森 進一

森 進一

1947年11月18日、山梨県甲府市生まれの日本の歌手/作曲家。本名は森内一寛。沼津、下関、鹿児島などで育つ。66年に「女のためいき」でデビュー。一度聴いて分かるハスキー・ヴォイスで女心を歌う独特の歌唱で注目を集める。68年の「花と蝶」以降は、「港町ブルース」「おふくろさん」とヒットを連発。日本レコード大賞や日本歌謡大賞など多くの音楽賞を受賞し、名実ともにトップランナーに。また、「襟裳岬」「冬のリヴィエラ」などフォーク/ポップス系の楽曲でもヒットを記録。ポップス歌手との交流も多く、流行歌手として圧倒的な存在感を示す。“紅白”へは68年の初出場以来2014年まで47回連続出場という歴代第1位の記録を持っている。

森 進一のおすすめシングル 357 シングル一覧

森 進一のおすすめアルバム 130 アルバム一覧

  • アルバム/北港/森 進一

    2018/6/13リリース

    北港
    森 進一

    514

    2曲収録

  • アルバム/花のブルース/森 進一

    2017/6/14リリース

    花のブルース
    森 進一
    通算125枚目となる記念シングルで、イントロから“森 進一節”健在といえる楽曲展開は、まさにこれぞ”昭和歌謡”の王道演歌。余裕ある歌唱力と説得ある表現力は、他の追随を許さない貫禄。作詩は、森 進一作品初となる鈴木紀代。カップリング曲は自身が作曲を手がけた2002年作品を新たに収録した本格派演歌 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/私の恋/森 進一

    2016/6/15リリース

    私の恋
    森 進一
    通算124枚目、歌手生活50周年を記念するシングル。表題曲は、捨てられた女性の悲しみを歌った演歌。歌い口と曲調は予想外に軽やかで、かえって切なさを感じる仕上がりだ。カップリングの「風の噂」は、離れ離れになった男がかつて愛した女への想いを歌った演歌。森ならではの嘆き節が際立つ。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/森 進一ベストアルバム〜富士山〜/森 進一

    2014/1/22リリース

    森 進一ベストアルバム〜富士山〜
    森 進一
    2014年1月22日リリースのベスト・アルバム。「千の風になって」の新井満の詞曲に千住明のアレンジを施したシングル「富士山」をはじめ、森進一の渾身のヴォーカルが堪能できる楽曲をセレクトした一枚。 (CDジャーナル)

    2,160

    18曲収録

  • アルバム/Love Music/森 進一

    2009/11/25リリース

    Love Music
    森 進一
    J-POPの名曲と演歌のヒット曲をカヴァーしたアルバム。1曲目の「I LOVE YOU」(尾崎豊)が、あの粘っこい歌い込みでピタッと決まっているのにビックリ。ただし他の曲は、少々重すぎるようだ。森を基準にすると、この20年、演歌を含めて歌唱法がリズミックで軽くなっていることがわかる。 (CDジャーナル)

    2,160

    10曲収録

  • アルバム/人生ひたすら/森 進一

    2007/5/23リリース

    人生ひたすら
    森 進一
    歌手人生40周年の記念アルバムに収録した「人生ひたすら」をメインに据えた、歌い手としての森進一の心情がほとばしるようなシングル。“人生ひたすら生きてきた……”、そう歌う彼の声は、たしかに一時の毒々しさから自由になった。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/たずねて小樽/森 進一

    2006/5/17リリース

    たずねて小樽
    森 進一
    森進一の歌手生活40周年記念シングル第2弾のタイトル曲は、演歌の世界ではお馴染みの小樽を舞台にした作品。デビュー当時は絶唱の魅力を押し出していたが、この曲では淡々とした唄い方にその心情がしみじみと伝わってくる。(2)もジンワリ染みる。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/はな/森 進一

    2005/6/1リリース

    はな
    森 進一
    歌手生活40周年の記念シングル。思えば森は、演歌が日本のブルースであることをいち早く認識させた歌手だった。“人生”を“花”をなぞらえたこの歌でも心に鬱積したものをしぼり出すように歌う。なお、カップリングの「秋のホテル」は彼自ら作曲したもの。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/さらば青春の影よ/森 進一

    2004/11/21リリース

    さらば青春の影よ
    森 進一
    「狼たちの遠吠え」で長渕剛とタッグを組んだ森進一が、今度は長戸大幸をプロデューサーに迎えて放つシングル。ZARDの坂井泉水が作詞を手がけていることにも注目。彼だからこそ歌える、哀愁のポップ・サウンド。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/狼たちの遠吠え/森 進一

    2003/12/17リリース

    狼たちの遠吠え
    森 進一
    これまで吉田拓郎(「襟裳岬」)、大瀧詠一(「冬のリビエラ」)といったポップス系のアーティストによる楽曲をヒットさせてきた森進一。今作は長渕剛が作詞・作曲、長渕ファンも必聴。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/哀の河/森 進一

    2003/6/20リリース

    哀の河
    森 進一

    514

    2曲収録

  • アルバム/運河/森 進一

    2002/10/23リリース

    運河
    森 進一

    514

    2曲収録

森 進一のおすすめ着信音 58 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ