鬼束ちひろの人気・ヒットアルバム一覧

鬼束ちひろの人気・ヒットアルバムをお届け!鬼束ちひろの定番アルバムから最新アルバムまで、今聴くべきアルバムがきっと見つかる!

  • アルバム/Tiny Screams/鬼束ちひろ

    2017/6/21リリース

    Tiny Screams
    鬼束ちひろ
    アルバム『シンドローム』初回盤のライヴ音源に12曲を加えた初のライヴ・アルバム。「月光」「everyhome」などのシングル曲を中心に、2000年〜2016年までの代表作を網羅。濃密なエモーションと高い歌唱テクニックをナチュラルに同居させたパフォーマンスからは、シンガーとしての類まれな才能が伝わってくる (CDジャーナル)

    2,777

    22曲収録

  • アルバム/シンドローム/鬼束ちひろ

    2017/2/1リリース

    シンドローム
    鬼束ちひろ
    鬼束ちひろ、約6年ぶり待望のニューアルバムリリース!

    1,851

    9曲収録

  • アルバム/good bye my love/鬼束ちひろ

    2016/11/2リリース

    good bye my love
    鬼束ちひろ

    926

    4曲収録

  • アルバム/The Best3 鬼束ちひろ/鬼束ちひろ

    2016/6/1リリース

    The Best3 鬼束ちひろ
    鬼束ちひろ

    500

    3曲収録

  • アルバム/蛍/鬼束ちひろ

    2014/3/21リリース

    鬼束ちひろ

    350

    2曲収録

  • アルバム/DOROTHY/鬼束ちひろ

    2009/10/28リリース

    DOROTHY
    鬼束ちひろ
    シングル4曲を含む、2年ぶり5枚目のアルバムは、彼女のみごとなストーリーテラー(同名曲も収録されている)ぶりを発揮している。濃密なファンタジーの世界を描きながら、随所に垣間見せてくれる真実の影にドキドキしてしまう。一曲一曲、不可思議な期待で次の扉を開くように聴いた。★ (CDジャーナル)

    1,600

    11曲収録

  • アルバム/陽炎/鬼束ちひろ

    2009/9/2リリース

    陽炎
    鬼束ちひろ
    長期休養から復帰後、連続リリースとなる第3弾シングル。情念の人というイメージは変わらないが、かつての激しさは影を潜め、年齢を重ねたことによって生じたしっとりとした落ち着きを感じさせる。表現としても同じような変化が見え、力押しから、ある種のテクニックを駆使するようになったと思う。 (CDジャーナル)

    450

    2曲収録

  • アルバム/帰り路をなくして/鬼束ちひろ

    2009/7/22リリース

    帰り路をなくして
    鬼束ちひろ
    前作「X/ラストメロディー」に続く、2009年7月22日リリースの同年シングル第2弾。「帰り路をなくして」は、激動の時代を生きる力強さをダイナミックかつストレートに歌い遂げた、鬼束ならではの壮大なバラードとなっている。 (CDジャーナル)

    350

    2曲収録

  • アルバム/X / ラストメロディー/鬼束ちひろ

    2009/5/20リリース

    X / ラストメロディー
    鬼束ちひろ
    まさに渾身の、といった表現がぴったりの10ヵ月ぶりのシングル。じわりじわりと温度を上げていく、ダークで重たいサウンドを一気に切り裂く光のようなメロディに震える「X」。ただひたすら美しいバラードの「ラストメロディー」。どちらも彼女の魅力を余すことなくパッケージした楽曲だ。★ (CDジャーナル)

    450

    2曲収録

  • アルバム/LAS VEGAS/鬼束ちひろ

    2007/10/31リリース

    LAS VEGAS
    鬼束ちひろ

    1,600

    11曲収録

  • アルバム/everyhome/鬼束ちひろ

    2007/9/19リリース

    everyhome
    鬼束ちひろ
    前作から2年7ヵ月ぶりとなるシングルは、待望切望の本気バラード。プロデュースは小林武史。小林のピアノを従えて歌うその声は、かつての“裸足の歌姫”完全復活を確信させる。弱ってもがっくりきても、絶対に潰されない彼女の強さに思わずココロが震える。 (CDジャーナル)

    500

    3曲収録

  • アルバム/僕等 バラ色の日々/鬼束ちひろ

    2007/9/19リリース

    僕等 バラ色の日々
    鬼束ちひろ

    350

    2曲収録

  • アルバム/SINGLES 2000-2003/鬼束ちひろ

    2005/9/7リリース

    SINGLES 2000-2003
    鬼束ちひろ
    東芝EMI在籍時のシングル12曲を中心としたベスト盤。大ヒット・ナンバーはもとより、カヴァー曲でも聴ける彼女の圧倒的な個性と独特の世界観は、あらためて確固たるものだと痛感させられる。 (CDジャーナル)

    1,600

    15曲収録

  • アルバム/育つ雑草/鬼束ちひろ

    2005/7/1リリース

    育つ雑草
    鬼束ちひろ

    700

    3曲収録

  • アルバム/the ultimate collection/鬼束ちひろ

    2004/12/1リリース

    the ultimate collection
    鬼束ちひろ
    鬼束ちひろとしては初のベスト・アルバム。デビュー曲の「月光」(2000年)から「眩暈」「Sign」「私とワルツ」(2003年)まで、全15曲を収録。デジタル・リマスタリングを施し、さらに透明感のあるサウンドになって蘇っている。監修は羽毛田丈史が担当。 (CDジャーナル)

    1,600

    15曲収録

  • アルバム/私とワルツを/鬼束ちひろ

    2003/11/27リリース

    私とワルツを
    鬼束ちひろ
    タイトル曲はドラマ『TRICK』の主題歌。哀愁漂うスロー・バラードだが、鬼束は決して激情にまかせて歌っていない。彼女の丁寧で繊細な歌声は、慈愛に満ちた詞の内容とあいまって、胸に染み入るような聴き心地だ。羽毛田丈史のピアノ・アレンジも美麗。 (CDジャーナル)

    600

    3曲収録

  • アルバム/いい日旅立ち・西へ/鬼束ちひろ

    2003/10/29リリース

    いい日旅立ち・西へ
    鬼束ちひろ

    600

    3曲収録

  • アルバム/Beautiful Fighter/鬼束ちひろ

    2003/8/20リリース

    Beautiful Fighter
    鬼束ちひろ
    あの歌声は行き場なくひとり歩きするのではなく、サウンドの一部となった。情念ヴォーカルに抑制が利いたおかげで、ずいぶんと音楽志向になったように感じさせる、ルーツ回帰的な側面を垣間見せた佳曲。「声」のピアノ・エディットでのスタジオ映像もエクストラ収録。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/Sign/鬼束ちひろ

    2003/5/21リリース

    Sign
    鬼束ちひろ
    7枚目のシングル。ピアノのイントロから静かに歌い出し、アコースティック・ギター、ベース、ウィンドチャイム、ドラムの順番で絡んでいく。歌詞の世界は鬼束的な、独りでいるようで独りではない内省感が、よく表われている。 (CDジャーナル)

    600

    3曲収録

  • アルバム/Sugar High/鬼束ちひろ

    2002/12/11リリース

    Sugar High
    鬼束ちひろ

    2,100

    9曲収録

  • アルバム/This Armor/鬼束ちひろ

    2002/3/6リリース

    This Armor
    鬼束ちひろ
    肩の力がいい具合に抜けてスンナリと入ってくる。“唄える”分だけメロディーもの幅も広がるわけで、当然のことだがアレンジも奇をてらう必要がなくなる。セカンド・アルバムにしてこれだけスムーズな“流れ”を創り出せるというのは、やはりタダ者でなはい。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/流星群/鬼束ちひろ

    2002/2/6リリース

    流星群
    鬼束ちひろ
    テレビ朝日系ドラマ『トリック2』の主題歌。彼女が最も得意とするミディアム・テンポのバラード。中盤からストリングスやゴスペル風のピアノが劇的に盛り上げていく。カップリングの「Fly to me」にはアメリカの女性シンガー・ソングライターの影響が色濃い。 (CDジャーナル)

    600

    3曲収録

  • アルバム/infection/鬼束ちひろ

    2001/9/7リリース

    infection
    鬼束ちひろ
    待望のシングル5作目は、テレビ朝日系木曜ドラマ『氷点2001』の主題歌。空前絶後のスケール感をもつ超大作で、両A面として、夏から秋向けのポップ・ナンバーをカップリングした。 (CDジャーナル)

    350

    2曲収録

  • アルバム/インソムニア/鬼束ちひろ

    2001/3/7リリース

    インソムニア
    鬼束ちひろ
    歌唱力と、歌に向き合うその姿勢が魅力のシンガー・ソングライター、鬼束ちひろの初アルバム。これまでに発表したシングルの再録やヴァージョン違いなど、熱いメッセージ・ソングでまとめた内容だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/眩暈/鬼束ちひろ

    2001/2/9リリース

    眩暈
    鬼束ちひろ
    セカンド、サード・シングルが共にロング・ヒットを続ける鬼束のニュー・シングル。初のラヴ・バラードとなる表題作は、しっとりと落ち着きのある好ナンバーに仕上がった。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/Cage/鬼束ちひろ

    2000/11/8リリース

    Cage
    鬼束ちひろ

    600

    3曲収録

  • アルバム/月光/鬼束ちひろ

    2000/8/9リリース

    月光
    鬼束ちひろ

    700

    3曲収録

  • アルバム/シャイン/鬼束ちひろ

    2000/2/9リリース

    シャイン
    鬼束ちひろ
    80年生まれの19歳、とてもエモーショナルなシンガーのデビュー・マキシ・シングル。詞も曲もこなす人で、簡単に言えばポップスなのだが、その世界は奥深い。静かに強く燃える炎のような曲とヴォーカルは非常に説得力がある。この先が楽しみ。★ (CDジャーナル)

    600

    3曲収録

  • ハイレゾ0
  • ハイレゾアルバム0

mysound プレーヤーアプリで聴こう音楽との出会いを広げよう

mysoundプレーヤーアプリで音楽を再生する際の機能をご紹介します。

mysoundプレーヤーの機能

  • あなたにピッタリの アーティストをレコメンド 今聴いている曲から アプリがあなた好みの音楽を紹介。
  • カラオケ感覚で 自動スクロールする歌詞 歌詞の気になる部分をタップして、 そこから再生することもできます。
  • アーティストの ディスコグラフィーを紹介 スマホに入っている曲をもとに、アーティストのディスコグラフィーを表示 その場で購入もできます。

更に…アプリにログインすると楽しさが広がる!

プレーヤー利用者の再生トレンド機能

mysoundだけで楽しめるオリジナルチャート

アプリにログイン後、 Myページからトレンドを選択。プレーヤーを利用する全てのユーザーが 再生している楽曲のトレンドを表示。

アプリにログインして
スマホで持ち歩く音楽をもっと楽しもう!

無料アプリをお持ちでない方はこちら