まだ夏は終わらない!MV女優、アリスムカイデの素が見える“夏にときめくロック”14選

まだ夏は終わらない!MV女優、アリスムカイデの素が見える“夏にときめくロック”14選
mysoundが注目するさまざまな分野の人物に、テーマに合わせた楽曲をピックアップしてもらい、その曲にまつわるエピソードや思い入れを語っていただくプレイリスト企画。今回はMV女優いう独自の肩書きを名乗り注目を集め、モデル・DJ、ブランド『surreARIS』のディレクターを務めるなど、多方面で活躍するアリスムカイデさんに“夏にときめくロックミュージック”というテーマでプレイリストを作成していただきました。ミステリアスなアリスムカイデさんの本質が少しだけ見える14曲をご紹介します。

アリスムカイデ “普段の自分はオフで愛されればいい”

アリスムカイデ(1)

―MV出演やDJ、音楽番組出演など、ムカイデさんにとって活動面でも縁深い音楽ですが、普段はどう付き合っているのでしょう?

アリスムカイデ(以下、アリス):
音楽は四六時中聴くし、ライブやフェスにもよく行きます。基本的にMVを観ることが好きで、映像がいいなと思ったことがキッカケで好きになったアーティストもいますね。

―「MV女優」というワードで注目を集めていますが、ご本人はどのようなものだと思っていらっしゃいますか?

アリス:
モデルの仕事でも主役は服で自分はそのイメージをよりよく伝えるためのマネキンだと思っているし、MVでも私は曲の良さを一人でも多く伝えるための要素のひとつだと思っています。求められない限り自己主張する気はないですね。もともとアリスムカイデ自体が求められて出来たキャラクターなので。

―自分自身の本質的なところとは、ちょっと違う?

アリス:
急にブチ切れたりしないし、全然クールでもないですよ。赤文字系の純粋な美人には勝てないけどこのキャラで行けば道は作れるかなって。かといって、全然無理はしていなくて。どちらも嘘じゃないし、こっちはこっちで楽しんで、普段の自分はオフで愛されればいいので。

―今回のプレイリストから普段のムカイデさんが垣間見られればいいなと思います。テーマは、“夏にときめくロックミュージック”。ときめくっていうワードが意外でした。

アリス:
ああ、たしかに。「椎名林檎好きでしょ?」とか聴かれるんですけど、実は俄然、aiko派なんですよ(笑)。実際恋愛ばかりして生きてきたし、ときめいてないと生きている意味ないんじゃないかと思っているので。プレイリストでもそういう感じは出そうかなと

―そんなプレイリストのオープニングは、BIGMAMA「春は風のように」。夏のプレイリスト、といいつつ・・・。

アリス:
1曲目から思いきり春ですけど(笑)。四季を歌っているので、1年中聴いちゃうんですよね。BIGMAMAは、ずっと好きです。中でも「計算高いシンデレラ」が自分のテーマソングだと思っていて。かかとを潰してガラスの靴を無理矢理履いて、今どき運命は自分でたぐり寄せないとねっていう歌です。

  • ―2曲目は、Mrs.GREEN APPLE「サママ・フェスティバル!」。ザ・夏ソングで、こちらも少し意外性のあるチョイスですね。

    アリス:
    根っこの私が好きな曲です。最近自分がアリスムカイデ像に引き寄せられている感じがしていたんですけど、これを聴いたとき「ああ、よかった。私、まだ残ってる」って安心しました。本当は“運命の出会い”とか信じちゃうぐらい楽しく生きることが大好きなので、最近は笑顔を解禁したり素の自分に寄せていこうかなって。

  • ―3曲目も夏らしく西海岸ノリのハイテンションな曲。TOTALFAT「Summer Frequence」。

    アリス:
    夏はメロコア・パンクでアツく行こうってことで、その中でもみんなで聴いて盛り上がった思い出のある曲ですね。もともとはHi-STANDARDがきっかけで、メロコア好きになって。

    ―ライブに行ったら?

    アリス:
    もちろんゴチャゴチャしたなかにいます(笑)。

  • ―4曲目は、Czecho No Republic「Amazing Parade」。

    アリス:
    これは年越しのカウントダウンフェスの1曲目で、そのとき観た思い出も相まって、すごくキラキラしたイメージが強くて。一年中いつでも聴けるけど、とにかく夏に聴いていて楽しい曲です。

  • ―5曲目は、chelmico「Summer Holiday」。テーマにはロックとありますが、ここでメロウなラップミュージックが。

    アリス:
    1曲ゆるいの挟んどこうかなと。今回選んだ曲って幼い頃からずっと私の人生にキラキラしていてだいすきな「星・花火・海」っていうワードが出てくるんですけど、この曲は海ですね。普段の2人とのギャップも含めて、すごくカッコいいです。

  • ―ムカイデさん自身、現在の活動と平行して音楽活動を・・・というようなビジョンはありますか?

    アリス:
    音楽活動ではないけど、今回立ち上げたブランドの映像用に曲を作ろうかなと。「歌うモデル」のイメージについて考えることもあるけど、自分の人生なんで機会があるなら欲張っていいと思うし、やれることは全部やりたいなって思っています。

    ―6曲目、嘘つきバービー「バビブベ以外人間」。これはいわゆるアリスムカイデ“らしい”と思われるような曲じゃないでしょうか。

    アリス:
    かもしれないですね。ただ、これもわりと私の根っこに近い曲だと思います。夏はこういう曲を爆音で聴きながら不機嫌な顔して歩きたいっていうのがあって(笑)。よく「MVに出てみたいアーティストは?」って聴かれることがあるんですけど、曲を一番に考えて自分がその世界観に合うかどうかで言うと、嘘つきバービーかゆらゆら帝国のMVに出たかったなって思います。

  • ―7曲目は、ここへきて初の洋楽ダンスロック。Foals「Cassius」。

    アリス:
    なかなか洋楽を聴く機会がなかったんですけど、そのなかで個人的にハマった曲です。Foalsの「Ballons」っていう曲のPVがすごく可愛くて、そこから好きになって洋楽を聴く機会も増えて。こういう曲を真夏の炎天下のなか聴きながら踊りたいですね。
    • Cassius/Foals

      シングル

      154

      Cassius
      Foals

  • ―8曲目、ヒトリエ「深夜0時」。この曲の詞にも星というワードが出てきますね。

    アリス:
    ヒトリエも好きな曲たくさんあって、開き直って「フユノ」っていう曲にしてやろうかと思ったんですけど(笑)。ワードにハッとさせられる歌詞もいいし、どの曲もビックリするようなサウンドがポンって入ってきたりして、おもしろいんですよね。

  • ―9曲目は、夜の本気ダンス「You & I」。

    アリス:
    この曲の後半に“経験しすぎちゃって、もうなにもぐっとこないよね”っていうような歌詞があって。それが本当にそうだなって。ライブにしても恋愛にしても、ときめくような経験って簡単には出来なくなってきちゃう。だからこそ、些細な出来事を最高の思い出にして、毎年一番いい夏を更新していきたいって思うんです。
    • You & I/夜の本気ダンス

      シングル

      258

      You & I
      夜の本気ダンス

  • ―10曲目、OWL CITY「Fireflies」。7曲目のFoalsと同時期に発表された、いわゆるエレクトロックですね。

    アリス:
    自分のなかで“しゅわしゅわ音楽”っていうジャンルがあって、聴いていると周りの空気がサイダーの気泡みたいな感覚になる曲なんですけど、これはそれですね。他だと、空想委員会「空想ディスコ」とか。「しゅわしゅわしてるなぁ」とか「もんまりしてるなぁ」とか、感覚で音楽をジャンル分けすることは多いかも。

  • ―もんまり!(笑)11曲目は、阿部真央「貴方の恋人になりたいのです」。純度100%、夏の片思いの歌ですね。

    アリス:
    めちゃくちゃ好きで。イントロからもうたまらなくて、こういう良い曲を聴くと「これを聴いて泣くために恋愛しなくちゃ」って思うんですよね。夏が始まると毎年この曲を聴いて、こう思えるほどの片思いをしたいと思っているんですけど、未だ叶わずです。

  • ― “一緒に花火が見たい”と歌う阿部真央の次はフジファブリック「若者のすべて」。

    アリス:
    この曲では花火終わっちゃうんですよね。自分にとって殿堂入りの思い出があって、なかなかそれを越える出来事っていうのは起こらなくて。だから逆に私は、誰かにとっての殿堂入りになりたいんです。幸せなトラウマになりたい。この曲はそういう気持ちで共感できる部分があって、個人的にも思い入れの強い曲です。

  • ―13曲目、[Alexandros]「ムーンソング」。某CMで起用されて話題になった曲ですね。

    アリス:
    ずっと好きで。好きなバンドが最新曲で好きを更新してくれるのって、すごいことだし、まさにこの曲がそうでした。洗脳させてくれるくらい曲も歌詞も素晴らしくて。これと次の曲は、冬っぽさを感じさせることも意識して選びました。

  • ―そのラスト14曲目は、米津玄師「orion」ですね。

    アリス:
    夏に冬を思うことも好きなんです。今一緒にいる人と、これから出会う人と、この先どうやって春や夏を過ごしていくんだろうって。プレイリストのテーマは「夏」ですけど、全体を通して春から始まり冬で終わるっていうことで、この曲をラストにしました。
    • orion/米津玄師

      シングル

      257

      orion
      米津玄師

  • ―ありがとうございます。この14曲で、少しだけアリスムカイデの素が覗けた気がします。最後に。ムカイデさんの夢ってなんでしょう?

    アリス:
    私、大きい夢っていうのを持ったことがなくて。普段友達とゲラゲラ笑って過ごすのが一番幸せだし、将来の目標は旦那さんを世界一幸せにして、子どもに平凡な生活をさせること。自分が好きなものと仕事で関わっていくこと。あとは自分が求められるほうへ転がっていって、その先で楽しくしていけたらいいなって思います。

    アリスムカイデ(2)

ORIGINAL PLAYLIST

夏にときめくロックミュージックプレイリスト

アリスムカイデ

PROFILE

17歳でモデルデビューを果たし、セルフブランデイングモデルとして独自のスタイルで活動。数々のミュージックビデオに出演をし、「MV女優」としての肩書きも持つ。また『surre ARIS』のブランドディレクターを務め、活躍の場を広げているニューエイジヒロイン。

Twitter
https://twitter.com/arismukaide
Instagram
https://www.instagram.com/arismukaide/


Interview&Text:野中ミサキ
Photo:なかむらしんたろう

mysound編集部のその他の記事

もっと見る >

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ