ハルカトミユキ

ハルカトミユキ

日本の女性フォーク・ロック・ユニット。歌人・ハルカ(vo,g)と奇人・ミユキ(key,cho)のともに1989年生まれの2名で構成。立教大学の音楽サークルで知り合い、結成。2012年にEP『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』でCDデビュー。時代を引き裂く詞世界や中毒性のあるメロディで話題を呼ぶ。2013年に初フル・アルバム『シアノタイプ』でメジャーへ進出。2015年は“毎月新曲発表”のマニフェストを掲げ、2016年は47都道府県ツアーなど活動も精力的。2017年の『溜息の断面図』までアルバム3枚を発表。

ハルカトミユキのおすすめハイレゾ Hi-Res 3 ハイレゾ一覧

ハルカトミユキのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/17才/ハルカトミユキ

    2018/11/14リリース

    17才
    ハルカトミユキ
    ハルカとミユキによる二人組ロック・バンドの初のシングル。MBS/TBSほかで放送のアニメ『色づく世界の明日から』のオープニング・テーマに起用された「17才」、カップリングには彼女たちらしい個性豊かな2曲を収録。 (CDジャーナル)

    1,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    3曲収録

ハルカトミユキのおすすめシングル 94 シングル一覧

ハルカトミユキのおすすめアルバム 10 アルバム一覧

  • アルバム/17才/ハルカトミユキ

    2018/11/14リリース

    17才
    ハルカトミユキ
    ハルカとミユキによる二人組ロック・バンドの初のシングル。MBS/TBSほかで放送のアニメ『色づく世界の明日から』のオープニング・テーマに起用された「17才」、カップリングには彼女たちらしい個性豊かな2曲を収録。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/手紙/ハルカトミユキ

    2017/11/3リリース

    手紙
    ハルカトミユキ

    1,200

    5曲収録

  • アルバム/溜息の断面図/ハルカトミユキ

    2017/6/28リリース

    溜息の断面図
    ハルカトミユキ
    女性デュオ、ハルカトミユキのサード・アルバム。前作から10ヵ月という短いスパンでの発表は、それだけ彼女たちの創作力や意欲が高まっていると思えるが、それを裏付けるように本作は充実している。思いの丈を綴った詞と情熱的な歌唱、芯の太いサウンドが三位一体で迫りくる傑作 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/LOVELESS/ARTLESS/ハルカトミユキ

    2016/8/17リリース

    LOVELESS/ARTLESS
    ハルカトミユキ
    “欠けていても/飾らずに”という意味が込められたタイトルどおり、もがいては前進しているのが生々しく伝わる。とことん表現を追求した末、ハルカの孤高さ、ミユキのポップ・センスが強く噛み合ったセカンド・フル。迷い立ち止まる時に足元を照らしてくれそうな、萌芽と爛熟の間を思わせる一枚だ。★ (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/ハルカトミユキフリーライブ'ひとり×3000'(2015.10.03 at東京日比谷野外大音楽堂)/ハルカトミユキ
  • アルバム/LIFE/ハルカトミユキ

    2015/9/30リリース

    LIFE
    ハルカトミユキ
    『ライフ』と名付けられたセカンド・ミニ・アルバムのテーマは“命”。力が湧いてくるようなメロディアスな楽曲の爽快感、自分らしく生きるのが難しい現代社会にあって、彼女はすべてを肯定する。死生感は個人的なものであり容易に答えは出ないが、そこに立ち向かう彼女は、ただただ凛としている。 (CDジャーナル)

    1,400

    7曲収録

  • アルバム/世界/ハルカトミユキ

    2015/4/22リリース

    世界
    ハルカトミユキ
    女性二人によるアコースティック・ユニットのファースト・ミニ・アルバム。聴き入ってしまう繊細な曲はもちろん、バンド・スタイルにアレンジしたハジけた曲など、これまで以上に幅広さを見せる。ライヴ経験を重ね、殻を破った表現や視点も。アーティストとして進化する現在を形にした一作。 (CDジャーナル)

    1,400

    7曲収録

  • アルバム/そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら。/ハルカトミユキ

    2014/5/28リリース

    そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら。
    ハルカトミユキ
    2012年末にシーンに登場した女性フォーク・デュオの5曲入り。米国のグランジ/オルタナと日本の70年代フォークを同時に摂取したような指向性は本作でも健在。静寂と轟音が交互に訪れ、湿り気を帯びたメロディと激情たぎるシャウトが強烈なインパクトを残す。ヒリヒリした感触の歌詞も刺激的だ。 (CDジャーナル)

    1,000

    5曲収録

  • アルバム/シアノタイプ/ハルカトミユキ

    2013/11/6リリース

    シアノタイプ
    ハルカトミユキ
    ハルカ(vo、g)とミユキ(key、cho)からなる女性デュオの初フル・アルバム。森田童子やニルヴァーナが共通のフェイヴァリットということからもわかるとおり、フォーク、グランジなどを取り入れた独自の演奏が聴きものだ。いい意味で頑固さがあり、ヴォーカルや歌詞も含めてすでに個性が確立されている。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/嘘ツキ/ハルカトミユキ

     

    嘘ツキ
    ハルカトミユキ

    750

    3曲収録

ハルカトミユキのおすすめ着信音 60 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ