南野 陽子

南野 陽子

1967年6月23日生まれ、兵庫県出身の歌手/女優。愛称は“ナンノ”。85年の18歳の誕生日にシングル「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。同時に『時をかける少女』『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』などのドラマに主演、CMやグラビアを飾る。以降、「楽園のDoor」「吐息でネット」ほかシングル8曲連続1位を記録し、80年代アイドル・シーンを席巻。その後はドラマや映画、舞台に数多く出演。映画『寒椿』などで日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど、女優としても存在感を発揮。2008年からはファッションブランドを立ち上げるなど幅広く活動を展開。2016年には約25年ぶりにソロ・コンサートを開催。

南野 陽子のおすすめハイレゾ Hi-Res 23 ハイレゾ一覧

南野 陽子のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

南野 陽子のおすすめシングル 185 シングル一覧

南野 陽子のおすすめアルバム 13 アルバム一覧

  • アルバム/NANNO Singles Collection 1985〜1991 +1/南野 陽子

    2016/2/10リリース

    NANNO Singles Collection 1985〜1991 +1
    南野 陽子
    南野陽子のデビュー曲から21stシングルを収録した配信限定アルバム!

    3,000

    23曲収録

  • アルバム/ReFined-Songs Collection〜NANNO 25th Anniversary/南野 陽子

    2011/2/9リリース

    ReFined-Songs Collection〜NANNO 25th Anniversary
    南野 陽子

    2,100

    17曲収録

  • アルバム/GOLDEN☆BEST / 南野陽子 ナンノ・シングルス 3 + マイ・フェイバリット/南野 陽子

    2007/12/8リリース

    GOLDEN☆BEST / 南野陽子 ナンノ・シングルス 3 + マイ・フェイバリット
    南野 陽子
    ナンノこと南野陽子の全シングル曲を網羅したシングル・コレクションに、いまだファン・サイトで人気の高い楽曲を加えた、完全保存版の2枚組全34曲入り。まさにファンにとっての必携アイテム。 (CDジャーナル)

    2,900

    34曲収録

  • アルバム/夏のおバカさん/南野 陽子

    1991/7/1リリース

    夏のおバカさん
    南野 陽子
    噂の「南の陽子の中絶詩」はどれだ!? (4)か!? 確かにそうとれる内容だが、なんだかなぁ。それはさておき、これは24歳になったナンノが贈る全曲自作という意欲作((1)の詞のみ秋元康)。巧まざる素人っぽさとシンプルな編曲。至って自然体でよろしいかと。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/ギャザー -GATHER-/南野 陽子

    1990/6/23リリース

    ギャザー -GATHER-
    南野 陽子
    いきなりバキバキのオーケストラヒットが鳴り響くブラコンものではじまる南野の新作。タイトル通りに種ともこ、パッパラー河合、木根尚登など、多彩な作家が集まってるのがミソ。ランバダものもあるぞ。(8)における彼女のロック的歌唱は評価したい。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/ディアー・クリスマス -Dear Christmas-/南野 陽子

    1989/12/1リリース

    ディアー・クリスマス -Dear Christmas-
    南野 陽子
    ナンノが贈るクリスマス・アルバムは既発の4曲に新曲を追加した特別き起こし、その結果、日本での発売がおくれたらしい。どこが問題かは聴いてのオタノシミ。J20 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/ゴーシュ -GAUCHE-/南野 陽子

    1989/7/12リリース

    ゴーシュ -GAUCHE-
    南野 陽子
    だんだん、篠ひろ子化の進む南野さんだが、もう22歳とあっては、いたしかたありますまい。今回は、共作も含め、(4)、(5)、(11)の作詞を本人が担当。気負いがなくなって、よろしいんじゃないでしょうか。ふろく豪華写真集の「Q&A180」が、結構、おもしろい。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/SNOW FLAKES/南野 陽子

    1988/12/14リリース

    SNOW FLAKES
    南野 陽子
    南野とメリークリスマス! こりゃ〜いいや。いや、曲があんまりよくない。でも、そんなこと関係ないか。おおた慶文、描きおろしのイラストブックレットもついてることだし。(この人の描く少女って変に媚びててキライだ。南野に通じるものがあるぞ!) (CDジャーナル)

    2,000

    8曲収録

  • アルバム/グローバル -GLOBAL-/南野 陽子

    1988/7/15リリース

    グローバル -GLOBAL-
    南野 陽子

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/ガーランド -GARLAND-/南野 陽子

    1987/11/1リリース

    ガーランド -GARLAND-
    南野 陽子
    カラーの16Pの歌詞カードのナンノが可愛いのが第1。ヴォーカリスト・ナンノのアルバムとして、ちょいと哀しい歌を11曲も聞かせているのが第2。そして、いつもながらのホクロが輝いているのが第3。秋から冬にかけて、男の子はひとりで聞くべし。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/ブルーム -BLOOM-/南野 陽子

    1987/5/2リリース

    ブルーム -BLOOM-
    南野 陽子
    もうすでに一流アイドルにおなりになられたナンノの3枚目。気ばりもとれてレギュラー・サイズよりちょっと大きめの芸能人になってきた。でも、なんか曲がいつもイマイチなんだよなあ。いつまでもお嬢さんじゃしょうがないんだから。よろしくおねがい。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/ヴァージナル -VIRGINAL-/南野 陽子

    1986/11/1リリース

    ヴァージナル -VIRGINAL-
    南野 陽子
    快調南野陽子、はやくも2枚目を完成。萩田光雄による様々なアイディアもきれいにこなしているあたり、しっかり実力派アイドルの道を歩みはじめたようだ。ファンの期待はもちろん、おじさんたちのヨコシマな優しいまなざしにも応えようとしている。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

南野 陽子のおすすめ着信音 49 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ