Offo

Offo

""Offo""とは
「Off Organize」から生まれた造語。 これまでにない新たなオフスタイルを世界に提案するCultureです。

Offoのおすすめシングル 7 シングル一覧

  • シングル/RELIEF/Offo
    RELIEF
    Offo
    Offo初のラブバラードナンバー。恋をし、愛することを学んで大人になったはずの自分…忘れられず、前に進みたいのに進めない…未練がましい男子心の一曲。日を重ねるごとに浮き彫りになってゆく、当時の悲喜こもごも…ポップなピアノサウンドのラブバラードは、孤独で枕を濡らした夜に寄り添ってくれるような一曲となっている。

    261

  • シングル/雨のMonday/Offo
    雨のMonday
    Offo
    夏の終わり…今はもういない…僕から離れていった”君”と過ごした夏。”君”がいる当たり前の日常から離れて気付く温もり、淋しさ、そして切なさ…”雨”や”海”のシチュエーションが思い出させる切なソング。スローテンポでありながらシンセサイザーのポップでミニマルなメロディーと言葉がノスタルジックな風景や情緒とリンクする体育座りして聴きたくなる一曲。

    261

  • シングル/Happy Birthday To.../Offo
    Happy Birthday To...
    Offo
    10秒前のカウントから始まるこの曲は、Offo初の女性リードボーカル曲。誕生日という一年に一度のイベントにふさわしいお祝いムードたっぷりなサウンド。女子ならではの”年”と”歳”をかけた歌詞にも注目。レストランやバーで行われるバースデーサプライズにピッタリ。

    261

  • シングル/NICKY/Offo
    NICKY
    Offo
    夢追い人(アーティスト)が経験するドラマチックな失恋ソング。歯がゆい恋愛事情と掴みたい夢が交差する…現実に対してぶつかる矛先が歌詞を追うごとに変わり、未来への自分のビジョンをビルボードに映し出す様は、まさに夢追い人(アーティスト)には共感できるのではないだろうか。イントロから響くギターのリズミカルなカッティングが自然と身体を揺らし、カーステレオから聴きたくなる一曲に仕上がっている。

    261

  • シングル/もはや天国/Offo
    もはや天国
    Offo
    波がきらめく夏の海にふさわしい爽やかなサウンドと自然と口ずさんでしまうようなコーラスから楽曲は始まる。”これは夏のせいか”、シチュエーションのせいなのか、海辺ではしゃぐ君は何故か輝いて見える。初めは気が乗らなかった僕も”もはや”熱→謎→天国と次々感情が展開される。何かのせいにしようとして疑う気持ちの波と目で見ている景色が重なるような歌詞にも注目してもらいたい。

    261

  • シングル/PRISM/Offo
    PRISM
    Offo
    化粧品CMを思わせるようなどこか懐かしく感じさせるサウンドが特徴的な楽曲。女の子から恋愛相談を受け、ネガティブな女の子に対してポジティブなアドバイスをするが、恋愛をしている彼女はとても煌びやかで美しく見える…まるでプリズム。彼女がそんな顔をしているなら逆に「俺が食べちゃうぞ」と、男らしさも持ち合わせている「俺」の気持ちは誰もが一度は感じたことがあるのではないだろうか。

    261

  • シングル/Bye Hi/Offo
    Bye Hi
    Offo
    女の子を猫に例えて制作された楽曲。マイペースでミステリアス…そしてなぜか引き込まれる魅力を持っている「猫」のような女の子。ちょっぴり切ない夏の終わりを思わせるようなサウンドと、穏やかな風を思わせる心地よいボーカルと寄り添うようなコーラス、そして曲中に現れる猫の鳴き声にも耳を傾けていただきたい。

    261