Jin-Machine『Re≒BorN』配信開始記念!
プレゼントキャンペーン

Jin-Machine『Re≒BorN』配信開始記念!</br>プレゼントキャンペーン


仙台発5人組お笑いヴィジュアル系バンドJin-Machineのミニアルバム『Re≒BorN【SPECIAL EDITION】』をmysound独占配信!2018年11月10日に発売されたMINI ALBUM『Re≒BorN』が、配信特別盤となって登場!

既にCDで販売されている『Re≒BorN』は【TYPE-A】、【TYPE-B】の2形態。それぞれ違う楽曲が収録。【TYPE-A】のみに収録されている「Dancing on the fire」、【TYPE-B】のみに収録されている「Fire Love」の全曲が揃うアルバムは配信盤のみ。また、2019/1/16(水)から2019/4/15(月)までは期間限定で貴重なライブ音源「ゴリラ(平民vs国民 ver.)」「マグロに賭けた男たち(平民vs国民 ver.)」「売れたくて(平民vs国民 ver.)」を含む全10曲入りのmysoundだけの限定豪華仕様の商品となります!


また今回、Jin-Machineのミニアルバム『Re≒BorN【SPECIAL EDITION】』をお買い求めいただいた方の中から抽選で10名様に、ダウンロード購入者特典として「サイン入りチェキ」をプレゼント!下記応募フォームより是非ふるってご応募ください。

キャンペーン対象商品

Jin-Machine
『Re≒BorN【SPECIAL EDITION】』


mysoundのみアルバム購入特典として限定トラック3曲(※ライブ音源)をご用意しました!(※アルバムの限定トラックのため、単曲でのご購入はできません)
4月15日 23:59までの期間限定、対象期間後は特典無しの7曲となります。

―収録曲―
01. 昆虫すごいぜ!
02. かぞくのハードコア
03. グリーンデイズ
04. はじまりは今
05. 五星戦記 Lucifer's Dimension 主題歌「近未来Brightest」
06. Dancing on the fire
07. Fire Love
08. ゴリラ(平民vs国民 ver.) ※mysound限定
09. マグロに賭けた男たち(平民vs国民 ver.) ※mysound限定
10. 売れたくて(平民vs国民 ver.) ※mysound限定

※08~10は【TYPE-A】に収録されているDVDのライブ音源になります。

  • アルバム/Re≒BorN【SPECIAL EDITION】/Jin-Machine
    Re≒BorN【SPECIAL EDITION】
    Jin-Machine

    ニューミニアルバム『Re≒BorN』配信盤。期間限定で貴重なライブ音源を追加した【SPECIAL EDITION】!!(配信期間:2019/1/16(水) 00:00 ~ 2019/4/15(月) 23:59まで)

    • アルバム
    • 10曲収録
  • ※ダウンロード期限に関しまして、下記注意事項をご確認ください。

    こちらは配信期間限定の商品となります。期限を過ぎますと 購入・ダウンロード(再ダウンロードも含む)ともにできなくなりますのでご注意ください。

ダウンロード購入者特典

†応募期間†
2019年1月16日(水)~2月20日(水)23:59

†対象作品†
Jin-Machine
『Re≒BorN【SPECIAL EDITION】』
※アルバム購入者が対象になります。単曲購入のご応募は無効となります。

†特典†
Jin-Machine「サイン入りチェキ」

†応募方法†
「応募する」ボタンより購入者特典応募フォームを入力の上ご応募ください。「4.今回応募したいキャンペーン名」は、必ず以下のようにご記入ください。

※4.今回応募したいキャンペーン名
「Jin-Machineチェキ」


  • 応募の際は購入時と同じアカウントでログインしてください。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。発送は3月中を予定しています。

    ―個人情報について―

    1)個人情報保護方針
    当サイトの個人情報保護方針については、こちらをご覧下さい。

    2)個人情報の取り扱いについて
    本企画の抽選・プレゼント発送に限り使用します。当選されたお客様分を含め、発送完了後は速やかに削除します。

    3)お問い合わせ窓口
    個人情報に関するご質問は、当サイト内の「ご案内・お問い合わせ」ページ下部よりお問い合わせ下さい。

mysound特別対談!
鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)との特別対談

1月下旬から開催される「クズ野郎達の傷の舐め合い思い出作りツアー」でのゴールデンボンバーとJin-Machineの対バン決定を記念して、両バンドのフロントマン対談が実現!“笑い×ヴィジュアル系”を追求する彼らの出会いから、売れる法則、これからのヴィジュアル系まで、大いに語り尽くします。


対談記事は
こちらをクリック

PROFILE

自称「日本一おもしろいヴィジュアル系バンド」を公言するの仙台発5人組お笑いヴィジュアル系バンド。
featuring16の提案で2006年頃活動開始。度重なるメンバーチェンジを経て現メンバーとなる。高い演奏力を持ったバンドとしてヴィジュアル系のジャンルに籍を置きながらも、LIVE(本人達はミサと呼ぶ)においては、お笑いネタやアニメ、オタクの要素を取り入れたエンターテイメント性あふれる舞台を展開。近年では“プログレ感”と“ボケ”を同居させた新ジャンル“コミックプログレッシブロック”を展開。幅広い音楽的造詣に基づいた多彩な楽曲アプローチ(ロック、メタル、プログレッシブロック、パンク、ポップ、ボサノバ、ジャズ、レゲエ、演歌、etc)は唯一無二の存在。独特な着眼点と発想力で毎回リスナーを笑いの渦に巻き込んでいる。

■Jin-Machine Official HP
jin-machine.net

■Jin-Machine Official Twitter
@jin_mastaff

■Jin-Machine facebook
@JinMachineOfficial

■Jin-Machine YouTube
Jin-Machine official ch


mysound アーティストページ



▲ページ上部へ戻る