UVERworldの人気・ヒットアルバム一覧

UVERworldの人気・ヒットアルバムをお届け!UVERworldの定番アルバムから最新アルバムまで、今聴くべきアルバムがきっと見つかる!

  • アルバム/LAST/UVERworld

    2010/4/14リリース

    LAST
    UVERworld
    人気ロック・バンド、メジャー・デビュー5年で5作目。骨太なメタルやハード・ロック、デジ・ロックなどを下敷きにしたキャッチーなポップ・ロックに、甘い声でせつないメロディを歌い時にラップっぽいこともこなすヴォーカルとの組み合わせ。タイアップ付きヒット「哀しみはきっと」「CHANGE」「GO-ON」収録。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/GOLD/UVERworld

    2010/3/31リリース

    GOLD
    UVERworld
    結成10周年、メジャー・デビュー5周年を迎え、「過去最高のテンションで制作できた」という2010年の第1弾シングル。疾走感あふれるリズム隊と厚みのあるサウンド、勢いと憂いを含んだヴォーカルで独特の音楽世界を作り上げた。「CHANGE」は『劇場版・機動戦士ガンダム00』のイメージ・ソング。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/Neo SOUND BEST/UVERworld

    2009/12/9リリース

    Neo SOUND BEST
    UVERworld
    DL数で日本記録をマークしたデビュー曲「D-tecnoRize」から「哀しみはきっと」まで、2005〜2009年の活動からセレクト&ラインナップしたベスト・アルバム。キャッチーなJ-POPとストレートなロックンロールの折衷点を突き詰めたハイ・レベルな音楽性と、男も惚れるTAKUYA∞のヴォーカル・パフォーマンスが徹底凝縮。 (CDジャーナル)

    2,100

    16曲収録

  • アルバム/哀しみはきっと/UVERworld

    2009/10/28リリース

    哀しみはきっと
    UVERworld
    UVERworldの14枚目のシングルは、彼らにとって3度目のドラマ・タイアップとなる『小公女セイラ』の主題歌。哀愁と希望を同時に鳴らす、彼らならではのロック・ナンバーとなっている。カップリングには、4枚目のアルバムで好評だった「美影意志」のシングル・ヴァージョンも収録。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/GO-ON/UVERworld

    2009/8/5リリース

    GO-ON
    UVERworld
    2008年暮れに初の武道館ワンマンを成功させたばかりか、2009年は4作目『AwakEVE』のリリースと約10万人動員の全国ツアーを果たしたUVERworldによる13枚目のシングル。エッジの利いたギターがスリリングな表題曲をはじめ、ノリにノッている彼らの“今”を伝える渾身の一枚。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/AwakEVE/UVERworld

    2009/2/18リリース

    AwakEVE
    UVERworld
    1年1ヵ月ぶり、4枚目のアルバム。『オリコン』チャートで1位を獲得した「儚くも永遠のカナシ」など疾走感と高音に独特の切迫感のあるヴォーカルでグイグイ押してくる。「激動」や「恋しくて」などヒットしたシングル曲も収録。“覚醒前夜”を意味するタイトルどおり、ブレイク前夜の勢いを感じる。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/儚くも永久のカナシ/UVERworld

    2008/11/19リリース

    儚くも永久のカナシ
    UVERworld
    『機動戦士ガンダム00』セカンド・シーズンの主題歌でもある12枚目のシングル。憎しみ、争うことから生まれるのは悲しみだけ。アニメの世界観と完全リンクしながら、“人を信じること”の大切さを、抑揚を持った歌声のもと、激情的なギター・サウンドに乗せ描いていく。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/恋いしくて/UVERworld

    2008/9/10リリース

    恋いしくて
    UVERworld
    11枚目のシングルはアコギ、ピアノ、ストリングスがやさしく包み込むジェントリーなバラード・ナンバーで、グルーヴィな展開をみせるサビとの対比が感動を誘う。空間を活かしたサウンドの「志」はtickのカヴァー、「over the stoic」は激しいキメがたっぷりのオルタナティヴ・インスト。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/激動/Just break the limit!/UVERworld

    2008/6/11リリース

    激動/Just break the limit!
    UVERworld
    記念すべき10枚目のシングルは、両A面の強力盤。「激動」は、スケールの大きなサウンドをバックに、つねに挑戦していく激動の生き方を歌う大作。「Just break the limit!」は、自己の経験を踏まえて思い信じることの素晴らしさをテーマにしたキャッチーなポップ・チューン。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/PROGLUTION/UVERworld

    2008/1/16リリース

    PROGLUTION
    UVERworld

    2,100

    18曲収録

  • アルバム/浮世CROSSING/UVERworld

    2007/11/14リリース

    浮世CROSSING
    UVERworld

    750

    3曲収録

  • アルバム/シャカビーチ〜Laka Laka La〜/UVERworld

    2007/8/8リリース

    シャカビーチ〜Laka Laka La〜
    UVERworld
    ラテン・テイストを大胆に取り入れたサウンドにまず惹きつけられる。そして夏の熱気をたっぷりと含み、大きな展開力を見せるサビはポップでキャッチー。かと思えば切なさをにじませたCメロが顔を覗かせる。8枚目のシングルは、強烈な刺激性と遊び心が詰まったサマー・チューン。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/endscape/UVERworld

    2007/5/30リリース

    endscape
    UVERworld
    7枚目のシングルは、キャッチーなメロディと疾走感あふれるバンド・サウンド。アニメ『地球(テラ)へ…』OPテーマということもあり、ポジティヴな想いを込めたTAKUYA∞のリリックが伝えるメッセージは強い吸引力を持つ。彼らが思い描く“理想郷”に向けて放たれた壮大なポップ・チューン。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/BUGRIGHT/UVERworld

    2007/2/21リリース

    BUGRIGHT
    UVERworld

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/君の好きなうた/UVERworld

    2006/11/15リリース

    君の好きなうた
    UVERworld
    UVERworldの初のバラード・シングルは、壮大なストリングスをフィーチャーした切ない告白ソングで、『恋するハニカミ!』のテーマ曲。カップリングには、人気のナンバー「優しさの雫」のアコースティック・ヴァージョンも収録する。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/SHAMROCK/UVERworld

    2006/8/2リリース

    SHAMROCK
    UVERworld

    750

    3曲収録

  • アルバム/Colors of the Heart/UVERworld

    2006/5/17リリース

    Colors of the Heart
    UVERworld
    シングル第4弾。TBS系アニメ『BLOOD+』のオープニング・テーマで疾走感あふれるロック・チューン(1)、ラップ風ヴォーカルが絶妙に加わり、タイトル通り広大な空を想わせる開放感あるロック(2)など、完成度が高い3曲に、彼らの成長がうかがえる。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/Timeless/UVERworld

    2006/2/15リリース

    Timeless
    UVERworld
    デビュー以来、3枚のシングルがすべて『オリコン』のトップ5に入っている彼らのファースト・アルバム。ありがちな歌謡ロック・バンドのような曲もあるが、実は新世代のミクスチャー・バンド。ミクスチャーをそれと感じずにやっているようなところが新世代。★ (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/just Melody/UVERworld

    2006/1/25リリース

    just Melody
    UVERworld
    UVERworldの3rdシングルは、春に向けて「旅立ち」をテーマにした、美しい歌詞とメロディの名曲。カップリングには、アルバム未収録の新録曲や、デビュー・シングル「D-tecnoLife」のRyukyu-Disco Remixも収録。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/CHANCE!/UVERworld

    2005/10/26リリース

    CHANCE!
    UVERworld

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/D-tecnoLife/UVERworld

    2005/7/6リリース

    D-tecnoLife
    UVERworld

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/UVERworld KING'S PARADE at Yokohama Arena/UVERworld

     

    UVERworld KING'S PARADE at Yokohama Arena
    UVERworld
    2015年1月に行われた横浜アリーナでの12000人の「男祭り」のステージが甦る!

    3,000

    22曲収録

  • アルバム/I LOVE THE WORLD (Plus Edition)/UVERworld

     

    I LOVE THE WORLD (Plus Edition)
    UVERworld
    2015年8月26日リリースのシングルは、前作「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」から3ヵ月という短い期間でのリリースとなった。タイトル曲は2015年7月でメジャー・デビュー10周年を迎えた彼らだからこそ歌える一曲だ。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

mysound プレーヤーアプリで聴こう音楽との出会いを広げよう

mysoundプレーヤーアプリで音楽を再生する際の機能をご紹介します。

mysoundプレーヤーの機能

  • あなたにピッタリの アーティストをレコメンド 今聴いている曲から アプリがあなた好みの音楽を紹介。
  • カラオケ感覚で 自動スクロールする歌詞 歌詞の気になる部分をタップして、 そこから再生することもできます。
  • アーティストの ディスコグラフィーを紹介 スマホに入っている曲をもとに、アーティストのディスコグラフィーを表示 その場で購入もできます。

更に…アプリにログインすると楽しさが広がる!

プレーヤー利用者の再生トレンド機能

mysoundだけで楽しめるオリジナルチャート

アプリにログイン後、 Myページからトレンドを選択。プレーヤーを利用する全てのユーザーが 再生している楽曲のトレンドを表示。

アプリにログインして
スマホで持ち歩く音楽をもっと楽しもう!

無料アプリをお持ちでない方はこちら