【mysound先行配信】ヤマハ吹奏楽団『ヤマハのオト~奏でる匠のオト~I・II』、配信開始!

【mysound先行配信】ヤマハ吹奏楽団『ヤマハのオト~奏でる匠のオト~I・II』、配信開始!

奏者自身が楽器づくりに携わる“匠のバンド”ヤマハ吹奏楽団と、2007年より常任指揮者に就任したサクソフォン奏者、須川展也によるアルバム2作品について、配信を開始しました。全日本吹奏楽コンクールでの金賞受賞33回、楽器を愛するヤマハの匠達ならではの、心に響く名演。吹奏楽ファン必聴です。

mysound先行配信

  • ヤマハ吹奏楽団『ヤマハのオト~奏でる匠のオト~II』指揮: 須川展也

    須川展也指揮による「奏でる匠のオト」第2弾となるアルバム。今作では、アルフレッド・リードの「エル・カミーノ・レアル」、そして東京佼成ウインドオーケストラで数々の名演を残した須川展也渾身の「フランス組曲」、さらにヤマハ吹奏楽団の委嘱によりパイプオルガンも加えられ壮大に生まれ変わった「サウンド・オブ・ミュージック」、須川展也の委嘱作品から、真島俊夫の名曲「シーガル」と、ポールマッカートニーの「マイ・ラブ」を、吹き振りによる見事な演奏でまとめ上げた、全6曲(約67分)を収録。

  • アルバム/ヤマハのオト 〜奏でる匠のオト〜 II/ヤマハ吹奏楽団
    ヤマハのオト 〜奏でる匠のオト〜 II
    ヤマハ吹奏楽団

    「全日本吹奏楽コンクール」最多金賞受賞記録を保持し、50年以上の歴史を持つ「ヤマハ吹奏楽団」の「奏でる匠のオト」第2弾となるアルバム

    • アルバム
    • 12曲収録
  • ヤマハ吹奏楽団『ヤマハのオト~奏でる匠のオト~II』指揮:須川展也

    奏者自身が楽器づくりに携わる“匠のバンド”ヤマハ吹奏楽団と、2007年から常任指揮者に就任した国際的サクソフォン奏者の須川展也による待望の初アルバム。今作は、同団の委嘱作品の中から「天頂の恋」、「アイ・ガット・リズム 変奏曲」に加えて、須川展也独奏による「日本民謡による狂詩曲」(初収録)や、「交響詩 ローマの祭り」など全5曲を収録。

  • アルバム/ヤマハのオト 〜奏でる匠のオト〜I/ヤマハ吹奏楽団
    ヤマハのオト 〜奏でる匠のオト〜I
    ヤマハ吹奏楽団

    奏者自身が楽器づくりに携わる“匠のバンド”ヤマハ吹奏楽団と、2007年から常任指揮者に就任した国際的サクソフォン奏者の須川展也による待望の初アルバム

    • アルバム
    • 8曲収録

楽譜購入はこちらから

楽譜アイコン「アイ・ガット・リズム」変奏曲
『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~I』収録曲(M3)
→楽譜購入サイトへ
楽譜アイコンエリオトロピスム~光に向かうこころ(コンクール・エディション)
ヤマハ吹奏楽団、2016年全日本吹奏楽コンクール金賞受賞委嘱作品
→楽譜購入サイトへ
楽譜アイコンサウンド・オブ・ミュージック 第1部
『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~ II』収録曲(M10)
→楽譜購入サイトへ

ヤマハ吹奏楽団 プロフィール ~メンバーは楽器づくりの匠たち~

1961年に創部したヤマハ吹奏楽団は、ヤマハ株式会社およびヤマハグループの従業員によって構成され、楽団員はヤマハの管楽器やピアノづくり、電子楽器の設計などに携わっています。なかには自身で製作した楽器を演奏する団員もおり、まさに楽器を知り尽くした『匠の集団』ともいえます。
主な活動は浜松市を拠点とした演奏活動の他に、毎年新曲を委嘱しこれまでに70曲以上の新たな吹奏楽レパートリーを提供し続けています。また、2016年には「全日本吹奏楽コンクール」において全部門最多となる33回目の金賞を受賞するほか、2017年には東京と大阪において単独公演開催やCD『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~Ⅱ』をリリースしています。なお永年にわたるこれらの活動に対し、1995年に第34回静岡文化奨励賞、2010年に第20回日本管打・吹奏楽アカデミー賞を受賞し、日本の吹奏楽界のなかでも半世紀を越える歴史をもつ吹奏楽団として精力的に活動しています。

ヤマハ吹奏楽団(1)
ヤマハ吹奏楽団(2)
ヤマハ吹奏楽団(3)
ヤマハ吹奏楽団(4)
ヤマハ吹奏楽団(5)
ヤマハ吹奏楽団(6)
ヤマハ吹奏楽団(7)
ヤマハ吹奏楽団(8)
ヤマハ吹奏楽団(9)
ヤマハ吹奏楽団(10)

須川展也 プロフィール (サクソフォン奏者 / ヤマハ吹奏楽団常任指揮者)

須川展也日本が世界に誇るサクソフォン奏者。東京藝大卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。トルヴェール・クヮルテットのメンバー、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、静岡市清水文化会館音楽アドヴァイザー&マリナート・ウインズ音楽監督。東京藝大招聘教授、京都市立芸術大学客員教授。

関連楽曲

関連リンク