Shogo Hamada & The J.S. Inspirations「The Moonlight Cats Radio Show」

Shogo Hamada & The J.S. Inspirations「The Moonlight Cats Radio Show」

浜田省吾とツアーバンドメンバーによる、R&Bカバーアルバムが2枚同時リリース!

収録曲はマービン・ゲイの「What’s going on」やテンプテーションズの「My girl」など、見逃せない名曲揃いのミニアルバムです!

NEW RELEASE

浜田省吾DISCOGRAPHY

MEMBER

Vo: 浜田省吾
1952年生まれ、広島県出身。
1975年、ドラマーとしてデビューし、翌1976年ソロデビュー。
デビュー当初からライブを活動の中心に置き、1982年には自身のツアーを“ON THE ROAD”と名付け、数多くのツアーや大規模野外コンサートを成功させる。ソロデビュー40周年を迎えた2016年には5年ぶりのアリーナツアーを開催。前年に発売されたオリジナルアルバム「Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター」収録曲と発売30周年を迎えたアルバム「J.BOY」の曲を織り交ぜた楽曲の数々が演奏された。
代表曲は「悲しみは雪のように」(1981年)や「もうひとつの土曜日」(1985年)、「片想い」(1978年)などの名バラードの他、「J.Boy」(1986年)、「Money」(1984年)、「路地裏の少年」(1976年)など多岐にわたる。シングル「悲しみは雪のように」、アルバム「J.Boy」はそれぞれオリコン・ウィークリーチャートで1位を獲得、2000年にリリースされた初のベストアルバム「The History of Shogo Hamada “Since 1975”」は累計150万枚を超える大ヒットとなっている。
現在までにオリジナル/ベスト盤を合わせて31枚のアルバムを発表している。

Ds: 小田原豊
レベッカのメンバーとして85年にキャリアをスタート。浜田省吾の他、桑田佳祐、ゆず、斉藤和義など数々のアーティストのレコーディングやライブに参加。

Bs: 美久月千晴
aiko、井上陽水、スキマスイッチ、福山雅治をはじめ、幅広く数多くのライブサポート、レコーディングに参加している。桜井和寿、小林武史を中心に編成された、Bank Bandにも参加。

Pf: 河内 肇
スガシカオ、RIP SLYME、森広隆などのレコーディング、セッションに参加。アンジェラ・アキのピアノ講師、ライブ音楽のプロデュースなどを勤める。浜田省吾の別プロジェクトFairlifeに参加したことから、2012年よりツアーメンバーとして参加。

Key: 福田裕彦
キーボード奏者・作編曲家・音楽プロデューサー。映画音楽やアニメ、ゲームなどの音楽を幅広く手掛ける。特撮マニアとしても知られ、“プロフェッサー”の愛称で呼ばれている。

Gt: 長田 進
「佐野元春 with THE HEARTLAND」の3代目ギタリスト。Dr.StrangeLoveのメンバー。奥田民生、PUFFY、吉田拓郎、尾崎豊など数々のライブサポート、スタジオセッションに参加。

Gt / Vo: 町支寛二
75年、AIDOのボーカリスト・ギタリストとしてデビュー。浜田省吾とは高校時代からの音楽仲間で、卓越したコーラス・アレンジは浜田作品にとって欠かせないものとなっている。

Sax: 古村敏比古
82年より不動の浜田省吾ツアーバンドメンバー。矢沢永吉、織田哲郎、中島みゆき、竹内まりやなどのミュージシャンのレコーディングやライブで活躍。ソロ活動の他、古川村、カンフル罪などのユニットでも活動中。

Tb: 清岡太郎
大学在学中から演奏活動を始め、以降数多くのアーティストのレコーディングやコンサートサポート、ライブ等で活躍中。

Tp: 佐々木史郎
オルケスタ・デラルスのリードトランペットとして15回以上の海外ツアーで、30数カ所の都市にてコンサートを行う。解散後は、スタジオ及びセッションミュージシャンとして、1000枚以上のCD、及び数百のCMやサウンドトラックに参加。

Vo: 竹内宏美
シンガーソングライターとしての活動を行いながら、佐野元春など様々なアーティストのレコーディング、ライブに参加。2015年より浜田省吾のツアーバンドメンバーとなる。

Vo: 中嶋ユキノ
2015年、浜田省吾の「Journey of a Song Writer」にフィーチャリングボーカルで参加したことをきっかけに、ツアーバンドメンバーに。2016年浜田省吾プロデュースでメジャーデビュー。

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ