ハイレゾであらためて堪能するヤマハポプコンのドラマ


ヤマハ音楽振興会の主催で1969~86年に行なわれたアマチュアを対象としたオリジナル曲発表の祭典である“ポプコン”は、新鮮でユニークな新人発掘コンテストとして幅広く浸透し、計32回(73年からは年2回)開催された。優秀者は『世界歌謡祭』出場資格も得て世界の代表たちとグランプリを争っただけでなく、日本のポピュラー音楽シーンに数多のミュージシャンを送り出したことでも知られる。全盛期は“音楽の甲子園”とも呼ばれ、出身地区のアーティストを応援したり、アーティストと育成担当者が二人三脚で作品を作り上げるケースなど、さまざまなドラマが見られた。とくに現在50歳周辺の世代にとっては『ザ・ベストテン』などの記憶とも重なり、懐かしい歌手たちばかりのはず。今あらためてハイレゾ音源で聴くことで、当時は気がつかなかったサウンドの秘密がわかるかも!

文/東端哲也

夕暮れ時はさびしそう/NSP

  • 岩手県の高専仲間3人で結成。在学中の73年にニュー・サディスティック・ピンクとして第5回大会に出場し「あせ」で入賞。同年のデビューに際し頭文字だけでNSPと改名した。74年7月発売の彼らの最初のヒット曲。叙情派フォークの真髄だ。

  • 夕暮れ時はさびしそう/N.S.P
    夕暮れ時はさびしそう
    N.S.P

    NSPといえばこの曲。サビが耳に残る名曲です。

みずいろの雨/八神純子

  • 高校時代の74年に初めて作詞作曲した「雨の日のひとりごと」で第8回大会の優秀曲賞を受賞、同曲でデビュー。この曲は78年9月発売の5枚目のシングルで『ザ・ベストテン』の「今週のスポットライト」出演で火が付いた。

  • みずいろの雨/八神純子
    みずいろの雨
    八神純子

    多くのアーティストもカバーしている八神純子の代表曲。彼女の歌唱力には圧倒されます!

燃えろいい女/ツイスト

  • 世良公則&ツイストとして「あんたのバラード」で77年の第14回大会と世界歌謡祭でともにグランプリを獲得してプロ・デビュー。以後もヒット曲を連発し資生堂'79夏のキャンペーン・ソングであるこの5枚目のシングルも一世を風靡した。

  • 燃えろいい女/ツイスト
    燃えろいい女
    ツイスト

    ハスキーでパワフルな世良公則のボーカルで、ロックバンド「ツイスト」の魅力が楽しめる1曲です。

大都会/クリスタルキング

  • この曲で79年第18回大会のグランプリを獲得し、世界歌謡祭でもグランプリ獲得。これを機にキャニオン・レコードから再デビューし150万枚以上のセールスを記録。高音パートを担当した田中昌之による第一声のインパクトは今聴いてもすごい!

  • 大都会/クリスタルキング
    大都会
    クリスタルキング

    ポッカ缶コーヒーのCMにも使用され、マー坊の驚異のハイトーン・ヴォイスと説得力のあるムッシュの、ツイン・ボーカルが印象的な不朽の名曲です。

    • ハイレゾ
    • 着メロ
    • 歌詞

愛はかげろう/雅夢

  • 中京大在学中に結成されたフォーク・デュオ。この曲で80年の第19回大会に出場し優秀曲賞を受賞。同年9月にデビュー・シングルとして発売し、翌年にかけて69.1万枚を売り上げるヒット曲となった。

  • 愛はかげろう/雅夢
    愛はかげろう
    雅夢

    哀愁に満ちたメロディーと詞が胸に刺さり、2人のハーモニーと愛の切なさが心に響く作品です。

完全無欠のロックンローラー/アラジン

  • 名古屋商科大学フォーク・ソング同好会のメンバーで結成。中心人物の高原はポプコン常連で81年春の大会(伊藤敏博がグランプリ)では中部地区の応援団長も務めた。コミカルなロックンロールで第22回大会と世界歌謡祭のグランプリを獲得。

  • 完全無欠のロックンローラー/アラジン
    完全無欠のロックンローラー
    アラジン

    軽快なロックンロール!CDジャケットの期待を裏切らない楽曲をぜひお楽しみ下さい!

待つわ/あみん

  • 名古屋の同じ大学に通う女子ふたりで結成。82年第23回大会でグランプリに輝いたこの曲でデビュー。オリコンで6週間第1位、年間でも第1位となり累計120万枚超えの大ヒットを記録。女心の真理を切り取った歌詞と切なすぎるメロディが秀逸。

  • 待つわ/あみん
    待つわ
    あみん

    ソフトバンクのCMに本人映像とともに使用された、1980年代の女性デュオを代表するあみんの代表曲です。

    • 着メロ
    • 歌詞

コーヒーハウスにて/相曽晴日

  • 浜松市出身の女性シンガー・ソングライター。80年に第19回大会の「トワイライト」と第20回大会の「コーヒーハウスにて」とで連続入賞を果たすがデビューはその2年後。この曲はセカンド・シングルとして83年に発売。

ふたりの愛ランド/石川優子とチャゲ

  • 84年JAL沖縄キャンペーン・ソングとしてヒットしたノリノリのサマー・ソング。もともとはChageの洒落っ気から生まれ、チャゲアスとしてはポップすぎるとの判断からポプコンで競い合った明るいキャラの石川優子とのコラボが実現したのだった。

  • ふたりの愛ランド/石川優子&CHAGE
    ふたりの愛ランド
    石川優子&CHAGE

    「夏」といえば、この曲!! 「夏の曲」特集では、いつも上位にランクインします。

ふられ気分でRock'n' Roll/TOM☆CAT

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ