THE STREET BEATS

THE STREET BEATS

1984年、OKI(vo、g)とSEIZI(g)を中心に広島で結成。ストレートなロック・サウンドを武器に精力的にライヴをこなし、多くのファンを獲得。88年に活動拠点を東京に移し、『ネイキッド・ハート』でメジャー・デビュー。アグレッシヴなパンクを基調とする硬派なガレージ系ロックを展開し、全国的な人気を得た。結成時より不変のロック・スピリッツ溢れる真摯な姿勢は、多数のアーティストからもリスペクトされている。

THE STREET BEATSのおすすめシングル 275 シングル一覧

THE STREET BEATSのおすすめアルバム 21 アルバム一覧

  • アルバム/NEVER STOP ROLLING/THE STREET BEATS

    2014/4/9リリース

    NEVER STOP ROLLING
    THE STREET BEATS
    タイトル曲における“けして揺るがぬ覚悟/変わらぬ思い”といった歌詞は、この広島が生んだパンク・ロック・バンドにこそ似つかわしい。84年の結成から30周年を記念したアルバムで、今なおストレートに自分たちの感情をビートに叩きつけている。良い意味での愚直さに頭が下がる。 (CDジャーナル)

    2,263

    11曲収録

  • アルバム/その先の明日へ/THE STREET BEATS

    2013/10/9リリース

    その先の明日へ
    THE STREET BEATS
    2014年に結成30周年を迎えるベテラン・バンドのシングル。タイトルからしてそうだが、ポジティブで力強いメッセージが込められたロックンロール。この熱さ、まっすぐさに目をそらすことができないぜ。カップリングは2曲。とくにバラードの「暁に一人立つ」が胸にじ〜んとくる。 (CDジャーナル)

    617

    3曲収録

  • アルバム/遥か繋がる未来/THE STREET BEATS

    2013/4/17リリース

    遥か繋がる未来
    THE STREET BEATS

    2,263

    11曲収録

  • アルバム/さすらいの歌/THE STREET BEATS

    2009/4/1リリース

    さすらいの歌
    THE STREET BEATS
    結成25年、20枚目のアルバム。生バンド・サウンドを軸に、直球のロックを聴かせる。小細工のないストレートな歌詞もダイレクトに心に響く。渋い色気を放ち、時にしゃがれた酒焼け風味で耳に残るヴォーカルは無二の境地。「さすらいの歌」は映画『クローズ ZERO〜』エンディング・テーマ。 (CDジャーナル)

    2,160

    11曲収録

  • アルバム/凛として風の如く/THE STREET BEATS

    2007/10/24リリース

    凛として風の如く
    THE STREET BEATS
    84年結成、88年メジャー・デビューと今や老舗バンドとなったTHE STREET BEATSの通算18枚目となるアルバム。継続こそ力なり。やはり続けることに意味はあるのだ。メンバーの面構えがいいなあ。12、13曲目は映画『クローズZERO』のオープニング&エンディング・テーマ。 (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/LIFE GOES ON/THE STREET BEATS

    2005/7/1リリース

    LIFE GOES ON
    THE STREET BEATS

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/RED HOT BLOOD/THE STREET BEATS

    2005/7/1リリース

    RED HOT BLOOD
    THE STREET BEATS

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/魂が求めるもの/THE STREET BEATS

    2005/7/1リリース

    魂が求めるもの
    THE STREET BEATS

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/JUNK & PAIN/THE STREET BEATS

    2005/7/1リリース

    JUNK & PAIN
    THE STREET BEATS

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/ETERNAL ROCK/THE STREET BEATS

    2005/3/16リリース

    ETERNAL ROCK
    THE STREET BEATS
    結成から20年過ぎてもこれだけの熱さを保ち続けるバンドはそうそうないだろうな。しかも、ここまでくるとマンネリも試行錯誤も関係なく信念を貫くズブトさが加わって向かうところ敵なし状態。ロックにとって初期衝動以上に継続が重要なことを実証した好盤。 (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/LIVE! BEATS-ISM/THE STREET BEATS

    1997/11/21リリース

    LIVE! BEATS-ISM
    THE STREET BEATS

    2,160

    16曲収録

  • アルバム/BEST  MINDS/THE STREET BEATS

    1996/12/18リリース

    BEST MINDS
    THE STREET BEATS
    彼らの転機となった92年の「風の街の天使」から96年の「ラヴ、ライフ、アライヴ」までを収録したベスト・アルバム。必然的に最近のライヴで演奏されているナンバーが多く、[1]の(4)以外はすべて新曲。なかでも(1)は全ロック・ファン必聴! (CDジャーナル)

    2,160

    18曲収録

THE STREET BEATSのおすすめ着信音 180 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ