サラ・オレイン

サラ・オレイン

ヴォーカル/ヴァイオリン Vocal/Violin

1986年生まれ。オーストラリア・シドニー出身。

音楽をこよなく愛する外交官の父と音楽家である母のもとに生まれる。5歳よりヴァイオリンを始め、その才能をシモン・ゴールドベルク(弱冠20歳でベルリン・フィル、コンサートマスターに就任した著名ヴァイオリニスト)の高弟ペリー・ハートに見出され、6歳より師事。オーストラリア国内のコンクールで優勝を重ね、シドニー音楽院に入学しワンダ・ウィウコミルスカの指導を受ける。

一方、幼少期より歌唱の分野にも才能を発揮し、14歳の時、同学院内のオペレッタ「パイレーツ・オブ・ペンザンス」のオーディションを受け、主役に抜擢される。以降、本格的に歌のレッスンを開始すると、またたく間にその才能を開花させ、類まれな魅力をもつ歌声に磨きをかけていく。3オクターブを超える音域と絶対音感を持ち、透明感あふれるヴォイスは、聴く者を癒し、魅了してやまない。

2006年、シドニー大学に入学。言語学および音楽(パフォーマンス・作曲・音楽理論)を専攻。同年、世界の大学成績優秀者上位10%のみ入会が許される ゴールデン・キー国際名誉協会員に選ばれる。2007年には、シドニー大学音楽部門成績優秀者に贈られるセーラテレッサ・マッキンソン作曲賞および学内成績優秀者に贈られるウォルターレイドメモリアル賞を受賞。さらに、この両年、連続して成績トップの者へ贈られる シドニー大学アカデミックメリット賞を受賞。学業に励む傍ら、ヴァイオリニストとしてシドニー国会議事堂にて演奏。シドニー・タウンホール、ブリスベン・タウンホールでは、世界的オペラ歌手イ ヴォンヌ・ケニー(ソプラノ)、ホセ・カルボ(バリトン)と共演した。

2008年、世界で25名の学生が選ばれる東京大学留学生として、オーストラリアを代表して同大学教養学部に留学。在学中より、英語、イタリア語、日本語を操る語学の才 能を生かし、絵本の翻訳や、ロンドンの広告代理店のコピーライターとしての活動も行う。超訳を手がけた創作絵本「オレ・ダレ」(越野民雄著・講談社刊)の 英語版「Who?Me!」は、三菱商事による社会貢献活動の一環として、世界の子供達に配布されている。また、ボランティア活動にも熱心に取り組み、自ら病院や老人ホーム、そして被災地に足を運び、音楽を通じた地域交流に尽力している。在学中に、任天堂Wiiゲームソフト「ゼノブレイド」で光田 康典作曲のエンディングテーマ曲「Beyond the Sky」のヴォーカルを担当し話題となる。

2010年、ハイディスティンクション(最高点)でシドニー大学を卒業。

2012年、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。ファーストアルバム「セレステ」を発表。JALやANA国際線でアルバムの曲がフューチャーされ、 「セレステ」はiTunesヴォーカルチャートで1位になる。ニンテンドー3DS/PlayStation Vita/PSPの3機種同時発売されたゲームソフト「タイムトラベラーズ」(レベルファイブ・坂本英城作曲)のエンディングテーマ曲「The Final Time Traveler」のヴォーカルを担当。英語詞はサラ自身が手掛ける。POLA化粧品CMで音楽ディレクターを担当。化粧品のCMにかつて使われたことがないラップ、ジャズと民族音楽を融合させ、アバンギャルドな世界観を作り出し、大きな話題となる。さらに、三菱商事、三和シャッター、SONYα7のCM音楽で歌・ヴァイオリン・作詞・作曲を担当。サラが翻訳・ナレーションを担当した絵本「Who?Me!」(オレ・ダレ)が中国で英語教材e-bookとして配信。五日間で10,000冊がダウンロードされる。現在iTunesアプリとして世界配信されている。

2013年11月、太宰府天満宮御神忌千百十一年と、九州朝日放送創立60周年の2つの慶事を記念し、太宰府天満宮文書館(普段は皇族が使用される特別な場所)でソロコンサートを開催。

2014年3月、T-FM JET STREAM 2014 Live in Concertに出演。俳優大沢たかお、チェリスト溝口肇とNHKホールにて共演。 歌劇ジャンニ・スキッキより「O Mio Babbino Caro」を歌唱。また大沢さんのナレーションとともにジュリエット役を演じる。沖縄GAME TAKT 2014に出演。世界初のゲーム音楽の祭典でゼノブレイドから「Beyond the Sky」、タイムトラベラーズから「The Final Time Traveler」、ソウル・サクリファイスから「ある魔法使いの生涯~魂の旋律」をストリングスオーケストラとスペシャルガラコンサートで歌唱。他にもロックヴァイオリンも初披露した。

2014年7月、フィギュアスケート・アイスショーFantasy on Iceでは羽生結弦選手、安藤美姫選手、高橋大輔選手ら世界のトップスケーター達とのコラボレーション出演で新境地を開いた。
2014年9月、待望の2ndアルバム「SARAH」を発表。オリジナル曲とカバー曲を織り交ぜた本作はクラシック・チャート第1位を連続して獲得。NHK等テレビ出演もFMラジオ出演も多数に。ラジオ「Music Shelf」ではナビゲーターとして1時間に渡り映画音楽の特集を語った。
そして三菱商事障がい者スポーツ応援プロジェクトの公式サポーターに選ばれ、サラの作詞による「Dream As One」が応援歌として採用される。

2014年10月、日本音響研究所によるサラ・オレインの音声分析の結果が発表され、サラの音声が「f分の1ゆらぎ」という特別な波長と清涼さを併せ持つ、例を見ないアスリートのような声帯として人々の心を気持ち良く癒すことが証明された。

2014年12月、スイス大使館、原美術館などでもコンサートを行った。
また、2014年度は企業イベントも数多く、ディオール、アルマーニ、フランクミューラー、天賞堂などでのライブや、横浜赤レンガ倉庫、品川プリンスClubeXなどでクリスマスコンサートを披露。
その他、ニベア、三菱商事、三和シャッター、宮崎放送などのCMソングのヴォーカル・作詞をこなした。

2015年4月、2nd Album「SARAH」に6曲を加えた「SARAH-Deluxe Edition」リリース。同じく4月よりTokyo-FMにて「Peace of Mind?土曜の朝のサラ・オレイン?」(毎週土曜8:30?8:55放送)初のレギュラーパーソナリティーがスタート。4月より9月まで箱根ポーラ美術館にて、ビジュアルと音声のコラボレーションで「セザンヌへのオマージュ」を捧げる。また、サラ・オレイン公式ファンクラブ「1/f」開設。

サラ・オレインのおすすめハイレゾ Hi-Res 49 ハイレゾ一覧

サラ・オレインのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 4 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/ANIMA/サラ・オレイン

    2017/2/22リリース

    ANIMA
    サラ・オレイン
    世界を癒す 1/fのゆらぎの美声、サラ・オレイン待望の最新アルバム!NHKドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」の主題歌「Little Doll」サラならではの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」「大いなる世界」「ネッラ・ファンタジア」などクラシカル・クロスオーバーの超人気定番曲、さらに自身が書き下した楽曲も収録した充実作品。(ハイレゾ盤)

    3,800

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/f/サラ・オレイン

    2015/11/25リリース

    f
    サラ・オレイン

    4,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    15曲収録

  • ハイレゾアルバム/SARAH - Premium Selection/サラ・オレイン

    2015/4/7リリース

    SARAH - Premium Selection
    サラ・オレイン

    2,000

    FLAC

    24bit/96kHz

    6曲収録

  • ハイレゾアルバム/SARAH/サラ・オレイン

    2014/9/10リリース

    SARAH
    サラ・オレイン

    4,000

    FLAC

    24bit/96kHz

    14曲収録

サラ・オレインのおすすめシングル 76 シングル一覧

サラ・オレインのおすすめアルバム 6 アルバム一覧

サラ・オレインのおすすめ着信音 7 着信音一覧

サラ・オレインのおすすめ歌詞 12 歌詞一覧

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ