3月のライオン【前編】【後編】

3月のライオン【前編】【後編】

闘う、愛したい、生きる。

原作:羽海野チカ(「ハチミツとクローバー」) × 監督:大友啓史(『るろうに剣心』シリーズ) × 主演:神木隆之介(『君の名は。』)
国民的人気コミック「3月のライオン」連載10年を迎える年に、運命の実写映画化!

【前編】主題歌:ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble」、【後編】主題歌:藤原さくら「春の歌」配信中!

主題歌&サントラ

映画情報

  • 【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土)
    2部作・全国ロードショー!

    予告ムービー

    INTRODUCTION


    数々の栄えある賞に輝く、ベストセラーコミック「3月のライオン」。

    アニメ化・実写映画化でも人気を博した名作「ハチミツとクローバー」の羽海野チカが、2007年から青年コミック誌「ヤングアニマル」(白泉社)にて連載を開始し、17歳の将棋のプロ棋士を主人公としながら、男女・年代を問わず幅広い読者層の心を掴み、深く長く愛され続けている。

    記念すべき連載10年目を迎える2017年、遂に実写映画化が実現。監督は大ヒット作『るろうに剣心』シリーズでアクションを極め、『プラチナデータ』『秘密 THE TOP SECRET』で驚愕の近未来に挑み、『ミュージアム』でまたしても日本映画の限界を突破した大友啓史。
    かつて「ちゅらさん」や「龍馬伝」で深い味わいを見せたヒューマン・ドラマに、真正面からじっくりと向き合う。

    主人公の桐山零を演じるのは、大友監督の〈希望〉と羽海野チカの〈待望〉、そして原作ファンの〈熱望〉がひとつになった、神木隆之介。
    10代からプロ棋士になった零と同様に、子役時代からプロの俳優としてキャリアを着実に積み上げ、声の主演を務めた『君の名は。』は国内興収で邦画歴代第2位を記録(2017.1.16現在)。若手演技派俳優のトップ集団からも、1歩先を行く存在だ。

    さらに、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、前田吟、伊藤英明、豊川悦司ほか、新鋭からベテランまで錚々たる豪華キャストが集結。観る者の心をとらえて離さない個性豊かなキャラクターたちを演じ、全編がクライマックスと言っても過言ではない、繊細でありながらも壮大な世界観の物語を創り出した。

    主題歌は、前編がぼくのりりっくのぼうよみ、後編が藤原さくら。二人の若い才能が、かつてない主題歌コラボレーションを果たす。

    原作、監督、俳優、アーティスト─才能を磨き努力を重ね、現在の地位にたどり着いたその後も、前へ前へと進む表現者たちの運命的な出会いから、魂がぶつかり合う感動のエンタテインメントが誕生した!


    若き天才ともてはやされる17歳の将棋のプロ棋士・桐山零。
    しかし彼には、家も家族も居場所も─何もなかった

    中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町に一人で暮らしている。

    幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から家を出るしかなかったからだ。

    深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。
    温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。それは、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける壮絶な闘いだった……。

    ところが、ある事件が川本家を襲い、さらに3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。
    一方、幸田家も親子の対立から崩壊へと向かっていく。大切な人たちを守るため、強くなるしかない。
    新たな決意のもと最高峰を決める獅子王戦トーナメントに挑む零。トップには、将棋の神の子と恐れられる宗谷名人が待ち受けていた─。

    闘うことでしか生きられなかった少年が愛することを知ったその時─
    今、全世界・未知のラストへ!

    桐山零と彼をめぐる人々が、愛を求めて迷い、ためらい、ひるみながらも、それぞれの闘いへと突き進む。それは、まさに変わりゆく今の日本で、不安と期待を抱く私たち自身の姿。嵐の季節をくぐり抜けた者たちに、暖かな春は、きっと訪れる─すべての人の魂が共感・共鳴する豊かな物語が完成した。

    原作は現在も連載中。そのため映画は誰も知らない最終章へと突入する。羽海野チカが考えていた結末を受け取り、大友監督が紡ぎ出したラストとは─?


    STORY【前編】


    春にしては蒸し暑い日、東京の将棋会館で、桐山零(神木隆之介)は義理の父で師匠の幸田柾近(豊川悦司)に勝利する。
    9歳の時に交通事故で両親と妹を失った零を内弟子として引き取ったのが、父の友人の幸田だった。急に家を出て行った零を、幸田の子供たちが心配していると聞いた零は小さく呟く─「うそだ」。

    下町の川の見えるアパートで、一人暮らしを始めた零。最低限の家具と将棋盤以外は何もない。
    1年遅れで再編入した高校では、会話を交わすのは担任の林田先生(高橋一生)だけだ。
    中学生でプロ棋士としてデビューした零は、史上5人目の天才ともてはやされているが、家も家族も友達もなかった。

    育ての親を打ち負かした罪悪感から、具合が悪くなって夜道に倒れていた見ず知らずの零を、自分の家へ連れて帰り介抱してくれたのが、近隣の町に3姉妹で暮らす川本あかり(倉科カナ)だった。
    翌朝、長女のあかりは末っ子のモモ(新津ちせ)を保育園へと送り、次女のひなた(清原果耶)は零に鍵を預けると、慌ただしく中学校へと向かう。

    授業を終えた零が、3姉妹の祖父の相米二(前田吟)が営む和菓子屋〈三日月堂〉に鍵を返しに行くと、将棋ファンの相米二が零に気付き歓迎してくれる。誘われるまま3姉妹と食卓を囲む零は、あかりの料理の美味しさに目を見張るのだった。
    「またいつでもおいでよ」と送り出され、お土産のお重を抱えた零の唇に、久しく忘れていた微笑みが浮かぶ。
    その日から始まった零と3姉妹の交流は、夏から秋へと穏やかに優しく過ぎて行った。

    冬を迎えたある夜、零の部屋の前で義姉の香子(有村架純)が待っていた。
    家に帰っていないと言う姉に零は、妻のいるプロ棋士の後藤正宗(伊藤英明)との関係を問いただすが、「あんたには関係ない」とはねつけられる。
    かつて香子と弟の歩とは、共にプロ棋士を目指していた。最初は全く歯が立たなかった香子と歩を零が追い越した時、幸田は二人の子供にプロへの道を諦めさせる。
    荒れる香子を見て、零は家を出るしかなかったのだ。

    新年を川本家で迎える零。楽しいお正月は、皆で初もうでに出かけた神社で、後藤と香子に出くわしたことで一変する。後藤を責めて反対に殴られた零は、もし獅子王戦トーナメントで後藤に勝ったら、家に戻るという約束を香子から取り付ける。

    獅子王戦─それは、将棋界の最高峰を決めるビッグタイトルの一つ。
    タイトル保持者の宗谷冬司(加瀬亮)と闘う挑戦者をトーナメントで決めるのだ。
    零が後藤に当たるには、島田開(佐々木蔵之介)を倒さなければならない。

    さらに幼い頃からのライバル、二海堂晴信(染谷将太)が「新人王になる」と宣戦布告した、新人戦トーナメントも待ち受けていた─。


    CAST・STAFF

    神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
    佐々木蔵之介 加瀬亮
    前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
    伊藤英明 / 豊川悦司

    監督:大友啓史
    原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
    脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
    音楽:菅野祐悟

    公式サイト

    ■映画『3月のライオン』公式サイト
    3lion-movie.com
    ■映画『3月のライオン』Twitter
    @3lionmovie
    ■映画『3月のライオン』Facebook
    facebook.com/3lionmovie

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ