ファッションモデル/DJの双子ユニットAMIAYAが選ぶサマーソング10曲!

ファッションモデル/DJの双子ユニットAMIAYA
mysoundが注目するさまざまな分野の人物に、テーマに合わせた楽曲をピックアップしてもらい、その曲にまつわるエピソードや思い入れを語っていただくプレイリスト企画。今回は、モデルをはじめブランドの立ち上げ、DJや音楽活動など幅広い分野で活躍し、常にファッショニスタとして注目を集める双子ユニットAMIAYAがキュレーターとして登場。根っからの音楽好きというお二人が「夏に聴きたい曲」をテーマに、それぞれ邦楽・洋楽のプレイリストを作成。ファッションと音楽をつなぐ全10曲を紹介します!

AYA “(音楽は)仕事でも普段の生活でも自分たちにとっては欠かせないもの”

AMIAYAインタビュー

―多方面でご活躍なさっているAMIAYAですが、お二人にとって音楽とはどういうものでしょう?

AMI:
仕事でも普段の生活でも自分たちにとっては欠かせないものですね。ファッション面でも音楽に影響を受けてものづくりをすることが多いです。

AYA:お休みの日はドライブしながら音楽を聴いたりフェスに行ったり。オンオフ問わず一番身近で中心にあるものだなって思います。

―普段、それぞれがカッコいいと思う曲を紹介し合ったり、今回のようにプレイリストを作って聴かせたりすることはありますか?

AYA:
教え合ったりすることは、かなりありますね。「これ、カッコいいよ」とか「このバンド聴いてみて」とか。

AMI:それぞれが一番好きなものが少し違っていて、私は洋楽、AYAちゃんは邦楽。教えてもらって好きになることもありますね。

―プレイリストも、AMIさんが洋楽、AYAさんが邦楽でまとめていただいてますね。ともにテーマは「夏に聴きたい曲」ですが、具体的にどんなシーンをイメージしたものでしょう?

AMI:
私は、ドライブかな。車のなかで大音量で聴くと気持ちいいイメージで選びました。

AYA:私は、夏の夜に聴きたくなるような曲を集めました。本を読むような感覚で楽しみながら聴いてもらえたらな、と。

―では、まずはAYAさんのプレイリストから解説を。1曲目は、きのこ帝国「東京」。よくライブにも行かれているそうですね。

AYA:
きのこ帝国がすごく好きで、インディーズの頃からずっと聴いています。これは、毎回ライブでやってくれる曲ですね。歌詞に「8月の日曜」ってあって、夏の歌だなって。歌声とギターのリフのギャップがすごくカッコいい曲です。
    • 東京/きのこ帝国

      シングル

      200

      東京
      きのこ帝国

  • ―2曲目は、くるりの代表曲のひとつ「ワンダーフォーゲル」。

    AYA:
    くるりの曲は必ず1曲入れたいなと思って、「ばらの花」と悩んで、こちらにしました。仕事前とかに聴くと元気をもらえる曲。Vo.の岸田さんが電車好きだからか、くるりの曲って電車に乗っているときに聴きたくなる曲が多い気がします。

  • ―3曲目、ハナレグミ「oi」。夜にぴったりのスムースな曲です。

    AYA:
    ちょっと落ち着きたいときとか、考えごとをするときに聴きたくなる曲ですね。去年<SUMMER SONIC>でライブを観たんですけど、どしゃぶりの雨で携帯が壊れちゃって、ハナレグミで合流するはずだった友達とはぐれたことを思い出す曲です(笑)。
    • Oi/ハナレグミ

      シングル

      257

      Oi
      ハナレグミ

  • ―4曲目、Chara「PRIVATE BEACH」は、アルバム『Violet Blue』収録曲。とても24年前に発表された曲とは思えないですね。

    AYA:
    ほんと、全然色あせないですよね。切ないけど暗い気持ちにはならないというか、ちゃんと背中を押してくれるんですよね。女の子の弱さと強さを併せ持っていて、もっとがんばろうって思わせてくれるし、ずっと恋していたいなって思える。ファッションもヘアメイクも常に時代の先頭にいて、自分のスタイルがあって。もう、とにかくCharaさんは大好きです。

  • ―曲だけじゃなく、同じ女性として影響を受けたアーティストといったところでしょうか。AMIさんにも、そういう方いますか?

    AMI:
    私もやっぱりCharaさんですね。守りに入らないところが好きです。ちゃんとオンナなんだけどオトコに媚びてない感じがすごく好きで、年を重ねても自分を曲げないところがカッコいいなって。それでいて、ちゃんと母としての魅力もあって素敵ですよね。

    ―同感です!そして、AYAさんラストの曲は、サカナクション「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」。

    AYA:
    「新宝島」のカップリング曲です。「新宝島」と迷ったけど、心地いいBPMが夜にぴったりなので、こっちにしました。サカナクションはライブが素晴らしいですよね。この曲もタイトルからしてライブをたくさんしているバンドならではで、好きです。

  • ―AYAさんのセレクトは、まさに冒頭でおっしゃった“本を読むような感覚”、歌詞だけでも読みたくなるような5曲でしたね。

    AYA:
    邦楽で好きになる曲は、音だけじゃなくて歌詞にも深みが感じられるような曲が多いかもしれないです。

AMI “バンドがどんな音楽をやっているかちゃんと知って着ている子が増えたらいいな”


―一方、AMIさんのプレイリストは洋楽5曲。1曲目は、Weezer「Island In The Sun」。個人的にも大名曲だと思います。

AMI:
イントロだけでもヤバイですよね。朝の光を浴びながら聴きたい曲なので、1曲目に選びました。毎年必ずプレイリストに入れている夏にぴったりの曲! Weezerは友達キッカケで知ったんですけど、ライブがイメージよりロックですごくカッコ良かったです。

  • ―2曲目は、約7年ぶりにリリースされたJamiroquaiの最新アルバム『Automaton』収録曲「Summer Girl」。

    AMI:
    アルバム自体、カッコいい曲がたくさんあって迷ったんですけど、聴いていて気持ちのいいファンクっぽい軽快な音とリズムが夏らしいなと思ってコレにしました。すごく「らしさ」が出ているアルバムで、世の中がオートメーション化して日々の忘れ去られていることもたくさんあるよね、っていうコンセプトもいいなって。

  • ―3曲目は、アメリカの4人組バンドDNCE「Good Day」。

    AMI:
    もう、聴いたとおりの曲ですよね(笑)。一日の始まりがハッピーになるような曲で、ちょっと身体を揺らすくらいの気持ち良さがあって、今どきっぽくないところが好きです。英詞でもこういう単純なものなら耳に入ってきやすいし、ドライブ中にもぴったり。メンバーとも来日した時は一緒にごはん食べに行ったりするので、個人的にもオススメのバンドです。

  • ―4曲目は、2013年のグラミー最優秀ダンス賞を獲得したDisclosure「F For You」。

    AMI:
    普段からディープハウスとかテクノをよく聴くんですけど、この曲はキック音とメロディのバランスがすごい気持ち良くてすごく好きです。音数が少ないから、ヴォーカルがすごく際立っているのもカッコいい。ディスクロージャー活動休止しちゃって寂しいな。

  • ―そしてラストは、泣く子も踊るケミカル・ブラザーズ「Hey Boy Hey Girl」。

    AMI:
    ケミカル・ブラザーズも大好きで、夏のフェスで「Hey Girl!」って始まったときの胸の高鳴りが忘れられなくて。自分の中で、一番コアな部分に刺さってくる音って感じがするし、無になって自分の世界に入れるんです。ラストはこの曲で締めました!

  • ―ありがとうございます。音楽好きはもちろん、ファッション好きな女の子に一歩踏み込んで聴いてみてほしいプレイリストだなと感じました。

    AMI:
    たとえば、バンドTを着ていてもそのバンドのことは知らないっていう子がいたりすると思うんですけど、そのバンドがどんな音楽をやっているかちゃんと知って着ている子が増えたらいいなとは思います。知っているのと知らないのでは全然違うと思うので。

    AYA:なにかキッカケがないと新しい音楽って出会えなかったりするので、キッカケになる存在になれたらいいなとは思います。

    AMIAYAのプレイリスト

ORIGINAL PLAYLIST

夏に聴きたい楽曲プレイリスト

AMI

PROFILE

15歳で上京し原宿のストリートをゼロからスタートした双子の姉妹。青文字系雑誌でモデルを務めすぐに、独創的な着こなしとヘアメイクを真似するファンが急増。一躍、原宿を代表するスターモデルとなる。2010年7月に発売した『AYA AMI BOOK』(主婦の友社)は計4万部の発行部数を記録。その後も活動の幅を広げ、『NYLON JAPAN』でも表紙を飾り連載をスタートさせるなど多ジャンルのファッション誌で活躍している。モデル業以外では、アパレルブランド「jouetie」をコンセプターとなり立ち上げ、日本のみならずアジア全域で人気のブランドに上り詰めている。そして2013年、〈ユニバーサルミュージック ファー・イースタン・トライブ・レコーズ〉より、メジャーデビューミニアルバム『TOKYO POP』をリリース。幼い頃からの夢であったアーティストとして活動している。

AMI Instagram
https://www.instagram.com/amixxamiaya/?hl=ja
AYA Instagram
https://www.instagram.com/ayaxxamiaya/?hl=ja


Interview&Text:野中ミサキ
Photo:山口 真由子

mysound編集部のその他の記事

もっと見る >

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ