mysoundのハイレゾ音源をよりよく楽しもう~スピーカー編

ヤマハNX-N500がハイレゾ音楽シーンをより豊かに!

こんなスピーカーは初めてだ! ヤマハNX-N500なら、アンプが不要、USB-DACも不要でハイレゾ音源を楽しむことができる


Text 山本耕司

ヤマハNX-N500は、13cmウーファーと3cmのトゥイーターからなる2ウェイバスレフ型で、専用のパワーアンプが左右に2台ずつ内蔵されているバイアンプのパワードスピーカーです。大きさは横幅17cm、高さ28.5cmとスピーカーとしては小型な部類ですが、15畳ぐらいまでの空間なら十分な音で満たしてくれる力をもっています。NX-N500は、パワーアンプに加え、D/Aコンバーター内蔵型という画期的な製品で、オーディオ装置といえばスピーカーとアンプ、そしてCDプレーヤーやUSB-DACなどのセットを想像する人が多いと思いますが、NX-N500は音源以外の部分がすべて内蔵されていることになります。

さらに、NASがあればLAN経由でネットワークプレーヤーにもなりますし、radiko.jpの再生もできるのでチューナーも不要、PCやMacとのUSB接続もOKです(USB-B)。そのほかスマホやタブレットに保存してある音源をワイヤレスで飛ばして再生することもできるなど、実に多機能なスピーカーで、正直、このような製品に出会ったのは初めてのことです。



たとえばTVの光デジタルケーブルをNX-N500に入れれば、それだけで迫力満点のAV装置になりますし、PCと組み合わせてデスクトップオーディオという使い方もできます。本格的なスタンドを用意してセッティングすれば、かなりのオーディオマニアを唸らせるサウンドも得られます。さらに、NX-N500はUSB-B入力に対応していますので、OTGケーブルや変換ケーブルを使用すればAndroidスマホでも、iPhoneでもmysoundプレーヤーからダイレクトにスピーカーで鳴らすことだってできるわけです(※)。そんな時こそハイレゾ音源の出番でしょう。
(※)機種やOSのバージョンによっては再生できない場合もあります。


NX-N500に内蔵されたD/AコンバーターはDSD5.6MHzのネイティブ再生、192kHz/24bitまでのAIFF、WAV、FLAC、そして96kHz/24bitのAppleLosslessにも対応していますので、現在入手可能なほとんどのハイレゾ音源を再生することができます。もちろんMP3やAACといった圧縮音源の再生も可能なので、あとは持てる能力をどう引き出して楽しむかが腕のみせどころとなります。

また、ヤマハ専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をインストールすればすべての操作をスマホやタブレットで手軽に行なうことができます。スマホやiPhoneにダウンロードした音楽データをワイヤレス再生(ハイレゾ音質のまま伝送)できるので、mysoundでダウンロードした音楽も「MusicCast CONTROLLER」アプリを使ってワイヤレス再生できます。ヤマハは国内で最も早くからネットワークオーディオに取り組んでいますので、独自の動作アルゴリズムにより快適なブラウズを行なうことができるのです。



このように、NX-N500は、考えられるすべての最先端のオーディオ再生装置をギッシリ搭載している頼もしさなのですが、見た目はごく普通の小型スピーカーです。そこがとてもスマートで、音楽再生の新しい時代が始まっていることを感じさせてくれます。

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ