新世代JAZZ ~ジャズ界の未来を担うアーティスト~

新世代JAZZ ~ジャズ界の未来を担うアーティスト~

CMやTV番組などでジャズの曲を耳にする機会が増え、日本でも身近な音楽として浸透してきたジャズ。世界で活躍する才能溢れるジャズマンが日本からも続々と誕生しています。そんなジャズ界の未来を担う注目のアーティストをご紹介いたします!

J-Squad(ジェイスクワッド)


  • 2016年4月よりリニューアルしたテレビ朝日系『報道ステーション』のテーマ曲を手掛けるために結成された、スペシャル・バンド“J-Squad”(Jスクワッド)。
    20~30代の若手ながら、現在ニューヨークのシーンの最前線で活躍しているミュージシャンで構成。USブルーノート・レーベル初の日本人アーティストとしてメジャー・デビューを飾り、9月にはコンコード移籍作『ジグザガー』のリリースした黒田卓也(tp)、現在ホセ・ジェイムズのバンドのレギュラー・メンバーであり、若手ジャズ・ピアニストの登竜門であるジャクソンヴィル・ジャズ・ピアノ・コンペティションで見事優勝した大林武司(p, key)、大林と共に日米混合バンド“ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット”の中核を成す中村恭士(b)、スナーキー・パピーやバンダ・マグダのメンバーとしても活躍する小川慶太(ds, per)、そしてバークリー音楽大学在学中に3度にわたり優秀賞を受賞した気鋭の馬場智章(ts)というメンバー。

  • PICK UP!

  • スターティング・ファイヴ (ロング・ヴァージョン)/J-Squad
    スターティング・ファイヴ (ロング・ヴァージョン)
    J-Squad

    テレビ朝日系『報道ステーション』テーマ曲

    • ハイレゾ
    • ハイレゾアルバム
    • シングル
    • アルバム
  • アルバム

  • アルバム/J-Squad/J-Squad
    J-Squad
    J-Squad

    • アルバム
    • 14曲収録
  • アルバム/J-Squad/J-Squad
    J-Squad
    J-Squad

    • ハイレゾアルバム
    • 14曲収録

桑原あい×石若駿(クワバラアイ イシワカシュン )


  • 国内外のアーティストと数多くの共演を果たし、人気・実力ともに若手 No.1との呼び声も高いジャズ・ピアニスト桑原あいと、ジャズ・ドラマー石若駿による、ピアノとドラムだけのデュオ。
    2017年4月からスタートしたテレビ朝日系「サタデーステーション」&「サンデーステーション」オープニング・テーマに起用されており、今注目の若手アーティスト。
    2017年11月8日には、コンセプト・アルバム『Dear Family』をリリース。

  • PICK UP!

  • Dear Family (TV Version)/桑原あい/石若 駿
    Dear Family (TV Version)
    桑原あい/石若 駿

    テレビ朝日系「サタデーステーション」&「サンデーステーション」オープニング・テーマ

    • シングル
  • アルバム/Dear Family/桑原あい/石若 駿
    Dear Family
    桑原あい/石若 駿

    現在、日本のジャズ界においてもっとも注目を集めている若手ジャズ・ピアニストとジャズ・ドラマー二人による、躍動感溢れるコンセプト・アルバム!テレビ朝日系報道番組「サタデーステーション」&「サンデーステーション」のオープニング・テーマ含む全13曲収録。

    • アルバム
    • 13曲収録
  • アルバム/Dear Family/桑原あい/石若 駿
    Dear Family
    桑原あい/石若 駿

    "現在、日本のジャズ界においてもっとも注目を集めている若手ジャズ・ピアニストとジャズ・ドラマー二人による、躍動感溢れるコンセプト・アルバム!テレビ朝日系報道番組「サタデーステーション」&「サンデーステーション」のオープニング・テーマ含む全13曲収録。

    • ハイレゾアルバム
    • 13曲収録
  • こちらもオススメ

  • アルバム/Somehow, Someday, Somewhere/Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Lee
    Somehow, Someday, Somewhere
    Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Lee

    伝統を尊びジャズを進化させるピアニストが2年ぶりに放つ5枚目。スティーヴ・ガッドとウィル・リーを迎えた最強トリオによるNY録音は世界品質のジャズを組成、異次元への飛翔を可能にした。真摯に曲と向き合い、内なる自分を顕在化した本気度120%の秀作 (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 9曲収録
  • アルバム/Somehow, Someday, Somewhere/Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Lee
    Somehow, Someday, Somewhere
    Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Lee

    伝統を尊びジャズを進化させるピアニストが2年ぶりに放つ5枚目。スティーヴ・ガッドとウィル・リーを迎えた最強トリオによるNY録音は世界品質のジャズを組成、異次元への飛翔を可能にした。真摯に曲と向き合い、内なる自分を顕在化した本気度120%の秀作 (CDジャーナル)

    • ハイレゾアルバム
    • 9曲収録
  • 関連特集

  • mysound …
    mysound SPECIAL INTERVIEW!! 桑原あい
    新進気鋭のジャズピアニスト、重鎮二人を迎えた作品発表!

黒田卓也(クロダタクヤ)


  • 12歳からトランペットを始め、中・高・大学を通してビッグ・バンドに所属。16歳から神戸や大阪のジャズ・クラブでの演奏活動をスタート。2003 年に渡米し、ニューヨークのニュースクール大学ジャズ課に進学。在学中からニューヨークの有名クラブに出演。 卒業後もニューヨーク・ブルックリンを拠点に国内外で、ジャズのみならずさまざまなジャンルで活動。JUJU、Orange Pekoe、ホセ・ジェイムズなどのアルバムにアレンジャーやプレイヤーとして参加。2010年に初のリーダー作『Bitter & High』を発表。2011年にリリースした2ndアルバム『Edge』が全米ラジオチャートの3位にランクインし大絶賛される。 2013年6月には3rdアルバム『Six Aces』を発売。2014年、USブルーノート・レーベルよりホセ・ジェイムズのプロデュースでアルバム『ライジング・サン』でメジャー・デビューを果たす。
    自身のソロ活動に加えて、ホセ・ジェイムズやDJプレミアのバンドやアコヤ・アフロビート・アンサンブルでも活躍。日本では、大和証券グループのTVCM「PLAYNG FOR CHANGE」への出演や、NY在住の日本人ジャズ・ミュージシャンによって結成されたスペシャル・バンド「J Squad」のメンバーとしてテレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲を手掛けたことでも話題を集めている。

  • PICK UP!

  • Rising Son/黒田卓也
    Rising Son
    黒田卓也

    • シングル
    • アルバム
  • アルバム

  • アルバム/Rising Son/黒田卓也
    Rising Son
    黒田卓也

    • アルバム
    • 10曲収録
  • アルバム/Zigzagger/黒田卓也
    Zigzagger
    黒田卓也

    • アルバム
    • 11曲収録
  • アルバム/Zigzagger/黒田卓也
    Zigzagger
    黒田卓也

    • ハイレゾアルバム
    • 11曲収録
  • 関連アルバム

  • アルバム/MISIA SOUL JAZZ SESSION/MISIA
    MISIA SOUL JAZZ SESSION
    MISIA

    SOUL JAZZをコンセプトにミニアルバムをリリース!トランペッター黒田卓也氏率いるジャズバンドを率いて、新曲+セルフカバー曲を計8曲収録!

    • アルバム
    • 9曲収録

天平&真央樹(テンペイアンドマオキ)


  • 来年で活動10周年を迎える中村天平がソロでもない、バンドでもない、個と個のぶつかり合う、新規プロジェクトを始動!
    中村天平が限界を更に超えるために選んだ相手は、若きモンスタードラマーの山本真央樹。
    二人が、自らの限界を更に超えた先に見ている「音」を追求するデュオ・プロジェクト。

  • PICK UP!

  • 火の鳥/天平&真央樹
    火の鳥
    天平&真央樹

    • シングル
    • アルバム
  • アルバム

  • アルバム/kaleidoscope/天平&真央樹
    kaleidoscope
    天平&真央樹

    来年デビュー10周年を迎える異色のピアニストと、モンスターの異名を持つドラマーのインスト・ユニットの1枚目。千手観音を思わせる音数の多さと超絶技巧に圧倒的なパワー。二人のアンサンブルは壮絶にして美麗。タイトルの万華鏡以上に眩く、エキサイティングだ (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 10曲収録
  • 関連特集

  • ピアノ×…
    ピアノ×ドラムの最強デュオ 天平&真央樹
    1st アルバム「kaleidoscope」を引っ提げ、初のライブツアー!

Lotus Land(ロータスランド)


  • 2013年結成。Nu Disco / Nu Jazz / Deep Houseを軸に、珠玉のクラブDJを生演奏で再現したようなgood soundでフロアを揺らすトリオバンド。earth garden、Freedom Sunset、Circus 0(鳥取)、秘境祭など多くのフェスにも出演し、自主企画【DISCOPIA vol.1】ではCRO-MAGNON、toconoma、SENKAWOS等と共演した。2015年7月に初の全国流通盤となる1stアルバム 『Lotus Land』をリリース、2016年9月に2ndアルバム『SUNRISE』をリリースし、主要CDショップJAZZチャートで軒並みチャートインを果たす。
    3rdアルバム『3&3』を9月6日にビクターよりリリース。

  • PICK UP!

  • Nordic Forest/Lotus land
    Nordic Forest
    Lotus land

    • シングル
    • アルバム
  • アルバム

  • アルバム/3&3/Lotus land
    3&3
    Lotus land

    鍵盤、ベース、ドラムの男性3人編成インスト・バンドによるサード・アルバム。きらびやかなシンセがJ-POP風のメロディを奏でる「Liberty World」、フュージョン、ファンクのテイストを織り交ぜた「Nordic Forest」など、ドラマティックな旋律と質の高いアンサンブルを共存させた楽曲が並ぶ (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 10曲収録
  • アルバム/SUNRISE/Lotus land
    SUNRISE
    Lotus land

    • アルバム
    • 10曲収録

JABBERLOOP(ジャバループ)


  • DAISUKE (Sax)、MAKOTO (Trumpet)、MELTEN (Keyboard)、YUKI (Bass)、の4名で構成されたインストバンド。
    2007年『and infinite jazz...』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。
    その後アルバム『REVENGE OF THE SPACE MONSTER』で全米デビュー。3rdアルバム『攻め燃える』ではiTunesStore『国内ジャズ部門』年間最優秀アルバムを獲得する。台湾のラッパーSOFTLIPAと共作アルバム『経典!』をリリースし、台湾最大音楽賞"第22届金曲奨" (台湾政府主宰、台湾版グラミー賞)にて年間ベストアルバムにノミネートされ、同年『台湾特選集』で台湾デビュー。その他にも劇場公開映画「マザーレイク」(出演:別所哲也・鶴田真由、監督:瀬木直貴)主題歌 「Mother Lake」、中東地域のTOYOTAプリウスCM楽曲「Bird is Alive」を担当するなどオリジナリティ溢れる音楽性を持ち、海外、野外フェス、ジャズクラブなど幅広い範囲でライブ活動を行っている。

  • PICK UP!

  • Private eyes/JABBERLOOP
    Private eyes
    JABBERLOOP

    • シングル
    • アルバム
    • 着うた®
  • アルバム

  • アルバム/NEW/JABBERLOOP
    NEW
    JABBERLOOP

    2007年、日本コロムビアよりデビュー、海外での活動もめざましい4人組インスト・バンド、JABBERLOOP。新作フル・アルバムは、ライヴでの定番曲「Beginning of Life」に代表されるような明快なメロディ&ビートが目白押し。スケールアップしたバンドの成長ぶりがうかがえる (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 13曲収録
  • アルバム/MotherLake/JABBERLOOP
    MotherLake
    JABBERLOOP

    映画「Mother Lake」のサウンドトラックに劇中未収録曲も加えたコンセプトアルバム!

    • アルバム
    • 24曲収録

jizue(ジズー)


  • ジャズのスイング感とロックなエネルギーをミックスしたサウンドで叙情的なメロディを奏でる京都の4人組インストゥルメンタル・バンド<jizue>(ジズー)。
    2006年、井上典政、山田剛、粉川心を中心に結成、翌年より片木希依が加入。
    これまでに『Bookshelf』、『novel』、『journal』、『shiori』、『story』の5枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCKFESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。
    国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。
    2017年10月25日にメジャー・デビュー・ミニアルバム『grassroots』をリリース。

  • PICK UP!

  • I Miss You/jizue
    I Miss You
    jizue

    • シングル
    • アルバム
  • アルバム

  • アルバム/grassroots/jizue
    grassroots
    jizue

    ロック、ジャズの素養を持ちながらジャンルレスに活動する4人組、ジズー。メジャー・デビュー盤となる本作は、新曲2曲、セルフカヴァー2曲、さらにNujabesのサンプリングで知られる「I Miss You」のカヴァーを収録。彼らの激しさ、しなやかさ、そして優しさが詰まったサウンドだ (CDジャーナル)

    • アルバム
    • 5曲収録

こちらもオススメ