Bravo Brass【8月18日】放送

放送を聴く!

mysound会員になるとアーカイブ放送がすべて無料でダウンロードできる!

mysound会員になる

会員の方はログインしてください

  • OTTAVA BravoBrass 8/18放送分/Bravo Brass
  • ※権利の関係上、一部の音源をカットしています。


    アーカイブ音源の聴き方アーカイブ音源の聴き方
    QRコードでスマホからアクセス!聴きたい放送を選択し、ダウンロードボタンをクリック♪

放送内容

「めぐりあいそら」特集、、部員:月野もあ(仮面女子)

夏は自然に触れ合う機会が多い季節。海、山、湖…そして、空や星々にも目が向きますよね。というわけで、今回は空、星、宇宙にちなんだ曲をお送りします。題して「めぐりあいそら」!
(オザワ部長が大好きな劇場版機動戦士ガ○ダムの第3作目にあたるのだとか)

あなたが聴きたい吹奏楽曲、短くて構いませんので、エピソードや思い入れを添えて番組までお知らせください。ツイッターで「#ottavabb」をつけてつぶやくか、メールで「bb@ottava.jp」に送るか、もしくはオザワ部長のツイッターまでDMをお送りください。

【今週のブラブラな1枚】
今週ご紹介するのは、ワコーレコードからリリースされた土気シビックウインドオーケストラのアルバム《「ブリュッセル・レクイエム」土気シビックウインドオーケストラ VOL.22》です。
毎年1枚のアルバムをリリースしている土気シビックウインドオーケストラですが、今年の1枚となります。スパークの《ハノーヴァーの祭典》や樽屋雅徳作曲《カルペ・ディエム》など10曲が収録されたアルバムなんですが、なんといっても注目は、タイトルトラックにもなっているアッペルモント作曲の《ブリュッセル・レクイエム》という曲です。注目される理由は、精華女子高校吹奏楽部や、北海道北斗市立上磯中学校、そして、宮城県の名取交響吹奏楽団が、今年の吹奏楽コンクールでこぞって自由曲に採用しているからです。中学、高校、職場・一般というそれぞれのカテゴリでトップクラスの成績を収めているバンドの自由曲となります。また、《ブリュッセル・レクイエム》はタイトルのとおり、レクイエム=鎮魂歌です。ベルギーの首都であるブリュッセルで2016年3月22日に発生した連続爆破テロ事件の犠牲者への追悼の曲ということで、悲惨な事件を通じ、平和と希望の思いを表す音楽となっています。ところどころでフランスの童謡《月の光に》が聞こえてくるのが特徴です。

【予告動画】

放送でご紹介した楽曲

M1 吹奏楽のための民謡「うちなーのてぃだ」/龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部
M2 宝島/東京セレーノバスクラリネットアンサンブル【木炭】
M3 TO THE SKY/本多俊之
M4 シェルタリング・スカイ/ルディ・ウィンド・アンサンブル
M5 宇宙の音楽/精華女子高校吹奏楽部
M6 激突流星群/東海大学付属高輪台高校吹奏楽部
M7 シンフォニーNo.5 第二楽章/木管五重奏カラフル
M8 三日月に架かるヤコブのはしご/ブリッツフィルハーモニックウィンズ
M9 フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン/航空自衛隊航空中央音楽隊
M10 見上げてごらん夜の星を/東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテット

Bravo Brassについて

番組へのメールは、こちら!
bb@ottava.jp