オオカミ少女と黒王子

ウソから始まる、人生最初のホンキの恋。

全16巻累計540万分を突破した大ヒット少女コミック「オオカミ少女と黒王子」ついに実写化。
彼氏がいるふりをしている“オオカミ少女”と学校イチのイケメンなのに最強ドSな“黒王子”のウソから始まるラブストーリー。
主題歌:back number 「僕の名前を」配信中!

主題歌・挿入歌ほか配信中!

映画情報

  • 2016年5月28日(土)
    全国ロードショー

    予告ムービー

    INTRODUCTION

    全16巻累計550万部を突破した大ヒット少女コミック!『ヒロイン失格』『ストロボ・エッジ』に続く実写映画化!!
    理想のカレを演じてもらう条件は、ドS王子への絶対服従!?ウソから始まる、人生最初のホンキの恋。


    高校1年生の篠原エリカは、彼氏いない歴=年齢なのに、恋愛経験豊富な友だちに見栄を張り、彼氏がいるふりをしている“オオカミ少女”。

    友だちに疑われた彼女は、街で盗撮したイケメンの写真を見せて自分の彼氏だと言い張り、その場をしのぐ。

    ところがその彼が、同じ学校に通う学校イチのイケメン、佐田恭也だと発覚! 事情を打ち明けると、彼氏のふりをしてくれるという優しい恭也に、エリカは「王子様みたい…!」と大感激。

    しかし実はドSな面を持つ“黒王子”が出した条件は、エリカが恭也に“絶対服従”することだった!!

    不器用だけれどまっすぐで天真爛漫なエリカと、俺様発言連発でぶっきらぼうなのに、ピンチのときにはなぜか助けてくれる恭也。

    オオカミ少女のなかで黒王子への思いが大きくなったとき、嘘から始まったふたりの関係が、本物の恋へと変わる……!?

    恋を知らなかった女の子が初めて知った、人を好きになることの楽しさと切なさ。

    ときには心が折れそうになりながらも一途な思いを抱くエリカと、素直な気持ちをうまく言葉にできない恭也が、ぶつかりあいながらもお互いを知っていく。そんな恋愛のキュンキュンがつまった、この春一番のラブストーリー!

    原作は、日本中の女の子が憧れ、ドキドキするシチュエーションで話題の同名コミック。2011年「別冊マーガレット」(集英社)で連載を開始し、既刊16巻にして、累計550万部を突破!『ヒロイン失格』『ストロボ・エッジ』『アオハライド』などに続く待望の実写映画化が実現した。

    エリカを演じるのは、どんな難役も自分のものにしてしまう女優、二階堂ふみ。
    幅広い役柄を演じ、国内外の数々の映画賞を受賞している彼女が、初めて“等身大の女子高生”に! 他愛もない嘘をきっかけに本当の愛に気づいていくヒロインの成長をキュートに演じている。きっと誰もが、彼女を愛さずにはいられなくなるはず。

    名セリフを連発し、原作でも人気を誇るキャラクター・恭也を演じるのは、抜群のルックスと演技力でいま最も女子をときめかせ、ヒット作に欠かせない存在となった山﨑賢人。
    ドSな発言の裏側に優しさをにじませて、ギャップ萌えさせる理想の彼氏を演じ切った。

    二人を取り巻く共演者たちに、 鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、そして菜々緒と、豪華キャストが勢ぞろい。

    本作のメガホンをとるのは、『ストロボ・エッジ』『娚の一生』などこれまでも漫画原作の映画化を手がけ、『余命1ヶ月の花嫁』を始めラブストーリーの演出に定評のある廣木隆一。

    さらに本作の主題歌を、いま10代、20代を中心に絶大な支持を得ているバンド「back number」が担当。
    登場人物の気持ちを切り取るだけではなく、“その後の物語”へとつなげるイメージで書き下ろしたという楽曲が、エリカと恭也の恋を彩っている。

    STORY

    高校1年生のエリカ(二階堂ふみ)は“彼氏いない歴=年齢”なのに、恋愛経験豊富なクラスメイトの手塚(池田エライザ)やマリン(玉城ティナ)たちに見栄を張り、彼氏がいるふりをしている“オオカミ少女”。

    中学時代の親友、さんちゃん(門脇麦)が彼氏のふりをして電話をかけてきてくれるものの、本当に彼氏が存在しているのか、友人たちに疑われている。

    困ったエリカは、街で盗撮したイケメンの写真を見せて自分の彼氏だと言い張り、その場をしのぐことに。ところがその彼が、同じ学校に通う学校イチのイケメン、佐田恭也(山﨑賢人)だと発覚!

    事情を打ち明けると、彼氏のふりをしてくれるという優しい恭也に、エリカは「王子様みたい…!」と大感激。

    しかし実はドSな面を持つ“黒王子”が出した条件は、エリカが恭也に“絶対服従”することだった。その日から、恭也の指令に応えるパシリのような日々がスタートする。

    「やっぱイチから躾が必要だな。」
    「お前は犬で、俺はご主人様。」
    「俺のこと考えて、日々悶々と過ごせ。」


    翻弄されるエリカを見かねたさんちゃんから「本当の彼氏を作ったら?」というアドバイスを受けた頃、声をかけてきたのは、イケメンでプレイボーイの神谷(鈴木伸之)だった。

    恭也の目を盗んで行った楽しいデートの最後に、エリカが「実は恭也は私の彼氏じゃない」と告げると神谷の態度が一変する。神谷は恭也をライバル視しているだけだったのだ。エリカがショックを受けていると恭也が現れ、神谷を殴りつけてエリカを奪ってその場を立ち去る。

    その後も、ドSな俺様発言ばかりの恭也。けれども風邪気味なのに無理をして江ノ島でのデートに付き合ってくれたり、看病しに行くと少しは弱いところを見せ、感謝の言葉を口にしてくれたり……。

    エリカは“黒王子”の奥に見え隠れする優しさに気付き、本気で好きになったと告白する。恭也の親友、健(横浜流星)や恭也の姉、怜香(菜々緒)もエリカの気持ちを認めてエールを送るが、なかなか恭也は心を開かない。

    勇気を振り絞って、最後の告白をするエリカだが、恭也にひどい言葉で傷つけられてしまい、“オオカミ少女”をやめることを決意する。

    そして、恭也と過ごすために自由時間のプランを練っていた神戸への研修旅行の日。マリンたちに本当のことを告げたエリカは、嘘をついていたことを責められ、ひとりぼっちになってしまう。そんな彼女に、一緒に研修旅行の委員をつとめるうち、エリカに惹かれていった日下部(吉沢亮)が声をかけてくれるが……。

    キャスト・スタッフ

    二階堂ふみ 山﨑賢人
    鈴木伸之 門脇麦 横浜流星 池田エライザ 玉城ティナ 吉沢亮
    菜々緒

    原作:八田鮎子作「オオカミ少女と黒王子」(集英社「別冊マーガレット」連載)
    監督:廣木隆一
    脚本:まなべゆきこ
    音楽:世武裕子
    配給:ワーナー・ブラザース映画

    公式サイト

    ■映画『オオカミ少女と黒王子』公式サイト
    http://wwws.warnerbros.co.jp/ookamishojo/

    ■映画『オオカミ少女と黒王子』公式Twitter
    @ookamishojo_m

関連タグ