFE MULTI SOUL
    cero
    名作『Obsucure Ride』から3年ぶりとなる4thアルバム。前作の流れを汲みつつユニークなリズム・アレンジに力を入れ、オルタナティヴに、メロウに、アーバンに展開。多用な音楽性を重層的に反映させた、新たなポップネスが広がる作品。

    2,263

    12曲収録

  • アルバム/街の報せ/cero

    2016/12/7リリース

    街の報せ
    cero

    771

    3曲収録

  • アルバム/Obscure Ride/cero

    2015/5/27リリース

    Obscure Ride
    cero
    インディ・シーンで異彩を放つceroの3枚目。楽曲も前作以降、どんどん(ロックとは真逆に)形を変えており、ブラック・ミュージックの面白さに没頭したのか、リズム、ビート、ドライブ感に黒さがあふれている。とても洒脱。あとは歌にパワーがあれば。 (CDジャーナル)

    2,469

    13曲収録

  • アルバム/Orphans / 夜去/cero

     

    Orphans / 夜去
    cero
    2枚目となる3曲入りシングル(1曲は小沢健二のカヴァー)。来たるべきアルバムに向けてさらにR&B〜ソウル・テイストが強まった曲が集められており、しかもそれを生バンドでしっかり表現できているところに驚かされる。「Orphans」は大きなフックを持ってはいないがジワジワと後から染みてくる。 (CDジャーナル)

    771

    3曲収録

  • アルバム/Yellow Magus/cero

     

    Yellow Magus
    cero

    1,028

    4曲収録

ceroのおすすめ着信音 20 着信音一覧

ceroのおすすめ歌詞 26 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ