Bravo Brass【7月7日】放送分

放送を聴く!

mysound会員になるとアーカイブ放送がすべて無料でダウンロードできる!

mysound会員になる

会員の方はログインしてください

  • OTTAVA BravoBrass 7/7放送分/Bravo Brass
  • ※権利の関係上、一部の音源をカットしています。


    アーカイブ音源の聴き方アーカイブ音源の聴き方
    QRコードでスマホからアクセス!聴きたい放送を選択し、ダウンロードボタンをクリック♪

放送内容

「この演奏、ハンパないって~!」特集、部員:月野もあ(仮面女子)

今週のテーマは、ワールドカップで生まれた名言にちなみ「この演奏、ハンパないって~!」というテーマで、ハンパないすごい演奏をお届けします。
先週から募集を開始したリスナーからのリクエスト曲やたなばたということで酒井格のあの曲もOAします。

あなたが聴きたい吹奏楽曲、短くて構いませんので、エピソードや思い入れを添えて番組までお知らせください。ツイッターで「#ottavabb(ハッシュタグ・オッターバビービー)」をつけてつぶやくか、メールで「bb@ottava.jp」に送るか、もしくはオザワ部長のツイッターまでDMをお送りください。

【今週のブラブラな1枚】
今週ご紹介するのは、プロのサックス奏者・浅利真(あさりまこと)さんのアルバム「ヴォンゴレ!」です。
浅利真さんは、サックスはどれでも演奏されますが、特にバリトンサックスを得意とされているプレイヤーです。さて、この「ヴォンゴレ!」というアルバム・タイトルを見て、パスタ料理を思い出した方、たくさんいらっしゃると思います。このアルバムの1曲目に収録されている曲が《「ヴォンゴレ!」 バリトンサクソフォーンとコンサートバンドのために」》という曲なんです。作曲したのは「やぎりん」こと人気作曲家の八木澤教司さん。実は浅利さんとやぎりんは武蔵野音楽大学の同期生で、浅利さんがやぎりんに委嘱したのがこの曲なんです。やぎりんは、浅利さんの名字から、「浅利」→アサリなどの二枚貝を使ったパスタ料理である「ヴォンゴレ」をタイトルにし、珍しいバリトンサックスのためのコンチェルトを作曲したというわけなんです。3つの楽章を連続して演奏するんですが、それぞれの楽章に「スプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)」「ビアンコ(トマトソースを使わないヴォンゴレ=白)」「ロッソ(トマトソースを使ったヴォンゴレ=赤)」というタイトルがついています。

【予告動画】

放送でご紹介した楽曲

M1 富士山 ~北斎の版画に触発されて/東海大学付属札幌高校吹奏楽部
M2 たなばた/作新学院高校吹奏楽部
M3 アウディヴィ・メディア・ノクテ/精華女子高校吹奏楽部
M4 「ノートルダムの鐘」より/伊奈学園総合高校吹奏楽部
M5 「ヴォンゴレ!」バリトン・サクソフォーンとコンサートバンドのために(浅利真)/浅利真
M6 秘儀II ~7声部の管楽オーケストラと4人の打楽器奏者のための~/藤村女子中学・高校吹奏楽部
M7 オーバード・ストリーム/青梅市立第六中学校吹奏楽部
M8 ウインドオーケストラのためのマインドスケープ/神奈川大学吹奏楽部
M9 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」/大阪桐蔭高校吹奏楽部

Bravo Brassについて

番組へのメールは、こちら!
bb@ottava.jp