サーカス

サーカス

1978年に叶正子、高、央介の姉弟と従姉妹の卯月節子の4人組コーラス・グループとしてシングル「Mr.サマータイム」でデビュー。洗練されたコーラス・ワークと大人の雰囲気の曲調と、CMソングとして放送されてこともあり大ヒット。その後も「アメリカン・フィーリング」などのヒットを放つ。映画やTVの主題歌をうたったり、幅広い活動を展開。メンバー・チェンジを経ながらも実力派コーラス・グループとして人気を堅持している。

サーカスのおすすめハイレゾ Hi-Res 24 ハイレゾ一覧

サーカスのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 2 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/POP STEP 40 〜Futur/サーカス

    2018/4/25リリース

    POP STEP 40 〜Futur
    サーカス
    デビュー40周年を記念したアルバム。マシコタツロウ、松井五郎らが参加した新曲に加え、歴代メンバー7人で新録した「Mr.サマータイム(2018)」をボーナストラックとして収録している。 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    11曲収録

  • ハイレゾアルバム/絆 〜KIZUNA〜/サーカス

    2007/10/3リリース

    絆 〜KIZUNA〜
    サーカス

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

サーカスのおすすめシングル 187 シングル一覧

サーカスのおすすめアルバム 12 アルバム一覧

  • アルバム/POP STEP 40 〜Futur/サーカス

    2018/4/25リリース

    POP STEP 40 〜Futur
    サーカス
    デビュー40周年を記念したアルバム。マシコタツロウ、松井五郎らが参加した新曲に加え、歴代メンバー7人で新録した「Mr.サマータイム(2018)」をボーナストラックとして収録している。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/サーカス1/サーカス

    2013/4/10リリース

    サーカス1
    サーカス
    4人組ヴォーカル・グループ、サーカスが1978年に発表した1stアルバム。同年のカネボウのCMに起用され、大ヒットを記録した「Mr.サマータイム」ほか、日本のシティ・ポップス史を語る上で欠かせない名曲が並んでいる。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/ニュー・ホライズン/サーカス

    2013/4/10リリース

    ニュー・ホライズン
    サーカス
    3人姉弟と従姉で結成されたヴォーカル・グループ、サーカスの2ndアルバム。坂本龍一をはじめ、細野晴臣、高橋幸宏、鈴木茂、村上ポンタ秀一などがバックアップし、男女混合コーラスとして最高峰のハーモニーを聴くことができる。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/絆 〜KIZUNA〜/サーカス

    2007/10/3リリース

    絆 〜KIZUNA〜
    サーカス

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/Sound Circus -HeartV-/サーカス

    2005/7/6リリース

    Sound Circus -HeartV-
    サーカス
    日本を代表するコーラス・グループから届いた2005年夏のアルバムは、その気配りがうれしくなる暑中見舞いのようだ。ラテンや琉球タッチの作品にも気品があり、人生や現実を見つめた歌にさえ清涼感がある。光降り注ぐヴァージョンに仕上げた山口百恵の(7)も見事。 (CDジャーナル)

    2,100

    15曲収録

  • アルバム/たったひとつの言葉/サーカス

    1991/9/25リリース

    たったひとつの言葉
    サーカス
    あの名曲「ミスター・サマータイム」の洗練さを憶えているだろうか。N.Y/TOKYOでセッションされたサーカスのニュー・アルバムは日野皓正が全面プロデュース。相変わらず美しいコーラスとロマンスあふれるメロディ、歌詞をじっくり、どうぞ。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/FASCINATION/サーカス

    1989/5/1リリース

    FASCINATION
    サーカス

    2,100

    9曲収録

  • アルバム/WINTER ALBUM/サーカス

    1988/11/25リリース

    WINTER ALBUM
    サーカス
    洗練された歌謡コーラスと和製ポップスとが心憎いまで融合したサーカスならではの、冬の夜の冷え冷えとしたひとり寝の哀しさに温風を送るコーラス。カヴァー曲とオリジナル曲を折り混ぜて(『A LITTLE LIE』から2曲)優しくいたわってくれる。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/WOMAN IN LOVE/サーカス

    1988/6/1リリース

    WOMAN IN LOVE
    サーカス
    ハウスもののカッコよさがけっこうハマッてるのは意外といえば意外だが、楽曲自体がさすがに粒ぞろいだから当然といえば当然か。昔よりぐっといなたくなってるところがポイントでしょうね。この人たち独特のサービス精神が随所で発揮されているってこと。 (CDジャーナル)

    2,100

    9曲収録

  • アルバム/A LITTLE LIE/サーカス

    1987/12/5リリース

    A LITTLE LIE
    サーカス
    コーラス・グループのサーカスは健在です。レノン&マッカートニーの(1)をア・カペラで聞かせ、ニール・ラーセン作曲の(9)があったりコーラス・グループならではの音楽づくりをしています。洒落た雰囲気を出そうとして、アカ抜けないところが魅力です。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/サーカス  アルファミュージック編  1978〜1980/サーカス

    1986/11/21リリース

    サーカス アルファミュージック編 1978〜1980
    サーカス

    2,900

    40曲収録

  • アルバム/Fun House Years Collection/サーカス

     

    Fun House Years Collection
    サーカス

    2,100

    14曲収録

サーカスのおすすめ着信音 42 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ