竹内 力

竹内 力

1964年1月4日生まれ、大分県佐伯市出身の俳優/歌手/タレント。銀行員を経て、86年に映画『キャバレー』『彼のオートバイ、彼女の島』で映画デビュー。以降、トレンディ俳優として活躍。その後オリジナルヴィデオへ主戦を移し、『難波金融伝・ミナミの帝王』や『仁義』シリーズなど“Vシネマの帝王”として話題に。2000年代後半からは再びTVドラマや一般映画にも出演して人気を博す。音楽活動では“双子の弟”RIKI名義でも作品を発表。また、ファッションブランドも経営するなど活動は多岐にわたる。2015年9月に本格演歌作「桜のように」を発表。2016年7月に演歌第2弾シングル「今夜また逢いに行く」をリリース。

竹内 力のおすすめシングル 22 シングル一覧

竹内 力のおすすめアルバム 3 アルバム一覧

  • アルバム/恋月夜/竹内 力

    2017/6/21リリース

    恋月夜
    竹内 力
    コワモテ俳優の印象が強い竹内 力だが、コミカルな役もこなすなど表現力も幅広い。小田純平のカヴァーとなる演歌シングル第3弾でも、彼らしい渋く情熱的な歌唱を軸としながら、孤独と悲痛な恋心を歌い上げる。初の“ヒロイン”役を演じたドラマ『大馬鹿代』主題歌「紅い川」もしんみり泣ける哀愁演歌 (CDジャーナル)

    864

    5曲収録

  • アルバム/今夜また逢いに行く/竹内 力

    2016/7/20リリース

    今夜また逢いに行く
    竹内 力
    すっかり強面のイメージが染みついた竹内 力とはいえ、俳優としてのコミカルな演技もなかなか味わい深い。演歌歌手としてデビューしてから約1年、ついに発表された第2弾シングルでも、押しの強い表情とは裏腹な甘い歌声で、夜のネオン街のムードいっぱいの男と女の出会いを描いてくれる。 (CDジャーナル)

    864

    5曲収録

  • アルバム/桜のように/竹内 力

    2015/9/16リリース

    桜のように
    竹内 力
    竹内 力の2015年初シングルは本格演歌。亡き友人を想い綴った、自身による作詞。レクイエムを彷彿させるオルガンの音色から壮大な広がりを見せる前奏、そこに竹内がしっとりと歌い始める。空の友人に語りかけるような歌声からは悲しみ、そして決意を聴き取ることができる。 (CDジャーナル)

    1,080

    5曲収録

竹内 力のおすすめ着信音 10 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ