ドン・オマール

ドン・オマール

プエルトリコの中でも特に貧困階級地域と呼ばれるビジャパルメラスで育ち、プロテスタント(新教)教会で牧師を務める過去を持つ。その後、レゲトン・シーン初のラッパーとされるヴィコ・Cと3人組レゲエ/ヒップホップ・アーティストのBrewley MCの影響を受け、アーティスト活動に専念することを決めた一風変わった経歴の持ち主。2003年にはデビュー・シングル「Dale Don Dale」をリリースし、スペイン国内ヒット・チャートでは見事首位を獲得(プロデューサーは数多くのレゲトン・アーティストを手掛けるドミニカ出身のプロデュース・チーム、ルーニー・チューンズ)。リミックスには第二最盛期寸前のスウィズ・ビーツを招き、客演にはファボラスを迎えるなど、レゲトンとヒップホップの密接な関係性を示していた。そして、後に発売されるファースト・アルバム『The Last Don』は、アメリカでプラチナに認定され、翌年にリリースされる『The Last Don Live』のライヴ盤もプラチナを獲得。結果、アルバムは2003年のビルボード・ラテン・ミュージック・アワードにおいて年間最優秀ヒップホップ・アルバムを受賞した。初作はプエルトリコのレゲトン・レーベル:VIミュージックからのリリースとなるが、次作『King of Kings』(06年)はユニバーサル傘下のレゲトンに特化したレーベル:マチェーテ・ミュージック(Machete Music)からリリースされ、全世界で500万枚以上の売上を記録するモンスター・アルバムとなった。その翌年、自らのレーベル:オルファナト・ミュージック・グループ(OMG)を新設。

ドン・オマールのおすすめシングル 55 シングル一覧

ドン・オマールのおすすめアルバム 2 アルバム一覧

ドン・オマールのおすすめ着信音 4 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ