現役高校生バンド、ニトロデイの好きな曲とは?グランジを愛する彼らを解き明かす楽曲を紹介

現役高校生バンド、ニトロデイ。グランジを愛する彼らを解き明かす楽曲を紹介
mysoundイチ押しのアーティストにテーマに合わせた楽曲をピックアップしてもらい、その曲にまつわるエピソードから本質を掘り下げていくプレイリスト企画。今回は現役高校生という新世代バンド、ニトロデイが登場。7月にリリースしたEP『青年ナイフ』のタイトルチューンのMVを見た瞬間、見た目とニルヴァーナやナンバーガールを想起させるグランジ / オルタナのギャップに驚いた人も少なからずいたのではないでしょうか。研ぎ澄まされた一音入魂の演奏と感覚や色彩が迫ってくるフロントマン、小室ぺいの歌詞も切れ味抜群。そこで今回はメンバーからストレートに「好きな曲」というテーマで、この稀有なバンドの音楽的な志向を解き明かしてもらいました。

現役高校生バンド、ニトロデイニにインタビュー
L→R : 松島早紀(ベイス オン ベイス), 小室ぺい(ギボ), やぎひろみ(ジャズマスター), 岩方ロクロー(ドラムス)

小室ぺい“今まで聴いたことのないギターのサウンドの感じと、曲から伝わってくるヒリヒリした感じ”

―10代でいわゆる90年代のグランジやオルタナティヴロックに近いサウンドをやっていることに驚いたんですが、そもそもの発端はなんだったんですか?

小室ぺい:
高校生になって、いろいろ聴いてて、まずナンバーガールから入って、そこからいろいろルーツとか探っていって、今のサウンドの下地になってるバンドとかを聴くようになって。で、そういうバンドやりたいなと思うようになって始めましたね。

―ナンバーガールは何が良かったんでしょうね?

小室:
今まで聴いたことのないギターのサウンドの感じと、曲から伝わってくるヒリヒリした感じ。初めて聴いた時はいろいろ自分の中でひっくり返ったというか、衝撃を受けました。

―80年代や90年代の音楽の方が面白いですか?

小室:
そうですね。自分の肌に合ってるというか、逆に最近のものは積極的に聴きたいなとあんまり思わないですね。あんまりリアリティがないなっていうか。言葉も音像もそうなんですけど、全体的にちょっと嘘くさいなっていう感じがしちゃうっていうのはあります。

―ニトロデイのサウンドは楽器それぞれの主張がはっきりしてますね。

小室:
そういう曲が多いかもしれないですね。各楽器が目立つというか、そういう感じが好きなんで。

―小室さんはボーカリストとして影響を受けたとか参考にした人はいるんですか?

小室:
カート・コバーンと木下理樹ですね。歌い方のスタイルは結構、影響受けてます。曲で聴いても際立って聴こえるし、ま、そこはすごいなと思います。

―では早速、プレイリストについて伺うんですが、テーマはシンプルに「好きな曲」っていうことで。それぞれ選んだ理由と、影響された部分があれば教えてください。では小室さんから。New Orderの中では明るめのナンバーですね。

小室:
このぐらいの時代のニューウェーブや、そこらへんの音楽を最近聴くんですけど、この曲は聴いててドキドキしますね。音がちょうどよく、ビンテージ感があって。New Orderで一番好きなのがドラムの音なんですが、それがなんかウキウキしますね。独特の時代の空気感がすごい詰まってて、いいなと思います。
  • ─Jeff Buckleyについては?

    小室:
    初めて聴いた時に声も曲の雰囲気もすごくて、神聖な感じがして。サビとかは天国に行きそうな感じがしますね。鳥肌が立つ、すごい名曲だと思います。同じ人間とは思えない。
    • So Real/Jeff Buckley

      シングル

      205

      So Real
      Jeff Buckley
  • ―では松島さんの選曲を。GREAT3の「Golf」を選んだ理由は?

    松島早紀:
    GREAT3は週に一回聴くぐらい好きで。で、最初に聴いた曲がこの「Golf」って曲だったんですけど、もうイントロから全部の音が好きっていうか、楽器も声も入ってる音が全部好きで。日々の生活でいろいろあっても聴いたらその瞬間は幸せみたいな。GREAT3は結構そういう感じで聴いてます。
  • ―大人っぽいチョイスですね。もう1曲はくるりの「ハローグッバイ」。

    松島:
    くるりは特に歌詞が好きなんですよ。もちろん音も好きで、ちょっと入ってる効果音とかも。すごい悲しいことがあった時に聴きます(笑)。

やぎひろみ“その人が現れてる音楽、個性がある音楽が好きですね”

―(笑)。そしてやぎさんもなかなか渋いんですが、カーネーションはどういう理由でしょうか?

やぎひろみ:
メロディはもちろんそうなんですけど、この曲はこんなに綺麗な歌詞あるんやと思って、特に歌詞が好きです。すごい綺麗な小説みたいなことを歌ってるのに曲として成立してて、違和感がなくてすごいなぁと思って。
  • ―Yuckの「Rubber」の方はいかがですか?

    やぎ:
    Yuckって気だるいけどポップ目の曲が多かったりするんですけど、この曲は暗い感じが出てて。アウトロではライブ映像で見ると床に転がって、わーってやってて、すごいかっこいいなと思って。サウンドもサイドギターがずっと同じコード弾いてて、だんだん盛り上がっていく感じとかめっちゃ好きです。気持ちが入ってる、その人が現れてる音楽、個性がある音楽が好きですね。
    • Rubber/Yuck

      シングル

      257

      Rubber
      Yuck
  • ―では、岩方さんの選曲の理由を。この2曲のチョイス自体が面白いですね。まずTOKYO HEALTH CLUBを選んだ理由は?

    岩方ロクロー(ドラムス):
    TOKYO HELTH CLUBは最近はまってるから入れたんですけど、もともと韻シストがすごく好きで。ああいうバンドサウンドとラップが一緒になってるのがもともと好きだったんです。で、最近YouTubeを見てて、これはあんまり今まで聴いてこなかったラップで、好きですね。
  • ―もう1曲のエレファントカシマシは?

    岩方:
    エレカシはずっと前から好きで。いろいろ好きな曲あったんですけど、「珍奇男」を初めてライブ映像で見た時の衝撃が忘れられなくて。
    • 珍奇男/エレファントカシマシ

      シングル

      257

      珍奇男
      エレファントカシマシ
  • ―宮本さんがパイプ椅子に足をかけてるライブ映像ですか?

    岩方:
    それです。絶対この人、頭おかしいんだというか、意味がわかんなくて(笑)。他のバンドでこんな曲聴いたことも見たことないから、すごい好きですね。よくこの歌い方で演奏できるなと思うし(笑)、真似できないから好きですね。

小室ぺい “縦で見た時にすごいなって思われるようなバンドになりたいですね”

―みなさんなかなか渋いし、ソリッドな曲を選んでいてちょっと驚きましたが、ニトロデイの演奏も研ぎ澄まされてるので納得感があるというか。

小室:
まだまだですけどね(笑)、今聴くと。これからもっと頑張らないとダメだなと思うし、バンドとして横軸で見た時にはまだ納得いくけど、やっぱ縦で今までのシーンとか含めて考えると、まだまだ深みもないし、もっとこれから頑張って、縦で見た時にすごいなって思われるようなバンドになりたいですね。

―確かに縦軸で見たらナンバーガールや、例えばTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTも存在してますからね。

小室:
だからそういうところに並んでいって、あわよくば超えていきたいって感じで頑張らないとだめだと思っています。

アイスを食べる、ニトロデイの4人

ORIGINAL PLAYLIST

10代ロックバンドの好きな曲プレイリスト

小室ぺい(ギボ)

NEW RELEASE

『青年ナイフ EP』
ニトロデイ
2017.07.12(水)Release

PROFILE

Nirvana、Pavement、Pixies、NUMBER GIRLなどに影響を受けた、ローファイな爆音グランジ・オルタナティブを演奏する平均年齢17歳の横浜出身現役高校生バンド。

LIVE

■<NIGHT ON THE PLANET!>
日程:2017年09月11日(月)
会場:新宿LOFT
時間:OPEN 18:00/START 18:30
料金:ADV ¥2,500/DOOR 未定

■<Song For Future Generation>
日程:2017年09月22日(金)
会場:恵比寿LIQUIDROOM&BOY presents
時間:OPEN/START 20:00/CLOSE 27:00
料金:ADV ¥1,500/DOOR ¥2,000

詳細はオフィシャルサイトで
http://artist.aremond.net/nitroday/schedule/


Text&Interview:石角 友香
Photo:山口 真由子

mysound編集部のその他の記事

もっと見る >

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ