半崎美子

半崎美子

札幌出身のシンガー・ソングライター。大学を中退して上京し、パン屋に住み込みで働きながら音楽活動を開始。泣いているような独特の声を全身から絞り出すように歌う圧倒的なライヴ・パフォーマンスが特色。2007年に手作りの“ナンバリングCD”のライヴ会場限定販売を経て、1stミニ・アルバム『ギフト』を全国リリース。その後、コンスタントに作品を発表する一方、FM北海道の音楽番組のパーソナリティとしても活躍。全国のインストアライヴを重ね、2014年5月には赤坂ブリッツでの単独公演を成功させる。2015年3月、『明日へ向かう人』をリリース。

半崎美子のおすすめシングル 54 シングル一覧

半崎美子のおすすめアルバム 9 アルバム一覧

  • アルバム/明日への序奏/半崎美子

    2018/2/21リリース

    明日への序奏
    半崎美子
    札幌出身のシンガー・ソングライターによる2018年第1弾シングル。表題曲は、自らの下積み経験を素に、思い悩んでいる人たちへ向けた“未来への賛歌”となっている。より多くの方に親しんで欲しいとの想いから、“合唱ver.”が収録され、合唱譜も封入されている。 (CDジャーナル)

    750

    5曲収録

  • アルバム/サクラ〜卒業できなかった君へ〜/半崎美子

    2017/9/6リリース

    サクラ〜卒業できなかった君へ〜
    半崎美子
    2017年4月発表のミニ・アルバム『うた弁』でメジャー・デビューを果たした北海道・札幌出身SSWのメジャー第1弾シングル。持ち前のメランコリックなメロディと温和かつ骨太な歌唱が、サウンド・プロデュースを務める亀田誠治らしい贅沢なストリングス・アレンジでよりドラマティックに仕上がっている (CDジャーナル)

    750

    5曲収録

  • アルバム/うた弁/半崎美子

    2017/4/5リリース

    うた弁
    半崎美子
    大学を中退し、北海道から単身で上京。パン屋に住み込みで働きながら音楽活動を続けてきた女性シンガーソングライターのメジャー・デビュー・ミニ・アルバム。亀田誠治をプロデューサーに迎えたバラード「サクラ〜卒業できなかった君へ〜」など、聴く者の人生と感情に寄り添うような楽曲が並ぶ (CDジャーナル)

    1,500

    8曲収録

  • アルバム/降り積もる刻/半崎美子

    2016/5/11リリース

    降り積もる刻
    半崎美子

    1,234

    5曲収録

  • アルバム/明日へ向かう人/半崎美子

    2015/3/25リリース

    明日へ向かう人
    半崎美子
    全国のショッピングモールなどで地道に歌い続ける北海道出身のSSW、半崎美子のアルバム。地道な活動が実を結び、“ハンザキスト”が増加中という。どこか懐かしさも抱かせる、全年齢対応の静かなパワーを感じるポップ・シンガーだ。ボーナス収録の「はんざき音頭」が楽しい (CDジャーナル)

    2,469

    10曲収録

  • アルバム/ただいまの約束/半崎美子

    2014/2/19リリース

    ただいまの約束
    半崎美子

    1,234

    5曲収録

  • アルバム/希望の桜/半崎美子

    2013/3/6リリース

    希望の桜
    半崎美子

    771

    3曲収録

  • アルバム/今日と呼べる日/半崎美子

    2010/6/23リリース

    今日と呼べる日
    半崎美子

    1,435

    7曲収録

  • アルバム/飾らないアイ/半崎美子

    2009/2/4リリース

    飾らないアイ
    半崎美子

    1,435

    7曲収録

半崎美子のおすすめ着信音 36 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ