アセンホ: チェロ協奏曲/2つのヴァイオリンのための協奏曲/弦楽のための交響曲/イアゴバ・ファンロ(チェロ)/ホアキン・トッレ(ヴァイオリン)/ホアキン・トッレ(指揮)/セルゲイ・テスリャ(ヴァイオリン)/カメラータ管弦楽団

ハイレゾアルバムHi-Res

アセンホ: チェロ協奏曲/2つのヴァイオリンのための協奏曲/弦楽のための交響曲

イアゴバ・ファンロ(チェロ)/ホアキン・トッレ(ヴァイオリン)/ホアキン・トッレ(指揮)/セルゲイ・テスリャ(ヴァイオリン)/カメラータ管弦楽団

2019/5/17リリース

10曲収録

1,440

再生時間:63分16秒 / コーデック:FLAC(24bit/44.1kHz)

ファイルサイズ:607.18 MB

■20世紀終りから21世紀にかけて、音楽は多様化の一途を辿っています。スペインの前衛音楽もその例に漏れず、日々新しい音楽が生み出されており、激しい作品だけでなく、時にはメランコリックな音への憧れも生まれています。作曲家ロメロ・アセンホはとりわけユニークな作風の持ち主であり、人々は彼の作品を「トランスアバンギャルド」と表現、彼の師であるトマス・マルコも「彼は決して先駆者ではないが、何が先駆けなのかを知っており、必要に応じてそのやり方を使用している」と評しています。彼の直近の作品である「弦楽のための交響曲」は、激しい音の応酬で始まり、第2楽章は奇妙な静寂が支配します。そして最終楽章でまた音が乱舞し、最後までエネルギーが尽きることはありません。1990年代に書かれた3作品も興味深い作風によるもので、どちらかというと古典的な作風による「ディヴェルティメント」とバッハ作品ヘのオマージュである「ヴァイオリン協奏曲」、前衛的な「チェロ協奏曲」と作風の違いが感じられます。

収録曲

無料のアプリ『mysoundプレーヤー』をインストールして、ハイレゾ音源を楽しもう!

ヤマハの『mysoundプレーヤー』ならandroidとiPhone、どちらにも対応!自分のスマホにアプリをインストールして、ハイレゾ音源をダウンロード。ハイレゾ対応のイヤホンで聞くと、ハイレゾがもっと楽しめる!

ハイレゾの手順

高音質でハイレゾ対応なのに無料!!
mysoundプレーヤーをスマホにダウンロードしよう!!

新しい音楽体験を今すぐ