back number作品集

back number作品集

今や国民的バンドとして地位を確立したback numberは清水依与吏(Vo&Gt)、小島和也(Ba)、栗原寿(Dr)によるスリーピースロックバンド。躍動感あふれるリズムと、エモーショナルな歌でファンを魅了。日常の幸せを共感できる曲から切ないラブソングまで、彼らの人気曲、過去アルバムを紹介していきます!

NEW RELEASE

  • アルバム/大不正解/back number
    大不正解
    back number

    前作「瞬き」から約8ヵ月ぶりとなる、2018年8月22日リリースの18thシングル。蔦谷好位置がプロデュースを手がけた表題曲は、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』主題歌。映画の世界観にリンクしたテンションの上がるアッパー・チューンだ。 (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 6曲収録

人気曲

  • 瞬き/back number
    瞬き
    back number

    映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」主題歌

    • シングル
    • アルバム
    • 着うた®
    • 着メロ
  • 高嶺の花子さん/back number
    高嶺の花子さん
    back number

    プロデューサー蔦谷好位置と彼らが初めてタッグを組んだアップテンポなナンバー

    • シングル
    • アルバム
    • 着うた®
    • 着メロ
  • クリスマスソング/back number
    クリスマスソング
    back number

    フジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」主題歌

    • シングル
    • アルバム
    • 着うた®
    • 着メロ
  • ヒロイン/back number
    ヒロイン
    back number

    小林武史をプロデューサーに迎えて制作された、臆病な恋を歌った切ないラブソング。/JR SKISKI CMソング

    • シングル
    • アルバム
    • 着うた®
    • 着メロ
  • わたがし/back number
    わたがし
    back number

    TBS系テレビ全国ネット「CDTV」7月度オープニングテーマ

    • シングル
    • アルバム
  • 花束/back number
    花束
    back number

    TBS系「CDTV」2011年5月度エンディングテーマ|レコチョク TV-CMソング|フジテレビフラワーネット TV CMイメージソング

    • シングル
    • アルバム
  • 青い春/back number
    青い春
    back number

    フジテレビ系土ドラ「高校入試」主題歌

    • シングル
    • アルバム
  • 恋/back number
    back number

    テレ朝系「musicるTV」3月度EDテーマ/「JAPAN COUNTDOWN」3月度OPテーマ

    • シングル
    • アルバム
    • 着うた®
    • 着メロ

アルバム

  • アルバム/シャンデリア/back number
    シャンデリア
    back number

    2015年12月9日リリースの5thアルバム。フジテレビ系ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』の主題歌「クリスマスソング」やNTTドコモCMソング「手紙」などを収録している。 (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 12曲収録
  • アルバム/ラブストーリー/back number
    ラブストーリー
    back number

    「高嶺の花子さん」「fish」、「繋いだ手から」他全12曲を収録!!

    • アルバム
    • 12曲収録
  • アルバム/blues/back number
    blues
    back number

    前作『スーパースター』から約1年ぶりとなる3rdアルバム。フジテレビ系ドラマ『高校入試』主題歌「青い春」や「恋」「日曜日」「わたがし」といったシングルに加え、映画『今日、恋をはじめます』テーマ・ソング「笑顔」などを含む全12曲を収録。 (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 12曲収録
  • アルバム/スーパースター/back number
    スーパースター
    back number

    清水依与吏を中心に群馬で結成された3ピースのメジャー第1弾。グランジやオルタナの影響を受けたと思しきエッジの利いたギター・サウンドとタイトなリズム隊、そして清水によるどこか懐かしくも哀愁漂うヴォーカル&メロディが、聴き手の心に深く突き刺さる。エレカシ好きにもオススメ。 (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 12曲収録

関連特集