36.5℃(リマスター)/中島みゆき

アルバム

36.5℃(リマスター)

中島みゆき

2018/5/2リリース

9曲収録

86年11月12日発売アルバムの再発。プロデューサーに甲斐よしひろを迎え、初めてニューヨークでミックス・ダウンを敢行した新展開の作品。「白鳥の歌が聴こえる」などを収録。 (CDジャーナル)

2,000

再生時間:43分52秒 / コーデック:AAC(320Kbps)

ファイルサイズ:107.15 MB

収録曲

中島みゆきの他のアルバム アルバム一覧

  • アルバム/夜を往け(リマスター)/中島みゆき

    2018/5/2リリース

    夜を往け(リマスター)
    中島みゆき
    90年6月発売のアルバムを再発。90年代の第1弾で、全曲とも作詞/曲は本人、アレンジは瀬尾一三が手掛けたもの。時空を自由に往復するような楽曲がリスナーの想像力をかき立てる。 (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録

  • アルバム/回帰熱(リマスター)/中島みゆき

    2018/5/2リリース

    回帰熱(リマスター)
    中島みゆき
    89年11月に発売されたアルバムを再発。多くの歌手に提供した曲を自ら歌ったセルフ・カヴァー集。後藤次利と筒見京平の作曲した作品もあり、それがアルバムに一味違った色彩を与えている。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/グッバイ ガール(リマスター)/中島みゆき

    2018/5/2リリース

    グッバイ ガール(リマスター)
    中島みゆき
    88年の作品を再発したもの。全曲のアレンジを瀬尾一三が手掛けた、2人のコラボレーション第1作目。以後の90年代のサウンドを決定した作品でもある。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/中島みゆき(リマスター)/中島みゆき

    2018/5/2リリース

    中島みゆき(リマスター)
    中島みゆき
    88年3月に発売されたアルバムを再発。2曲で久石譲がアレンジを担当しているほかはすべて椎名和夫。7曲目は甲斐よしひろの作曲で、音楽的に新装した中島みゆきの誕生をみることができる。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/miss M.(リマスター)/中島みゆき

    2018/4/4リリース

    miss M.(リマスター)
    中島みゆき
    85年11月7日発売のアルバムを再発。当時の最新コンピュータ・テクノロジーを大胆に採り入れた意欲作で、「あしたバーボンハウスで」「ノスタルジア」「肩に降る雨」ほかを収録。 (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録

  • アルバム/御色なおし(リマスター)/中島みゆき

    2018/4/4リリース

    御色なおし(リマスター)
    中島みゆき
    85年4月17日発売アルバムの再発。新進ミュージシャンとコラボレートして「すずめ」「海と宝石」「かもめはかもめ」などの楽曲に新たな生命を吹き込んだ、セルフ・カヴァー集第2作目。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/はじめまして(リマスター)/中島みゆき

    2018/4/4リリース

    はじめまして(リマスター)
    中島みゆき
    オリジナル発売日84年10月24日のアルバムを再発。「ひとり」「彼女によろしく」「はじめまして」など、彼女のこの後の作品を予感させる曲を多く含んだ重要な作品である。 (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録

  • アルバム/予感(リマスター)/中島みゆき

    2018/4/4リリース

    予感(リマスター)
    中島みゆき
    83年3月5日発売アルバムの再発。言葉の持つインパクトと洗練されたサウンドおよび写真集のようなジャケットが融合した、初期の最高傑作。ラスト・トラックは今聴いてもジンとくる。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/寒水魚(リマスター)/中島みゆき

    2018/4/4リリース

    寒水魚(リマスター)
    中島みゆき
    82年3月21日発売アルバムの再発。フォークという母体が前作で“臨月”になって生まれた作品で、今でもカラオケなどで若い人たちにも歌い続けられている名曲「悪女」を収録。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/臨月(リマスター)/中島みゆき

    2018/3/7リリース

    臨月(リマスター)
    中島みゆき
    81年3月5日発売アルバムの再発。ポップなサウンドと軽やかめの歌が中島みゆきの新しいアプローチを感じさせる作品。当時ラジオでよく耳にした名曲「ひとり上手」を収録した名盤だ。 (CDジャーナル)

    2,000

    9曲収録

  • アルバム/生きていてもいいですか(リマスター)/中島みゆき

    2018/3/7リリース

    生きていてもいいですか(リマスター)
    中島みゆき
    これほどまでにインパクトの強いタイトルはほかに類を見ない80年発表の作品。生きることの尊さ、素晴らしさを伝える、みゆきならではの強いメッセージが聴き手に届くアルバムだ。 (CDジャーナル)

    1,800

    8曲収録

  • アルバム/おかえりなさい(リマスター)/中島みゆき

    2018/3/7リリース

    おかえりなさい(リマスター)
    中島みゆき
    79年に発表された初めてのセルフ・カヴァー集。自作への思いが込められたアルバム・タイトルどおり、あらためて歌い上げたナンバーは、研ナオコ、桜田淳子、加藤登紀子などに提供した作品たちだ。 (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録