高田漣

高田漣

1973年8月20日生まれ、東京都出身のマルチ弦楽器奏者。フォーク・シンガーの高田渡は父。17歳の時に西岡恭蔵のアルバム『トラベリン・バンド』でセッション・デビューを果たす。2002年に『LULLABY』でアルバム・デビュー。細野晴臣、高橋幸宏、畠山美由紀など数多くのアーティストのレコーディングやライヴに参加するほか、小池龍平らと組んだHands of Creationなどのユニットでも活動。2007年には高橋幸宏、原田知世らとpupaを結成。2013年にアルバム『アンサンブル』でメジャーへ進出。2017年に『ナイトライダーズ・ブルース』をリリース。

高田漣のおすすめハイレゾ Hi-Res 25 ハイレゾ一覧

高田漣のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 2 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/ナイトライダーズ・ブルース/高田漣

    2017/10/4リリース

    ナイトライダーズ・ブルース
    高田漣
    ソロ・デビューから15年。楽しいことも辛いこともあった過去を振り返りつつ、日常に潜むブルースな瞬間を10曲にまとめた4年ぶりとなるアルバム。細野晴臣率いるTINPANなど世代を超えた多くのゲスト・ミュージシャンが参加し、オーセンティックな音楽の愉しさを伝えてくれる (CDジャーナル)

    3,240

    FLAC

    24bit/96kHz

    10曲収録

  • ハイレゾアルバム/コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜/高田漣

    2015/4/15リリース

    コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜
    高田漣

    3,240

    FLAC

    24bit/96kHz

    15曲収録

高田漣のおすすめシングル 58 シングル一覧

高田漣のおすすめアルバム 4 アルバム一覧

  • アルバム/ナイトライダーズ・ブルース/高田漣

    2017/10/4リリース

    ナイトライダーズ・ブルース
    高田漣
    ソロ・デビューから15年。楽しいことも辛いこともあった過去を振り返りつつ、日常に潜むブルースな瞬間を10曲にまとめた4年ぶりとなるアルバム。細野晴臣率いるTINPANなど世代を超えた多くのゲスト・ミュージシャンが参加し、オーセンティックな音楽の愉しさを伝えてくれる (CDジャーナル)

    2,263

    10曲収録

  • アルバム/アンサンブル/高田漣

    2013/6/19リリース

    アンサンブル
    高田漣
    さまざまなセッションで活躍するマルチ弦楽器奏者、高田漣の通算6作目となるアルバム。プレイヤーとしてはもちろん、シンガーとしての魅力を存分に開花させた意欲作で、YMOの面々や岸田繁(くるり)、斉藤和義らが参加。 (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/連続ドラマW グーグーだって猫である/オリジナル・サウンドトラック/高田漣

     

    連続ドラマW グーグーだって猫である/オリジナル・サウンドトラック
    高田漣
    大島弓子の自伝的コミック・エッセイがWOWOW土曜オリジナルドラマ枠にてドラマ化。そのサントラを、『横道世之介』や『箱入り息子の恋』のスコアを手がけたマルチ弦楽器奏者、高田漣が担当。UAによる主題歌「パレード」も収録している。 (CDジャーナル)

    1,697

    18曲収録

  • アルバム/映画「箱入リ息子の恋」オリジナル・サウンドトラック/高田漣

     

    映画「箱入リ息子の恋」オリジナル・サウンドトラック
    高田漣
    高田漣による、星野源初主演映画『箱入り息子の恋』のオリジナル・サウンドトラック。作詞を辻村豪文(キセル)が、作曲を高田漣が担当し、細野晴臣が歌う主題歌「熱の中」ほか、聴きどころ満載の一枚。 (CDジャーナル)

    1,851

    17曲収録

高田漣のおすすめ着信音 30 着信音一覧

高田漣のおすすめ歌詞 36 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ