ハイレゾで味わうクラシック vol.2 ~優雅さと癒しの古典派~

ハイレゾで味わうクラシック vol.2 優雅さと癒しの古典派
「梅雨明けしました」と言われても、「えっ、梅雨……いつきてた?」と返したくなるくらい暑い日が続いていますね。とくに夜の睡眠は翌日を元気に過ごすためのサプリの役割を果たす重要なものですが、こう暑くて寝苦しいと、寝るのにもパワーが必要ですよね。一日を充実させるためにも、まずはよい睡眠をとることから始めたいところ。というわけで、今月は、不快さを吹き飛ばし、充実した眠りや優雅なリラックス&リフレッシュ・タイムを過ごすのに心強い味方となってくれるハイレゾ音源をご紹介したいと思います。

眠りをやさしくサポートする作品

最初は漫画・アニメ・映画で大人気だった『四月は君の嘘』のテーマ曲ともいえる「きらきら星変奏曲」。モーツァルトの音楽の透明感、やさしさといったものが集約したようなこの作品が、あなたの睡眠をやさしくサポートしてくれるはずです。シンプルなメロディがこんなにキラキラと違う表情を見せてくれるんだ! という発見を続けているうちに、スッと眠りに落ちているかもしれません。とくにハイレゾで聴くと、絶妙に変化する和声の色彩がもっとわかりやすく味わえます。

『四月は君の嘘 トゥインクル リトルスター』より
・モーツァルト:きらきら星変奏曲 K.265

一日の幕開けに

心穏やかな夜を過ごしたらきっと目覚めもスッキリするはず。気持ちのいい朝のおともには、ぜひモーツァルトの「エクスルターテ・ユビラーテ」を。躍動感あるリズムの上で軽やかに歌われていく爽快さ、森麻季さんの透明感あふれる声は一日の幕開けにピッタリです。

『ピエ・イエス~祈りを込めて』(森麻季)より
・モーツァルト:エクスルターテ・ユビラーテ(喜び踊れ、幸いなる魂よ)全4曲

極上のリラックス・タイムに

暑さが一段と厳しい時間帯に聴きたい、圧倒的爽やかさを放つのがハイドンのオラトリオ『天地創造』からの2曲。ハイドンというと、きっちりとした交響曲をたくさん書いているイメージなのですが、こんなにのびやかなメロディも聴かせてくれるのです。冷やしたお茶を飲みながら聞いたら至福の時が得られるかもしれません。そのままお昼寝したい……というかたは、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」をぜひ。木漏れ日のやさしい光を思わせるようなあたたかい音楽が、極上のリラックス・タイムを提供してくれるはずです。

『ピエ・イエス~祈りを込めて』(森麻季)より
・レチタティーヴォ:神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と」
  • ・アリア:今や野はさわやかな緑を
  • 『アヴェ・マリア』(森麻季)より
    ・モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス

  • いい一日はいい眠りから……ということで、夜から朝、そしてお昼以降を過ごすのにオススメな音源を、古典派を代表する作曲家3人の作品からご紹介しました。古典派はルールのしっかりした音楽ということで“カタい”イメージを持たれがちですが、そのキッチリさは、安心感や心地よさにもつながっていくものなのです。それをさらに魅力的に彩るハイレゾ音源による音の粒ぞろいの美しさ、息遣いを近くに感じられるリアルさは、音楽がそばにいてくれるような感覚を味わえるはず。ぜひおなじみの曲での新たな発見や、初めての作品との出会いをハイレゾで体験してみてください。
    次回は9月1日(金)更新予定で、テーマは「妄想の翼広がるロマン派音楽」です。どうぞお楽しみに。

長井 進之介のその他の記事

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ